子供の移民たちがバルカン諸国の国境警備隊から絶えず暴行を受けている: ずくなしの冷や水

2017年10月10日

子供の移民たちがバルカン諸国の国境警備隊から絶えず暴行を受けている

RT 6 Oct, 2017 Beatings & attack dogs: Kids face ‘constant violence’ from Balkan border guards, says MSF

日本語訳:
RT2017/10/6 殴打と攻撃犬:子供たちがバルカン国境警備隊から「絶えず暴行を受けている」国境なき医師団が伝える

国境なき医師団の新しいレポートによると、バルカン諸国の青年移民が受けた暴行の75%以上が政府機関に責任があるという。

この「暴力のゲーム」という表題のレポートは、今年の前半6ヶ月間を調査したもので、セルビア、ブルガリア、ハンガリーおよびクロアチアの国境を越えようとした12才から37才の移民が受けた暴行の医療データと談話をまとめている。


「暴行の責任が密航者と斡旋業者にあるケースは少ない割合(8%)であるのに対し、国境なき医師団で手当を受けた子供たちの大半(76%)は、加害者として政府機関を挙げた」とレポートは伝える。

政府機関から暴行を受けたと主張する人のうち92%が、EU加盟国の国境警備隊によって犬や刺激物スプレーを使って暴行を受けたと断言した。

レポート中の直接の談話は全て匿名の情報源に帰すると考えられる。また、国境なき医師団がどのように患者の年齢を確認したのか不明である。

「今、セルビアから脱出しようとする子供や若者にとって、暴行は常態化しており、さらに圧倒的大多数がEU加盟国の国境警備隊によってその暴行が加えられている」と、国境なき医師団セルビア特命団長のステファン・モイッサン氏が声明で述べた。

「我々の医師と看護婦は、若者たちが必死に移動を続けようとしているのに、殴られ、辱められ、犬で襲われるという同じ話を一年以上もの間繰り返し聞いてきた。」

今年の1月から6月までの間、ベルグラードの簡易診療所で働く医療チームは、ハンガリー国境では62件、クロアチア国境で24件の意図的な暴行を記録した、と言う。

「これらの報告の大多数は、殴打や犬にかみつかれることや刺激物スプレーといった同じパターンが続いた。」
RT.comは、ヨーロッパの国境管理機関であるFrontexと、ハンガリー、クロアチア、セルビアの各国境管理担当省にコメントを求めた。

最近、バルカン諸国では国境警備に対する関心が高められてきた。
Frontexによると、2015年には西バルカンルートでの移民の不法入国が764,000件記録された。移民の出身国別ではシリア人、イラク人、アフガニスタン人が最多数を占める。

同年、ハンガリーは移民危機時に入国する人の流れをせき止めるために南側のセルビアとの国境沿いに175Kmのフェンスを設置した。昨年、バルカン諸国への不法入国件数は122,779件に減ったとFrontexは試算した。

2016年7月、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ハンガリー警察は移民を犬で追いかけ、また難民は殴打された後、国境警備隊と写真をとるためにポーズをとるよう強いられたと報告書で述べた。

3月、オブザーバー(訳注:イギリスの一般紙ガーディアンの日曜版)のレポートの中で、難民たちは氷点下の真冬にコートや衣服や靴を取り上げられたと語った。

EU加盟国は子供たちや若者がEU内で保護を求めるのを思いとどまらせるために暴力を利用しているのだ、とモイッサン氏は考えている。
「暴力では子供たちが国境を越えようとするのを阻止できず、それよりも暴力は肉体的および精神的に深刻なダメージを与えて隙だらけにさせ、子供たちを密航者たちの手の中に押し戻してしまう」と彼女は言った。

EUの中央部の国々は、東側境界国に対して、自らの正当な役割分担を実行し、ギリシアやイタリアから来る移民を受け入れるよう、圧力をかけてきた。ドイツ首相アンゲラ・メルケルは、ハンガリーの移民割り当てに関する姿勢について批判し、受け入れられないと言った。

