男性の脱毛は慎重に: ずくなしの冷や水

2017年11月13日

男性の脱毛は慎重に

電車の広告に男性の脱毛、鼻下、あご、あご下、各29,000円と広告がありました。永久脱毛ではないのでしょうが、脱毛を繰り返していると、毛が生えて来なくなる恐れはないのでしょうか。

今は、男性でも「肌すべすべ」が評価される? 誰がそれがいいと言っているのでしょう。

日本人の男性は、海外に行くと体も小さく、細身で男性的な印象が薄いです。このため、英国など外国に行って鼻ひげを生やす人もいます。

この先、10年後、20年後の世の中の流れがどうなるかわかりませんが、海外に行く人も多くなるはず。宗教的にひげを剃らない地域もあります。

毛が生えることは、身体の自然な現象であり、それを人為的に変えてしまうことには慎重でありたいものです。入れ墨も同じではないでしょうか。

ひげを生やしたいときにひげが生えなくなってしまっていたら、若い時の脱毛を後悔すると思います。

管理人がその発言や行動に注目する年配の外国人は、ひげを生やしている人が多いです。



ひげは服飾と同じです。あご髭は老成の象徴。鼻ひげは特に性的なメッセージを含みます。管理人が鼻ひげを生やしたときは、女子小学生から中年のおばさんまで、視線を感じました。

今は、管理人は鼻下から頬にかけて薄くひげを伸ばしています。手入れがなかなか大変です。

ひげがあると毒マスクが機能しないので、軍人にひげを禁止する国も多いです。日本人は、隙間ができてマスクの効用が落ちます。

次の記事は、英国のハリー王子が国の戦死者を敬うためのイベントで、ひげをつけてリースを捧げたため、イギリスの軍務を「辞任」したと非難されているというものです。顔に毛があることは制服軍人の規範に違反しているそうです。

RT2017/11/12
Prince Harry breaches military rules by sporting beard at Remembrance Sunday service (PHOTOS)
Prince Harry has been accused of “letting down” members of Britain’s armed services by sporting a beard at an event to honor the country’s war dead. The facial hair is in breach of military codes for servicemen in uniform.

Despite being retired from active service since 2015, hirsute Harry donned his Blues and Royals officer’s uniform for a Remembrance Sunday service at the Cenotaph in central London – but his failure to present a fresh face has drawn a strong reaction from some.

A serving member in the elite cavalry regiment told the Daily Mail: "Prince Harry is letting us all down. There's no place for beards in the Queen's cavalry. He should have shaved it off for such an important day."

一方、イランの軍人はほとんどが立派なひげを蓄えています。日本人がいくら頑張っても及ぶところではありませんが。


posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。