空母ロナルド・レーガン乗組員の被曝被害は大きい: ずくなしの冷や水

2017年10月10日

空母ロナルド・レーガン乗組員の被曝被害は大きい

※  昭和おやじ 【打倒安倍政権】‏ @syouwaoyaji 氏の2017/10/9のツイート
既に9人も死んでしまった!!
この元米兵らによる訴訟で、しっかり東電に隠蔽されている情報を暴き、国内の訴訟でも利用する事により、東電に責任を取らせなければならない!!

※  桑ちゃん‏ @namiekuwabara 氏の2017/10/9のツイート
海兵隊さん「日本では公開されていない情報もアメリカにある。そのデータを裁判を通じて公開するから、日本の裁判でも使ってください」と言っていましたね。日本政府は隠していることが沢山ある。彼らの今後の発信に期待。安倍政権のあくどい「偽り復興と被害者切捨て、偽り学者」を吊し上げないとね。

※ 


この航跡図については疑問がある。記された日時が何によっているものか。

机の上の空 大沼安史の個人新聞2014/3/8
「トモダチ作戦」 洋上被曝の米空母 「ロナルド・レーガン」、2011年3月12日、フクイチの2マイル(3.2キロ)内に接近していた!? 対東電・米水兵集団訴訟、水兵の「撮影写真と証言で判明」! 

元の記事
The Reagan had joined several other U.S. ships in Operation Tomodachi ("Friendship") to aid victims of the March 11, 2011 quake and tsunami. Photographic evidence and first-person testimony confirms that on March 12, 2011 the ship was within two miles of Fukushima Dai'ichi as the reactors there began to melt and explode

日本が米国太平洋時間より16時間進んでいるとしてロナルド・レーガンがF1に最も近づいたのは、2011/3/12か3/13。上の図で3/13 8:00とあるのは日本時間で3/12 16:00ではないか。

3/16 23:45プルームに入るとあるが、3/16から3/17にかけては気象研究所のシミュレーションによれば気流は真東には流れていない。プルームに入ってから5時間もほぼ同じ位置にいるのはおかしい。線量率が高ければ逃げるはずだ。

次は、これまでの情報から管理人が作成(時差を確認の必要があるがその位置の線量率は分かる)



posted by ZUKUNASHI at 13:07| Comment(3) | 福島原発事故
この記事へのコメント
すみません、重箱ですが、記事タイトルが、ドナルドに。ロナルドの間違いかと。

この件、当然、日本国民には知らされていなかったデータが国防総省にはリアルタイムで流れていたはずで、国防総省が知っていて放置したか、あるいは兵士の被曝データを採るために実験したか、あるいは隠蔽工作か何かの他の理由があったのか? いずれかわかりませんが、東電とともに国防総省を訴えるべき案件に思えます。

そもそもなんで、スマトラ沖地震やプエルトリコ地震の時と同じように、福島沖にレーガンさんがいたのか? 韓国の被曝者が、なんで市民に対する無差別核攻撃を行ったアメリカ政府を訴えないで、日本政府を訴えるのか? という問題とも重なりますが、何か変だと思う部分もあります。
Posted by ぷう at 2017年10月10日 13:36
指摘ありがとうございます。ドナルドダックとロナルドレーガンいつもごっちゃになります。確認するのも面倒でまあいいやと社会的役目を終えたものの無責任さを臆面もなく。

兵士は米軍あるいは米国政府を訴えたいところですが、軍は早々と兵士から一札取っているようです。

「国防総省にはリアルタイムで流れて」いなかったと思います。F1の敷地を出ればMPもろくにない、あっても止まっていたわけですし、F1周辺の地表で測ってみても放射性物質の流れは分かりません。2011/3/21に東京に2回目のプルームが流れて兵士の家族を慌てて飛行機に乗せて脱出させています。

私が感じるのは、核戦争の際の放射能防護の知識を備えているはずの海軍の幹部が、原発事故については大きな判断の間違いを犯したのではないかと思います。そもそも「原子力空母」ですからね。

原発が爆発したことは報道されたわけでそれによって風下で何が起きるかは、当然分かります。船舶は海洋気象の把握が重要な仕事です。

米軍は、劣化ウラン弾の使用でも相手国の住民の被曝などお構いなしです。放射能被爆については、兵士についても防護措置がゆるいのではないでしょうか。
Posted by ずくなし at 2017年10月10日 14:06
空母ロナルド・レーガンの艦内では、放射能の警報が鳴り響き兵士たちは、「核のホロコーストだ」と叫んだそうですよ。兵士は、呼吸と飲み水で全員やられました。今の日本は、核のホロコースト(生き地獄)です。
Posted by 西 亨 at 2017年10月11日 18:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。