どうやって、目をそらすことができますか?  地中海難民危機: ずくなしの冷や水

2017年10月05日

どうやって、目をそらすことができますか?  地中海難民危機

地中海を渡る難民の受難が続いています。特にリビアからの難民が多く、リビアのコーストガードは沿岸で探索して連れ戻し、収容所に入れていますが、身代金を要求される例、人身売買業者に引き渡される例、殺害される例が多いと伝えられています。

欧州は、リビアにカネを出しています。

シリアからも難民が船でギリシャなどに渡ろうとしましたが、ラタキア沖に停泊していたロシアの艦船は外傷のない遺体を多数収容してシリア政府に引き渡して感謝されたと伝えられています。

以下の記事は、地中海で活動する英国人ライフガード Austin Wainwright が彼の活動と心中について始めて語ったものとされています。ショッキングな内容も含みますが、管理人は彼の述べたことは事実だと判断しています。以下は日本語訳です。

・・・・・


RT2017/9/29「どうやって、目をそらすことができますか?」英国人ライフガードが地中海難民危機の本当の恐ろしさを語る

英国人ライフガード、オースティン・ウェインライト氏は、地中海の難民危機の最前線に立ってきた。彼は今回初めて、海上で次々に明らかになる欧州の怠慢という人間の悲劇と、精神的な負担についてRTに語る。

もう暗くなってきているのに知らせはまだない。救助船は波にもまれ、私達は遺体の風上にいるにもかかわらず、その悪臭は絶え間なく漂ってくる。

暗闇が迫る中、その遺体を見失う恐れがあるので、さらに遠ざかる危険をおかすことはできない。そこで私達はついに足首にケミカルライトをつけることにした。

私達は、沈んだゴムボートの生存者捜索のために、海に浮かぶ遺体と向かい合いながら、トリポリとサブラタから17海里離れた地中海上にかれこれ6時間も漂っている。この哀れな魂は、そのゴムボートに乗っていたものではない。この遺体は海中に4日ほど浸っていて、海の生き物はそれをほうってはおかなかった。

同僚ライフガードのソールとニコラスは、私がRHIB(硬式ゴムボート)を慎重に操作している時に、注意深くライトスティックを取り付ける。

気分が悪い。この遺体の悪臭や見た目のせいよりも、ヨーロッパから来る無関心のせいで。

私が難民危機を経験するのはこれが2度目だ。最初はスペイン赤十字に所属していた時で、カナリア諸島で起きたものだ(2006〜2008年)。ここに着くまでは、今回も前回と同じようなもので、どんなことが起きているか自分はわかっているつもりでいた。が、私は鼻をへし折られた。

私達は遺体を回収してよいかどうか、MRCC(海難救助コーディネートセンター)ローマからの確認を静かに待っていた。もしこれが欧州人の遺体ならもっと早くサポートしてくれただろうと感じる。悪臭がまた私達を襲う。何ヶ月たってもはっきりと覚えている臭い。

たった一体の遺体を回収することなど無意味に見えるかも知れない。今年、アフリカと中東の貧困や迫害や暴力から逃れる途中で2,500人以上が溺れ死んだ。

難民の主な出発地点はリビアだ、そこは、戦争で分断され、中央政府が国土のほんの一部をどうにか管理しているだけ。残りの部分は同盟関係がころころ変わる将軍や民兵によって支配されている。

トリポリにあるGNA(国民合意政府)が、公式な統治団体として、リビアの北の海岸から出て行こうとする移民や難民を拘束するために資金や訓練や警備船をリビア沿岸警備隊(LCG)に提供しているということをEUは認知している。

最近、LCGは海岸から70海里までの全ての捜索と救助を担うと発表した。言うことと、充分にそれをやれる能力があるというのは別だ。

全てのNGOにとって明らかなことは、そうなればより多くの人命が失われるということだ。LCGによって“救助”された者は、リビアに連れ戻され、そこで汚い収容所に入れられ、拘留され、殴られ、犯され、殺される。

私達がここでボランティアをしている間にLCGはどんどん敵対的になり、こちらに向かって威嚇射撃を発砲したことが2度あった。3度目には私たちの船に銃が突き付けられ、トリポリに連れて行かれそうになった。

この実例は全て公海上で、しかもMRCCローマによって調整された捜索・救助活動中に起こった。ローマとFRONTEX(欧州沿岸警備連合)に支援を求めたが、こちらの要求は顧みられなかった。私達はMRCCローマの下にあったのに、孤立してしまったのだ。

