ロシアがサウジアラビアに16基の原子力発電所建設を提案: ずくなしの冷や水

2017年11月03日

ロシアがサウジアラビアに16基の原子力発電所建設を提案

この記事に関しての管理人の注目点は、2点あります。サウジが石油モノカルチャーからの脱出を本気で考えているらしいこと、その際にロシアの技術的援助に期待していること(欧米一辺倒からの方針変更)、それに日本の作る原発はおそらくは信頼性・安全性の面から完全に競争から脱落していること。
日本にもサウジ国王は来ましたが、日本は自国の経済開発に役立たないと見たのかもしれません。日本のメーカーは原発事故の際の日本政府の損害保証を売り物にしているようですが、原発を導入しようとする国は、事故がない、その恐れの少ない原発を選びます。福島原発事故後の事業主体、関連メーカーが後始末を放棄している、あるいはその能力がないということが、この6年間で日々証明されています。
日本の企業は技術的に劣る、災害時の対応が不誠実、福島原発事故の対応、対処が遅れるほどこの印象が世界中に広がります。

RT2017/11/2
Russia bidding to construct 16 nuclear power plants in Saudi Arabia
Russian state corporation Rosatom is interested in building Saudi Arabia's nuclear infrastructure, according to Russian Energy Minister Aleksandr Novak.
“The nuclear industry is an important part of our cooperation,” said Novak at a meeting of the intergovernmental commission, adding “Rosatom could take part in the creation of a nuclear cluster in Saudi Arabia, including the construction of 16 modern nuclear reactors.”

Moscow and Riyadh have inked an agreement on energy and climate and a memorandum of understanding and cooperation in the energy sector.

The Russian Direct Investment Fund (RDIF) and Saudi Arabia’s Public Investment Fund (PIF) are considering investing in more than 20 projects worth over $10 billion, Novak said. As of now more than $1 billion has been spent on nine joint projects.

Russian Railways is negotiating the construction of two railroads in Saudi Arabia. The company is actively developing cooperation with Middle Eastern countries, having already agreed to electrify Iranian rail track.

The two countries are also discussing supplies of Russia’s Kamaz trucks as Riyadh has expressed an interest. Kamaz is Russia’s largest truck maker and plans to increase exports by almost five percent to 6,500 vehicles. The company ranks 16th among the world's top heavy truck manufacturers.

posted by ZUKUNASHI at 11:25| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。