リアルタイム表示用の放射能測定器GM-10を設置してみようかとお思いの方はおられませんか?: ずくなしの冷や水

2017年10月28日

リアルタイム表示用の放射能測定器GM-10を設置してみようかとお思いの方はおられませんか?

リアルタイム表示用の放射能測定器GM-10を設置してみようかとお思いの方はおられませんか?

読者から自宅にGM-10を設置しても良いとの話が寄せられています。

自宅にGM-10を設置するまで手順は次のようになります。
@ GM-10を個人輸入する。英語で注文したりすることが大変だと言う方には当方で代行輸入することも可能です。

価格は、本体がthe USB version $299 です。ちょっと高めですが、付属のソフトで自動でグラフ化、アップロードできるものは機種が限られます。

A GM-10の日本での通関時に消費税を課せられることもあります。中古でも掛けられます。修理上がりの品に掛けられたので取り戻したと言う人もいます。新品に掛けられないことも。よく分かりません。

B インターネットに接続した24時間連続稼動のパソコンが1台必要です。64ビットの電気を食わないパソコン、スティック型とかが使えるようになるといいですが。64ビットのノートパソコンも中古なら安くなっているのかもしれません。

インターネットに接続する際に、家庭用無線LANを使う場合はノートパソコンに無線LAN機能が内蔵されていない場合は無線LANの機器を購入する必要があります。

ケーブルで接続する場合は、ケーブルのほかモデム側に差込口の空がなければスイッチングハブかルーターが必要になります。

C 自分のパソコンで作成したグラフをアップロードするサーバーのスペースが必要です。ここがネックになるかもしれませんので、専用のサーバースペースを年間2,000円程度で確保しようと考えています。この方法ならハッキングされても荒らされるのはそのサーバースペースだけとなりますので、セキュリティの面ではベストだろうと考えられます。

D GM-10が到着したら付属のCDから専用ソフトを24時間稼動のパソコンにインストールします。難しくありません。GM-10の測定器にコードをつなぎ、ソフトを立ち上げれば、グラフができてサーバーに送られます。管理人は、作業用のパソコンにGM-10のソフトを入れています。そのためオンオフが多く、10/28は不具合が出てソフトの再インストールを余儀なくされました。

ソフトでいくつか設定が必要です。グラフに表示するデータの数とか、グラフの名前とか。これはonodekita医師のサイトを参考に設定できます。

少し知識が要るのは、アプロードのためのファイル転送ソフトの設定ですが、共用サーバなら設定が容易です。pathの設定がうまく行かないことがあります。ルートディレクトリーかもう一段下なら簡単です。

放射能測定器全般に言えることですが、精密機器であり、特にGM管使用のものは丁寧な扱いが必要です。経時変化で感度も落ちます。デジタル製品全般について言えますが、基盤の1つの部品がだめになっても全部動きません。GM-10はすでに5年使っている方もおられます。

管理人はまだ就寝時にパソコンの電源を落としていますので、朝ソフトを立ち上げますが、時に設定が変わっていることがあります。2017/11/2は、普通13とかの表示が250とか出て驚かされました。

国産のリアルタイム表示用の測定器も一時販売されていましたが、現在品切れのようです。

リアルタイム表示用の放射能測定器GM-10を処分したい方はおられませんか?
GM-10によるリアルタイム測定をやっていた方は少なからずおられましたが、メンテナンスが大変なようで稼動していないところも散見されます。

一度使用していたGM-10を処分、売却したいと考えている方はおられませんか?

読者ご自身、あるいは知り合いでそのような方がおられたら教えてください。
posted by ZUKUNASHI at 01:38| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。