これは新手のカルト儀式ですね 隋分流行っていますが: ずくなしの冷や水

2017年09月19日

これは新手のカルト儀式ですね 隋分流行っていますが




ロケット弾が身近に飛んでくるとこんな感じです。
ロシアの攻撃用ヘリコプターが誤って駐車場の至近距離にロケット弾を撃ちました。

発射直前


地面に接したところ。


ロケットが地面の上を走っています。


ここまで1秒前後でしょう。歩いていた人は逃げられませんでした。

別の動画から、コックピットの画面、照準が合っていませんから暴発に近い?


見物人もいます。


この軍用車両に当たったようです。


動画はこちら
RT2017/9/19
Russian Ka-52 gunship accidentally hits targets on ground (VIDEO)
posted by ZUKUNASHI at 19:38| Comment(6) | 社会・経済
この記事へのコメント
情けないですね。
こんなことより大事なのはミサイルに負けない体作りでしょう。
そしてニコニコ笑うこと。
Posted by やず at 2017年09月18日 09:38
「ミサイルに負けない体作り」? どうすればよいのでしょう、教えてください。
ニコニコ笑っていれば、ミサイルは来ない? それも一面ではありますが、威嚇のエスカレートをやめるべきはアヘです。
Posted by ずくなし at 2017年09月18日 10:39
こらは儀式ではなく日本人が発明した命ごいのポーズですね。なんの効果もありません。私なら全裸で横で寝ています。ふとつた豚の核ミサイル男の金ちゃんとストロンチュウム超人のあべちゃんが応援しています。だいたいキリスト教とユダヤ教の宗教儀式は、アトランティスの大祭司トートが教えたエジプトの宗教儀式(魔術)をまねたものです。魔術は、意志と信仰よつてこの物質宇宙をコントロール術です。
Posted by 西 亨 at 2017年09月18日 21:46
ミサイルに負けない体作りの方法です。(個人差があります)

・早寝・早起き・良質な睡眠をとれるような生活リズムをつけましょう。
・朝ごはんをしっかり食べましょう。
・バランスのとれた食事をとりましょう。
・適度な運動を習慣にしましょう。(散歩や外で遊ぶことも大切です)
・過度な心配はしない。ストレスをためこまないようにしましょう。

・窓を開けて室内の換気をはかりましょう。
・洗濯物は日光にあてましょう。
・天気の良い日は布団を干しましょう。
・外から帰ったら手洗い、うがいをしましょう。

管理人様もどこかで見覚えのある方法だとは思いますが、
ミサイルにも応用できるのではと思いました。カルトでしょうか。
Posted by やず at 2017年09月18日 22:18
戦中に本土決戦に備えて国民に無意味な竹槍訓練をさせていた頃から、日本はちっとも進歩していないと感じます。

目先の小さな問題の処理は世界トップクラスで有能だと思いますが、ミサイル攻撃という大きな国難に対して、この国の行政は論理的で計画的な対策を講じられず非常に無責任です。

避難訓練といっても全国どこでも、この写真のような有様でしょう。
これではミサイルによる建物の損壊や飛散するガラスから身を守るのは困難ですね。
Posted by サトシ at 2017年09月18日 22:24
本当にトランプ大統領は、北朝鮮と核戦争する冷徹な強い意志と胆力を持つているのでしょうか。最悪の場合8千万人の朝鮮人が、重い被爆をします。そして日本人をまた被爆します。
Posted by 西 亨 at 2017年09月20日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。