六ヶ所村再処理工場で異例な事態が発生か: ずくなしの冷や水

2017年10月12日

六ヶ所村再処理工場で異例な事態が発生か

北海道・青森の空も放射性物質充満 2017/10/11から続く

2017/10/11、北海道のニセコまで空間線量率上昇が広がっています。泊原発もありますが、今回は青森の影響が大きい可能性も。


外ヶ浜町は竜飛岬に近い。竜飛岬の土壌ストロンチウム濃度が高いのは??




 




六ヶ所からは引き続き放出中ですが、能登半島と島根で雨があり、ここでも線量率が上がっています。室蘭は赤になっています。


六ヶ所村の再処理施設が大きな事故を起したら大変なことになりますね。北海道の南半分がやられたら、酪農品もダメになります。今でも函館は影響があるのに大間ができたらもう住めませんね。

北海道南部、東北北部、秋田県ご注意を! 空間線量率上昇地域が南に広がっています。

2017/10/12、午前1時頃には下北半島の雨は東に抜けるでしょう。空間線量率も落ち着くと期待されます。それでも高かったら・・・緊急事態です。

核燃料再処理工場は、管理のずさんさが繰り返し指摘されています。
※  NHK科学文化部‏認証済みアカウント @nhk_kabun の2017/10/11のツイート
【核燃料再処理工場は保安規定に違反】青森県六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場で建屋に雨水が流入していた問題について、原子力規制委員会は、長年、必要な点検を行っていなかったとして保安規定に違反していると判断しました。
posted by ZUKUNASHI at 11:00| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。