どこの誰が何を言おうと福島の現実はこれだ 安全を謳うものは恥を知れ!: ずくなしの冷や水

2017年09月09日

どこの誰が何を言おうと福島の現実はこれだ 安全を謳うものは恥を知れ!

福島県下、主要3都市の合計による出生死亡比率の推移。

被曝以外の原因でこんなに赤ん坊が減り、死亡者が増えることがありますか?



ISISが福島県下で市民の殺戮を続けている? それに等しいかも知れません。



出生死亡比率0.9は赤ちゃん9人に対して亡くなる方が10人の割合、出生死亡比率0.6なら赤ちゃん6人に対して亡くなる方が10人の割合です。

横浜市でも同様な傾向が出ています。



2017/9/9、よんたさんから寄せられたコメントを掲載する。

仰るとおりだと思います。最近よく交流させていただいてる矢ヶアさんも全く同様のことをおっしゃってます。この国の政権は、確信犯として間違いなく殺戮行為を重ねているということだと思います。チェルノブイリと違って、日本では原発事故の規模や実際被害について、基本的な隠蔽に成功しました。その後、とことん金をかけない路線を追求し、被曝者の生存利益を無視し続けています。もはや国家とは言えません。
posted by ZUKUNASHI at 12:59| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
仰るとおりだと思います。最近よく交流させていただいてる矢ヶアさんも全く同様のことをおっしゃってます。この国の政権は、確信犯として間違いなく殺戮行為を重ねているということだと思います。チェルノブイリと違って、日本では原発事故の規模や実際被害について、基本的な隠蔽に成功しました。その後、とことん金をかけない路線を追求し、被曝者の生存利益を無視し続けています。もはや国家とは言えません。
Posted by よんた at 2017年09月09日 17:57
よんたさん、今の日本の現実はこの言葉しかありありません。放射能地獄のホロコーストです。
Posted by 西 亨 at 2017年09月10日 04:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。