2017/9中旬の九州南部での放射性物質漏洩はかなり大規模なものだった: ずくなしの冷や水

2017年09月18日

2017/9中旬の九州南部での放射性物質漏洩はかなり大規模なものだった

2017/9の10日ころから始まった九州南部からの放射性物質の漏洩はかなり規模が大きかったと見られます。



次は京都市内で個人が測定した結果です。2017/9/17の台風襲来時の測定値も入っています。65cpmを越えているものもあります。


市川市内で個人が測定した結果


東に行くほどピーク時間が遅くなっていますが、鹿児島から市川まで約7時間です。それに途中の京都の測定値が高いです。

他の測定箇所も調べましたが、ほとんど変化のないところもあります。細い筋となって流れ、それが捉えられたところで高い値が出ているということのようです。

管理人の自宅では、2017/9/11の午後9時頃に高い値を記録しています。このころから先発は届いていたようです。


京都では台風時の線量率ピークよりも高くなっています。川内原発の事業主体からは、特に事故などの情報は出ていないようですから、通常運転の中で起きている。ということは、また何時あってもおかしくないということになります。

2017/9/12のピークが収まった後、9/13朝の時点でも、熊本県、宮崎県のMP測定値が小幅ながらじりじりと上がっています。



2017/9/13夕刻、元の水準に落ちました。


この記事の初稿で「川内原発から放出が続けば、いずれ東日本にも影響が出てくるでしょう。体調不良を感じたら無理せず屋内で静養、状況によっては病院へ」と書きましたが、いったんは収まっています。ですが、またいつ流れてくるかわからないということになります。

(初出 2017/9/13 17時)
posted by ZUKUNASHI at 15:09| Comment(11) | 福島原発事故
この記事へのコメント
お晩です。

9月7日〜10日に実家の鹿児島に帰っていた二年目のボウヤが今日熱が出て寝込んでしまい、仕事を休みました!

まぁ彼もまた、「ホ」を気にしていないので、もしかしたらダブル・もしくはリバウンドで体調を崩したかもしれません。。。

そうそう、以前彼に
「こっち(松戸)に来てからラーメン食って鼻血出たりしなかった?」
と訊いたら、
「出ました!どうして知っているんですか?」
と言われました(汗)
Posted by デスラー at 2017年09月12日 21:25
本日12日に測ってみましたが、雨が降ったせいなのか
0.09〜0.17マイクロシーベルトでした
平均だと0.14程度でした(鹿児島県央部)

ただ、10日の時点で熊本の松橋高校のようなめまいの症状を訴える人が多く
病院で点滴を受ける人が多数いたようです(めまいで点滴を受けた人談)

私の身の回りにもめまい、喘息の悪化、首の炎症などの症状を訴える人が
9〜11日にかけて数人出ましたので、原発との因果関係を強く疑っているところです
Posted by みつばち at 2017年09月12日 21:57
みつばちさん こんにちは
お元気ですか。
屋外で0.14μSv/hですと特に高くはないということになりましょうか。
川内原発のような形式の原発には煙突が見当たらないのです。どこから放出しているんでしょう。
熊本、長崎へのプルームの流れ方は、細い流れになっていたようで何の変化も見せなかったMPもあります。めまいが多いということはキセノンでしょうか。
「これからの季節 西からの放射性物質にも注意が必要です」に書きましたが、川内原発については厳重な警戒が必要ではないかと考えています。
Posted by ずくなし at 2017年09月12日 22:11
どうもご無沙汰しております

ご心配ありがとうございます
放射線量としては、平常値に近い値だと思います
もっと早く気づけば、分かりやすい数値が出ていたかもしれません
キセノンはめまいを起こすのですね 知りませんでした

私に大きな反応がなかったため、油断しておりました
特に許容量の少ない子どもたちが体調不良を訴えていたようです

脅されたのか、元々既定路線だったのか分かりませんが、
知事が再稼働容認し、この有様です
この程度の被曝量ならビタミンCの経口摂取で乗り切れそうですが、
いかんせん古い原発なのでしょっちゅうお漏らしされるとたまったものではありません
Posted by みつばち at 2017年09月12日 22:25
キセノンは麻酔性があり全身麻酔に使われたこともあります。めまいくらいは簡単でしょう。多量に吸えば立てなくなることもあるはずです。そちらの知事はひどいペテン師ですね。
「この程度の被曝量ならビタミンCの経口摂取で乗り切れそうですが」という考えは甘いです。流れているのはキセノンだけだとは限りません。
測定器は常時オンで確認するようにしたほうが良いでしょう。
Posted by ずくなし at 2017年09月12日 22:41
また公開、終わってしまいましたか。
残念です。

