寄付・カンパへのご協力ありがとうございます 設備等に充当します: ずくなしの冷や水

2017年12月25日

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます 設備等に充当します

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます。

2017年09月23日 寄付・カンパのお願い

寄付・カンパは、送金で完了します。それ以外のご負担はありません。

当方からささやかな謝意の表明として送らせていただいている同報メールは、決して愉快な内容ではありませんが、「ウザイじゃないか! 送るな!」との声はまだいただいておりません。お知らせいただけば、いつでも送信停止します。

寄付された方は、同報メールを受信されることをお勧めします。送金時の名義と受信に使うメールアドレスだけで結構ですのでお知らせください。寄付の額は言及いただかなくて結構です。ワンコインの寄付でも管理人にはとても心強い励ましになります。管理人はWikipediaから要請がある都度15ドル程度を寄付しています。寄付の件数が多ければ1件当たりの金額が少なくてもそれなりの金額になります。

寄付金で購入した新しい測定器による現地調査を読者の希望を踏まえて一部実施しました。天候を見ながら出かけています。千葉県北部は終了、東京都江戸川区、栃木県南部。次回は神奈川県下です。神奈川県の人口動態が極めて悪いです。

寄付金を原資として空間線量率のリアルタイムグラフ表示の方途を探ってきました。もともとそのための測定器であるGM-10のほかに、より安価なRADEX ONEの利用、手持ちのMAZURの活用方法まで一応成果を得てこのブログ上で公開テストを行っています。

年明けには数か所に器械設置を目指しています。スティックパソコンのセットアップに時間がかかります。Win10の更新ソフトのインストールが大きな手間です。

・・・・・・

寄付・カンパの使途を概略お知らせします。

中古GM-10を格安で譲受けて屋外で稼動開始しました。冒頭ページに画像を掲載しています。Win10、32ビットのスティックパソコンを利用しています。

機能の高い個人用測定器の追加購入(テスト結果を記事にしました。現地調査の前線に投入しました)

高機能測定器によるリアルタイム表示用パソコンの導入。GM-10のグラフに加えて、いざというときにより感度の良いMAZURによる測定値をどうやってリアルタイムで表示するか模索し、安定稼働のめどを付けました。Win10、64ビットのスティックパソコンを利用しています。

この器械用のソフトは高価ですので、MAZURによる測定値ファイルをリアルタイムでサーバーに送り、サーバーからファイルを取り出してデータ変換、グラフ化の後、アプロードという手動と組み合わせればほぼリアルタイムのグラフ表示が可能です。EXCELのマクロを使用して極力自動化する方策を検討します。遠隔地に測定器を設置して監視も可能です。

管理人が日常的に使う代替パソコンの導入。カスタマイズも終わりました。予備のパソコンも用意しました。必要な時に同報メールが送れないと困りますので。

ノートパソコンの寄贈を受ける予定ですが、集計分析に使うには力不足、一つの測定器とつないで24時間稼働グラフ表示させるには過大ということで活用法を考えます。測定器とセットでの貸し出し用にすることも考えます。

アンチウィルスソフトの導入。CIAのスパイマルウェアも検出してくれるカスペルスキーを採用しました。ウィルスが検出されています。

管理人の現地調査旅費

空間線量率モニターへの方への謝礼を予定していましたが、辞退されたので測定器とパソコンのセットを寄贈し設置していただく予定です。海外での測定ポイントになります。

なお、年明けには、4月以降のモニターを募集する予定です。南北アメリカ大陸にお住まいの方で、ご在宅の時間が多い方にお願いしたいと考えています。グラフやマップの記録は自動化する予定ですので、日本や近隣国の空間線量率の変化を観察してもらい、不穏な変化があったらメールまたは電話で連絡を入れてもらうのが仕事です。

記事翻訳を依頼した方への謝礼

しばしば参照させてもらっている企業の運営するサイトについては、順次引用転載の許諾申請を行う予定です。要すればライセンス料を支払います。

個人の運営するサイトについては、資金に余裕がある場合感謝と応援の気持ちからわずかなりとも寄付をすることを検討します。
posted by ZUKUNASHI at 10:57| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。