秋到来 でも元気の出ない徘徊: ずくなしの冷や水

2017年09月16日

秋到来 でも元気の出ない徘徊

2017/9/10、佐倉市北部の現地調査

あまり見るべき花などがありませんでした。

でも大きな木がありました。赤松は、東京近郊ではゴルフ場とその周りでしか見られなくなりました。



測定結果
京成佐倉駅近く 込み込み68cpm
ゴルフ場内を通る道路 込み込み71cpm
水田地帯に近い宅地の端 込み込み81cpm、アルミ板を挟んで40cpm
岩名陸上競技場近く 込み込み67cpm

特に高くはありません。人口動態が悪いのは、やはり吸気被曝でしょうか。佐倉市は糞尿から肥料を造り市民に配布しています。セシウムリサイクル都市です。

それに猟友会が毎年のように鳥を大量に駆除するので鳥の数がめっきり減ったとか。



道路に面した生垣を剪定している方がおられました。葉の小さいヒイラギのようです。黄金葉ヒイラギ、花が咲かない品種だとか。

そうですかと真に受けて帰ってきましたが、やはりおかしい。調べると今頃はツボミの準備をしているので剪定は6月頃までにやらないといけないそうです。今度お会いしたらお話します。


日本では美しい花が見られないので、スウェーデンの方のツイート画像で楽しみます。

ハリギリです。日本にもありますが、関東では紅葉はまだでしょう。


イヌエンジュです。花が日本よりも遅いです。


これは見事、ヒマラヤ産の青いポピー
posted by ZUKUNASHI at 14:52| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
青いポピー、とってもきれいですね!
思わず声をあげてしまいました。
Posted by loca.chica at 2017年09月17日 03:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。