きのうの鹿児島のMPの欠測はいつもと違うパターンでしたね。
MPの欠測を今年になってから見ています。
全国で同時に一斉に欠測になることがありますが、欠測になるところはだいたい決まっています。
鹿児島は欠測する県です。
きのうのは急激アップしながらの欠測でしたからいつもとは全く違いましたね。
過去のパターンです。

https://twitter.com/osanpogo5/status/907748903901995008

川内ですよね・・
Posted by 調布です at 2017年09月13日 08:48
欠測は、機器点検の場合もあり、これは止むを得ないことです。この場合は、欠測終了後その間の観測値が表示される場合もあります。
問題は、観測値が急激に上がり始めると同時に始まる欠測で、これは隠蔽が目的ですから、特に警戒が必要です。
複数のMPで欠測がある場合は、何かあると疑って掛かる必要があります。
個別の漏洩事象は再稼動原発の増加に伴ってこれから日常茶飯事になるでしょう。見る人もいないので事象が終わればそこでおしまいです。
Posted by ずくなし at 2017年09月13日 09:28
初めまして。
カナリア体質で、千葉県から鹿児島県霧島市に避難し3年です。
毎日、食べた物と、体調を記録してます。
みつばちさんのコメントを読み驚いたので、投稿しました。

9/8 朝起きると、右首筋が激痛(こんなに首が痛くなる経験は初めてだったが、寝違えたか?と思った。現在も少し痛みが残っている)
9/9 歯茎腫れる(免疫が下がると必ず反応する場所)
ここ数日間、ずっと体が怠い。

空間線量は、みつばちさんと同じ位でした。
雨の為若干高い様ですが、普段と比べ異様に高い事は無かったので、なんで体調が悪くなったのか、分かりませでしたが、また被曝したって事だったんですね。

いつも、貴重な情報発信ありがとうございます。
Posted by ひなこ at 2017年09月13日 11:05
ひなこさん こんにちは
首筋が激痛、歯茎の腫れ、線量率は大きくは上がらず、ですね。
ベータ線、アルファ線を測定できる機種でないと、放射性物質の飛来は把握できない恐れがあります。
南九州にお住まいの方からは、ベータ線源、アルファ線源の降下を疑わせる情報も寄せられています。(その記事は、今は公開していません)
個人でアルファ線を測定可能な高価な機種を購入するのは大変なので何人かで金を出し合って共同で使うしかないでしょう。
管理人が川内原発に特に注目しているのはそれなりの訳があります。
Posted by ずくなし at 2017年09月13日 11:36
みつばちさん、ビタミンcですか効くでしようね。私は、3年間飲んでいた体から放射能を排出するモンモリロナイトをまた飲み始めました。体のだるさが少しは良いです。みつばちさん、2人でノーベル医学賞を取りましよう。
Posted by 西 亨 at 2017年09月14日 11:36
ひなこさん

首の痛みですね
どの放射性物質が首の痛み(炎症)を起こすのか分からないのですが、
いろいろな年齢層の方々が首の痛みを訴えていることが分かりました
放射性物質の放出&到着は9〜10日あたりでしょう
めまいを訴える人も多数いたようで、ずくなしさんからキセノンの可能性を指摘いただいたところです

西 亨さん
放射性物質の防御・防護は私が考えたものではありません
ビタミンCの放射線障害軽減は防衛医大が論文を出していますし、
放射性物質を体外排出するキレート剤も存在しています
残念ながら積極的に国民に知らされることはありません

モンモリロナイトは、粘土系のキレート剤だったような記憶があります
試したことはないですが効きそうですね

放射能に効くものはネットを探せばゴロゴロでてくるはずです
あとは自己責任で財布と相談しながら試してみることですね
私が総合的に判断し、とっつきやすくオススメできるのがビタミンCです
Posted by みつばち at 2017年09月16日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。