LCGによって連れ戻された難民や移民は、にわか造りの収容所での死よりもひどい運命に直面する。彼らは“悪魔の国”に戻るより海で死んだ方がましだと私達に繰り返し言う。

救助のたびに、私達は彼らがリビアで受けた扱いについて聞かされる。女性は組織的にレイプされる。私達のNGOプロアクティバ・オープン・アームズが運営する救助船に乗せられた女性たちが多すぎて座ることさえできないこともある。

性的そしてそれ以外の暴力は女性だけにとどまらない。出身国に残る家族には身代金が強要されるのが常だ。これには殴打やその他の言語に絶する行為も伴う。

ガーナ出身のある男は、彼の親友がガソリンの中に両足を突っ込まれて火をつけられ、その時にリビア人の捕獲者が親友の頭上で電話をかかげて彼の家族に悲鳴が聞こえるようにするのを目撃した様子を私達に話して聞かせた。他の者は、奴隷として売られ、脱出するか退出許可が下りるまで強制労働させられたと話した。LCGによって連れ戻され、そのまま直接密輸業者や人身売買業者に売られる者もいると聞く。

EUやイタリアが、こういう国々との協力を正当化するのはどういう訳だ?

英国外相のボリス・ジョンソンが最近リビアを訪問し、これらの収容所を監督する張本人たちと握手をし、彼らの仕事を称えたのだ。

一般の人たちは、どうやって目をそらすことができるのか?

答えは単純だ、と友人が言った。真実を認めるよりも、我らの国々の問題について移民を非難する方が簡単なのだ。アフリカに関する真実について認めてしまうと、我々は自分達の生き方がもろいものだと認めることになる。夜、眠れなくなる。無視するのが幸せなんだ、と彼らは言う。

今やすっかり暗くなって、やっとMRCCローマから遺体を回収する許可が下りる。遺体は水中にかなり長く浸かっていたため回収には時間がかかる。そんなことしても無駄だと言う人もいるだろう。そこに放っておけばいいじゃないか?

私達にとってはそれでも遺体は家族を持つ人間であり、より良い報いを受ける価値があるのだ。私達はEUがこの人間を隠すのを許さない。やっと硬式ゴムボートから本船に乗り込むと、私達はくたびれた。

失望の涙で目がヒリヒリしていると、他のボランティアたちが私達を抱きしめる。

翌朝、別の遺体が発見される。こんなことをまたやりたい人なんていないけど、私達はやらなくてはならない。だから私達はここにいる。

私がユニフォームを身に着けていると、前日の朝、生きて救助された難民が私を眺め、顔を見ながら「他の遺体を探しに行くのか?」と聞く。

私は息が詰まって言葉が出ないので、ただ頷く。彼は黙って口の動きだけで「ありがとう」と伝える。

‐オースティン・ウェインライト氏は、難民危機で10年の経験を持つ3代目の英国人ライフガード。
‐一等航海士と硬式ゴムボートの運転手は、スペインのNGOプロアクティバ・オープン・アームズのために8つの任務を成し遂げた。
‐プロアクティバは、過去2年間に公海上で35,000人以上の人々を救助した後に地中海に残っている唯一のNGOの一つ。
Translated by EVITA


RT2017/9/29
‘How can you look away?’ British lifeguard describes true horror of Mediterranean migrant crisis
British lifeguard Austin Wainwright has been on the front line of the migrant crisis in the Mediterranean. Speaking out for the first time, he describes for RT the human tragedy of Europe’s neglect unfolding at sea and its emotional toll.

It is getting dark now, and still no news. The rescue vessel rolls with the swell and although we are upwind of the body, the smell reaches us every now and then.

We cannot risk being further away for fear of losing it in the dwindling light, and eventually we decide to attach a chemical light stick to the ankle.

We have been sitting in the Mediterranean, 17 nautical miles from Tripoli and Sabratha, for almost six hours now, ever since we came across the floating body while on a search for the remains of a sunken rubber boat. This poor soul did not come from that boat; the body has been in the water for around four days and marine life has not left it alone.

Sole and Nicolas, the lifeguards I am working with, tenderly attach the light stick as I manoeuvre the RHIB (Rigid Hull Inflatable Boat) delicately.

We feel sick. Not so much due to the smell or sight of this person, but because of the apathy coming from Europe.

