東京だけ半減期2年のCs134が検出されているのは技術的なレベルの違いが原因では: ずくなしの冷や水

2017年11月02日

東京だけ半減期2年のCs134が検出されているのは技術的なレベルの違いが原因では

※ おしどり♀マコリーヌ‏ @makomelo 氏の2017/11/2のツイート
原子力規制庁の、各都道府県の上水道のデータ、今年の分が公表された。半減期2年のCs134が、微量だけどまだ検出されてるのは、去年は福島・栃木・東京だったけど、今年は東京だけですか、そうですか… http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/194/list-1.html

規制庁の発表資料から注目部分のみを抜き出した。



管理人は、東京都の各種測定結果が概して周辺都県よりも高くなっていますので、測定技術や機器などのレベルが高いのではないかと考えています。近県が低いとは必ずしも言えないのではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 13:45| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。