茨城北部で線量率が上昇: ずくなしの冷や水

2017年11月05日

茨城北部で線量率が上昇


これはまさかーですね。



同報メール送信。
降雨の範囲が南に下がっています。千葉県北部のほか、東京舎人公園も上がりました。



いわき市の上昇は海上を放射性物質が飛んでいるようです。北茨城起源も考えられます。



茨城の線量率上昇は峠を越えたようです。



東海第二は運転期間20年延長を申請する予定です。いろいろ工事もあるでしょう。目が離せません。

八王子、海老名、茂原まで影響が出ました。


17時に東海村辺りで線量率が大きく上昇し1時間後には東京舎人公園の線量率が上がりました。その3時間後には八王子、海老名、茂原で影響が出ています。即避難してもどこまで行けるでしょう。逃げられっこありません。このデータは貴重です。よく考えてください。





posted by ZUKUNASHI at 11:08| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様はじめまして。
先ほどツイッターで"東海村"で検索をかけたところ、東海村の北の方角に火球を見たと言うツイートが2件引っかかりました。wikiで調べると>放射線により発生した火球は〜と記載がありました。この記事と関係ありますでしょうか?https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%88%86%E7%99%BA%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C
Posted by リエ at 2017年11月05日 12:07
放射線により発生する火球のことはよく知りません。11/4の東海村を中心とした空間線量率の上昇が目撃されたという火球と関係があるのかどうかも知りません。
ただ言えるのは、東海村の辺りで相当量の放射性物質が放出され、それが一部は北に流れ一部は南に流れたらしいということです。
Posted by ずくなし at 2017年11月05日 17:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。