This is the second migrant crisis I have experienced, the first being with the Spanish Red Cross in the Canary Islands (2006-2008). I arrived here thinking it would be the same, thinking I knew what was happening. I have been very much humbled.

We sit in silence waiting again for MRCC Rome (Maritime Rescue Coordination Centre) to confirm we can recover the body. We feel that support would have been far quicker if it were a European body. The smell washes over us again; a smell that I still remember vividly months later.

To pick up one single body may seem pointless. More than 2,500 people have drowned this year while fleeing poverty, persecution and violence in Africa and the Middle East.

Their main point of departure is Libya - a country torn apart by war and with a Central Government that only manages to control a fraction of the country. The rest is run by warlords and militias who have various, shifting alliances.

The EU recognizes the GNA (Government of National Accord) in Tripoli as the official ruling entity, supplying the Libyan Coast Guard (LCG) with money, training and patrol vessels in an effort to curb migrants and refugees leaving its northern shore.

Recently the LCG announced it would handle all search and rescue missions up to 70 nautical miles from its coast. It is one thing to say this – and another to be competent enough to do it.

What is clear to all NGOs is that this would cause more loss of life. Those who are ‘rescued’ by the LCG will be taken back to Libya where they are kept in squalid camps, detained, beaten, raped and killed.

Since I have been volunteering here the LCG has become more and more hostile, and we have on two occasions had warning shots fired over us. The third time our vessel was held at gunpoint and almost forced to Tripoli.

All of these instances occurred in international waters, and while working on search and rescue operations coordinated by MRCC Rome. When we requested support from Rome and FRONTEX (the European Coastguard Coalition) our calls fell on deaf ears. We went from being under their coordination to being alone.

Refugees and migrants returned by the LCG face a fate worse than death in makeshift detention centers. Time and again they tell us they would rather die at sea than return to “The Country of the Devil.”

On every rescue we are told about the treatment they received in Libya. Women are raped systematically, so much so that there are cases where those brought aboard the rescue vessels run by our NGO, Proactiva Open Arms, are unable even to sit down.

Sexual and other violence does not end with the women. It is used to coerce family members in the countries of origin to pay ransoms. This also involves beatings and other unspeakable acts.

One man from Ghana told me how he witnessed his best friend's legs doused in petrol and set alight as his Libyan captors held a phone to his head so that his family would hear him scream. Others tell of being sold as slaves, forced to work until they either escape or are allowed to leave. In some cases we are told of people being returned by the LCG and sold directly back to smugglers and slavers.

How is it that the EU and Italy can justify cooperation with these countries?

British Foreign Secretary Boris Johnson recently visited Libya, shaking hands with the very people overseeing these detention centers and praising them for their work.

How can the public look away?

A friend told me the answer is simple. It is easier to blame migrants for our countries’ problems than to admit the truth. If we admit the truth about Africa then we admit our own way of life is fragile. We wouldn’t sleep at night. Ignorance is bliss, they say.

It is dark now and finally we get the all clear from MRCC Rome to pick up the body. The recovery takes a long time because it has been in the water for so long. Some may argue it is futile. Why not leave him there?

To us he is still a person with a family, he deserves better and we will not let the EU sweep this one under the rug. When we finally step aboard our main ship from the RHIBS we are tired.

The other volunteers hug us as tears of frustration sting our eyes.

The next morning another body is found. No one wants to do this again but we have to. It is why we are here.

As I suit up, a refugee rescued alive the previous morning looks at me and seeing my face asks “are you going for another body?”

I choke and can’t speak, so I nod my head. Silently he mouths “thank you.”

- Austin Wainwright is a third generation British lifeguard with a decade of experience in migration crises

- The chief mate and RHIB driver has completed eight missions for Spanish NGO Proactiva Open Arms

- Proactiva is one of the only NGOs remaining in the Med after rescuing more than 35,000 people in international waters over the last two years

・・・・・

RT2017/10/4 https://on.rt.com/8p14
Britain has blood on its hands in Libya, not the time for Johnson jokes - political activist

In many ways, what Boris Johnson is doing is very much like Donald Trump. He is saying outrageous things, grabbing the limelight to himself, political activist and social justice campaigner George Barda told RT.

UK Foreign Secretary Boris Johnson suggested Libya could become the next Dubai, but it has to clear away the “dead bodies” first. The comment was made at a Conservative Party Conference fringe event this week, prompting fresh calls for him to be sacked.

