東海第二原発が運転期間20年延長を希望: ずくなしの冷や水

2017年11月02日

東海第二原発が運転期間20年延長を希望

英文の朝日新聞が伝えた "Operator set to request 20 years extra for Tokai nuclear plant" の記事には大変驚かされました。

東京新聞も伝えました。
東京2017年11月1日 23時18分
東海第2原発、運転延長申請へ 日本原電、沸騰水型で初
 日本原子力発電が、来年11月で運転開始から40年となる東海第2原発(茨城県)に関し、運転期間の延長を原子力規制委員会に申請する方針を固めたことが1日、分かった。他の保有原発の再稼働は見通せず、経営上、延長が不可欠となっていた。東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」原子炉での延長申請は初めてとなる。
 原発の運転は原則40年だが、規制委が認めれば1回に限り最長20年延長できる。原電は東海第2で、運転延長の申請に必要な特別点検を既に終えている。申請の期限は11月28日で、点検結果を精査した上で正式に決める方針だ。




日本原電、日本原子力発電株式会社の保有する原子炉は4基、このうち東海第一と敦賀第一は廃止が決定。東海第ニは東日本大震災後運転再開となっていません。敦賀第二は2011/5/7から1次冷却材中の放射能濃度の上昇に伴う漏えい燃料の特定調査のためプラントを停止、2011/8/29から第18回定期検査を実施し運転再開に至っていない。活断層問題が浮上している。

日本原電は、発電した電気を売ってこそ経営が成り立ちます。運転中の原子炉なしでは売電収入がありません。売電先からなんらかの協力を得ているのでしょうが、それには限度があります。

東海第一の廃炉作業は進んでいません。敦賀第一もあります。ではどうするか。答えは簡単です。まずは、売電の自己努力をする姿勢を示します。東海第二の再稼動。それが政府から認められないなら、どうしてくれると開き直る。私が経営者ならそうするでしょう。最後は政府資金を引き出すのです。それしかありまません。

東海第二は、東日本大震災の際に百数十回のベントをしたと伝えられています。朝日新聞は安定まで3日半かかったと書いています。

茨城県は、この間の東海第二周辺の空間線量率のデータと大気汚染観測データの一部を消してしまいました。データベースは今でも空白になっています。大量の放射性物質が東海第二から放出されたことは間違いありません。

原子炉や配管がつながる先は放射性物質で汚染されています。再稼動となれば、その汚染が外に出てくるということはないのでしょうか。

前回はかろうじて苛酷事故を免れましたが、次なる地震などの自然災害も乗り越えられるという保証はありません。次の図で分かるように、人口稠密な地帯がすぐ近くまで広がっています。勝田まで11km、水戸まで20kmです。


関連記事
2017年07月24日
原発事故が起きたら避難しろ? そんな無責任なことがよく言えますね

2017年07月11日
茨城北部の汚染はどうなんだろう

2017年06月01日
原発事故直後の避難は慎重に

2017年06月01日
東海第二で苛酷事故なら首都壊滅だったはず

2017年05月30日
そのとき東海第二原発は?

2016年06月30日
茨城県は2011年に急性心筋梗塞が急増した

2014年01月19日
東海第ニの30km圏内から全員が逃げるのに丸2日もかかる 2

2013年04月04日
2011/3/12に東海村近辺で強い放射能漏れ

2012年11月23日
2011/3/12に東海村近辺で強い放射能漏れの可能性

2012年11月23日
2011/3/12に東海村近辺で強い放射能漏れの可能性 続き

2012年03月01日
東海村近辺で原子力事故?

東海第二原発が20年の運転延長を申請予定
THE ASAHI SHIMBUN October 27, 2017 at 17:35 JST
Operator set to request 20 years extra for Tokai nuclear plant

Japan Atomic Power Co. is preparing to apply for a 20-year extension to operate the aged Tokai No. 2 nuclear plant beyond its 40-year life span, sources said.

Such an extension would be the first among Japan’s aged boiling-water reactors, which include those at the crippled Fukushima No. 1 nuclear power plant.

Tokai No. 2 nuclear plant’s reactor, which went into service in 1978, is in a heavily populated area not far from Tokyo.

The company deems the 20-year extension of the plant in Tokai, Ibaraki Prefecture, as imperative to securing a stable revenue stream, the sources said.

However, the plan is expected to bring a host of challenges to the operator.

One is how to secure funds so as to cover the costs to improve safety at the old facility required under the more stringent nuclear regulations set after the 2011 Fukushima disaster.

Another is to ease concerns of local governments of the area where nearly 1 million residents could be affected in the event of a serious accident.

The move toward the extension comes as the Nuclear Regulation Authority is set to rule that the plant has met standards set in the new regulations necessary for a restart, the sources said.

The Tokai No. 2 plant, about 120 kilometers from the heart of the capital, houses one unit capable of generating 1.1 gigawatts.

If Japan Atomic Power proceeds with its plan to apply for the extension, it needs to submit the application to the NRA by Nov. 28.

The Tokai No. 2 plant narrowly escaped a catastrophe like the one at the Fukushima No. 1 nuclear plant when it was struck by the magnitude-9.0 Great East Japan Earthquake and tsunami on March 11, 2011.

It took Japan Atomic Power three and a half days to shut the reactor down when the disaster knocked out power. One of the three emergency generators installed there became dysfunctional after they were submerged by tsunami.

Some experts said it could have become impossible to keep cooling the reactor if the tsunami had been 70 centimeters higher.

Japan Atomic Power is keen to extend the operation of the Tokai No. 2 nuclear plant as the facility is the only venue that will feasibly bring it revenue.

“It has no option but to apply for the extended operation,” said an official familiar with the management of the company.

Apart from the Tokai No. 2 nuclear plant, Japan Atomic Power owns three other reactors: one at the Tokai nuclear plant, also in Tokai, and two at the Tsuruga nuclear plant in Tsuruga, Fukui Prefecture.

The one at the Tokai nuclear plant and one unit at the Tsuruga nuclear plant are on their way to being decommissioned.

Prospects for whether the company can win approval for a restart of the remaining reactor at the Tsuruga nuclear plant are bleak, as it has been reported that the facility was likely built on an active seismic fault.

If the company pulled the plug on the Tokai No. 2 nuclear plant, it would mean that it would be left with no revenue sources.

That expected management crisis could likely affect the bottom line of utilities such Tokyo Electric Power Co., the operator of the Fukushima No. 1 nuclear plant, which has a stake in Japan Atomic Power.

The Tokai No. 2 nuclear plant supplies power to TEPCO and Tohoku Electric Power Co., and although extending its operation would keep those revenue sources open, it would also come with a huge price tag.

The company said Oct. 26 that the estimated costs of the safeguarding measures for a restart of the plant will balloon to about 180 billion yen ($1.58 billion), more than double the 78 billion yen projected initially.

The total sum is expected to further increase if Japan Atomic Power chooses to operate the plant beyond the 40-year limit, according to the sources.

The plant’s extended operation could prove to be a big headache for local governments nearby.

Municipalities within a 30-kilometer radius are required to draw up evacuation plans to prepare for a contingency in the post-Fukushima crisis years.

Hammering out workable plans for close to 1 million residents in the area is expected to be difficult, the sources said.

Even the Ministry of Economy, Trade and Industry, which oversees the nuclear industry, is cautious about the extension.

“The consequences would be too enormous if an accident did occur,” said a ministry official.

(This story was written by Tsuneo Sasai and Yusuke Ogawa.)
posted by ZUKUNASHI at 09:48| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。