9月に、欧州司法裁判所は、ハンガリー、ポーランド、スロベニアも反対している難民割り当てシステムについてブダペストが訴えた訴状を却下した。

ハンガリーは、いわゆる「バルカンルート」を通ってヨーロッパに入ろうとする難民の大量流入に対する対応が「遅すぎる」としてEUを非難した。ハンガリーは2015年にクロアチアとセルビアの国境に有刺鉄線付きフェンスの建設工事を始めた。そのフェンスのおかげで不法移民を約100%低減できたと当国は考えている。

Translated by EVITA


RT2017/10/6
Beatings & attack dogs: Kids face ‘constant violence’ from Balkan border guards, says MSF
State authorities are responsible for more than 75 percent of violent physical assaults suffered by adolescent migrants in the Balkans, according to a new Médecins Sans Frontières report.

The study, entitled 'Games of Violence,' covers the first six months of this year and compiles medical data and accounts of abuse suffered by migrants aged 12-37 while attempting to cross borders in Serbia, Bulgaria, Hungary and Croatia.

“While smugglers and traffickers continue to be responsible for a small percentage of the violence (8 percent), the great majority of children cared for by MSF named state authorities as perpetrators (76 percent),” the report reads.

Among the people alleging abuse by state authorities, 92 percent claimed to have been assaulted by border police from EU member states using dogs and irritant spray.

All first-hand accounts in the report are attributed to anonymous sources. It is also unclear how MSF confirmed the ages of its patients.

“For the children and young people trying to leave Serbia today, violence is a constant and the overwhelming majority is perpetrated by EU member state border police,” Stephane Moissaing, MSF’s Head of Mission in Serbia, said in a statement.

“For more than a year our doctors and nurses have continued to hear the same, repetitive story of young people being beaten, humiliated, and attacked with dogs for desperately trying to continue their journeys.”

The NGO said that, from January to June this year, its medical teams working at mobile clinics in Belgrade recorded 62 incidents of intentional violence at the Hungarian border and 24 on the Croatian border.

“The vast majority of these accounts followed the same pattern of beatings, dog bites and the use of irritant spray,” the organisation said.

RT.com has contacted Frontex, the European border agency, as well as ministries in charge of border protection for Hungary, Croatia and Serbia for comment.

Recently, there has been a heightened focus on border policing in the Balkans.

According to Frontex, the Western Balkan route recorded 764,000 detections of illegal border crossings by migrants in 2015, with Syrians, Iraqis and Afghans representing the largest number of nationalities.

The same year, Hungary built a 175-kilometer fence along its southern border with Serbia in a bid to stem the flow of people entering the country during the migrant crisis. Last year, Frontex estimated that the number of illegal crossings in the Balkans had dropped to 122,779.

In July 2016, a Human Rights Watch report claimed that Hungarian police were chasing migrants with dogs and that refugees were being forced to pose for pictures with border guards after being beaten.

In a report in the Observer in March, refugees said they had their coats, clothes and shoes taken away from them as temperatures plummeted in sub-zero winter weather.

Moissaing believes member states are using violence to deter children and young people from seeking asylum in the EU.

“It’s not stopping these kids from trying but it is causing serious damage, both physical and psychological, making them more vulnerable and pushing them back into the hands of the smugglers,” she said.

The central EU states have been pressuring the eastern frontier states to do their fair share and accommodate the migrants coming from Greece and Italy. German Chancellor Angela Merkel has criticized Hungary on its position on migrant quotas, calling it unacceptable.

In September, the European Court of Justice rejected a complaint filed by Budapest over the refugee quota system - which Hungary, Poland and Slovenia are also opposed to.

Hungary accused the EU of being “too slow to act” on the massive inflow of refugees who attempted to reach Europe via the so-called Balkan Route. The country started construction of its razor wire fence on the borders of Croatia and Serbia back in 2015 - which they now credit for lowering illegal migration by almost 100 percent.
posted by ZUKUNASHI at 09:50| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。