Johnson was also accused of being remarkably undiplomatic after a video emerged of him reciting a colonial poem on his visit to Myanmar earlier this year.
posted by ZUKUNASHI at 12:38| Comment(4) | 国際・政治
この記事へのコメント
泣けた。
北朝鮮が破壊されて、難民が日本人妻が押し寄せた時、私たちや日本政府はどうするのだろうか?
麻生さんが言うように、武装しているとみなして、撃ち殺すのだろうか?
Posted by い at 2017年10月05日 12:29
「DAYS JAPAN」という雑誌があるのですが、たしか昨年の6月号だったかなぁフォトコンテストがありまして、金賞だったのが地中海を必死に渡るリビア人の難民船の写真だったと思います。
この記事を読んで、この写真の事を思い出しました。

そして、日本人も決して他人事ではありません!
放射能汚染にファシスト政府・・・
いつ難民化しても不思議ではない。。。
でも、日本人が近隣諸国に難民として行っても誰も相手にしてくれないんじゃないかな、でんでん総理の国連演説のように!!!
Posted by デスラー at 2017年10月05日 18:12
逆を考えたらいい。日本が崩壊して、日本人の難民が韓国、北朝鮮、中国、ロシアに押し寄せたとき、彼の国はどうするか?

私は、彼の国々に善意というものが通じない、ということをこの20年で学びました。といって、別に悪意で返す必要もない。徹底して相互主義、相手の振る舞いの通り、反応仕返したらよい! よいことも悪いことも。
Posted by ぷう at 2017年10月05日 18:20
最近は、難民問題の援助団体の記事を見ると、マッチポンプという言葉しか思い浮かばないです。

カダフィは「リビアはアフリカという瓶の蓋のようなものだ。蓋を開けたらどうなるか?」と言って、欧米諸国に警告したそうですが、その警告を無視して、リビア空爆が行われ、カダフィは惨殺されました。

独裁国家と言われていたリビアが、実際にはどんな国だったか? シリアがどんな国だったか? 調べてみると面白いでしょう。

特にアメリカ、そしてその背後にいるイスラエルのテロ組織を使った侵略行為と資源の略奪行為、さらには人身売買や臓器売買、麻薬取引などをやめさせない限り、どこかの国がまたターゲットになり、難民が生じ続けることになるでしょう。

もう一つは、昔から言われている経済格差の問題。開発途上国から資源を収奪して、先進国との経済格差を拡げる、いや今は先進国の内部での経済格差も拡がっているので、多国籍企業や一部の富裕層だけに富が集中することになりますが、格差=不均衡を拡げる方向に施策を行えば、当然、歪みが出てくることになります。富の再分配を行って、バランスをとっていかないと、勝ち組も巻き込んでいろいろなものが崩壊することになりますが、結局、勝ち組の人たちも頭が悪いんでしょうね。

対症療法ではなく、心身のバランスをとることによって、自然治癒力が働くようにして、治っていく。そういう方向があればよいのですが、それにはアメリカとイスラエル、その他のテロ支援国家が消えてなくなるのが、一番早いかもしれませんね。年金資金で名だたる軍事企業に投資している日本も、一緒に消えるべきかもしれませんが。

非常に地道な方向になりますが、一所懸命的な考え方で、自分の住んでいる土地を良くする、豊かにする、自給自足できるようにすること、そして創造行為をせずに中抜きや略奪ばかりしている連中を排除することで、よその国へ逃げたい、という動機を消すことが大事かもしれません。

食べて応援が、いったい誰の何を応援しているのか? という問題。地中海の沿岸に難民の死体が漂着しないように、海上で回収するという活動は、問題の解決なのか? 隠蔽なのか? むしろ、いま起こっていることを報じようとしない、メディアに問題があるのではないか? 

まあ、いろいろな疑問が渦巻いて、頭がまとまりませんが、こうした問題を引き起こしている悪の元凶とその排除については、意識しておくべきでしょう。

いやあ、最近は頭が止まっているので、文章になりませんね。何十年も前からある問題が、さらに悪化して解決の目処もつかない! ということは、人類の退化を示しているのかもしれませんね。いくら技術が進歩しても、それを使う意識の方は、進歩どころかどんどん混濁して幼稚化している。まあ、夜明け前の闇ならいいんですが。





Posted by ぷう at 2017年10月06日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。