いわき市産の塩が出回っている 注意!: ずくなしの冷や水

2017年09月04日

いわき市産の塩が出回っている 注意!



いわき市には製塩工場があり、そこで作られた塩が広く出回っていました。管理人が福島第一原発事故後、自宅の塩を確認したらいわき市産でした。この工場はその後操業を止めたはずですが、再開したのでしょうか。

海塩については、マイクロビーズの混入があるものもあると指摘されています。

いわき市産の塩は、国内でも一般向けに売られているようです。



業務用にも出回っているらしい。漬物、水産練り製品、畜肉加工品などの用途に。

改めていわき市に製塩工場を持つ企業のサイトを調べたら、2016年5月に操業再開断念のプレスリリースがなされ、用地は別の利用策を検討するとしている。

大震災で海水取水施設も壊れたようだから福島第一原発事故後は生産していないのではないか。今市場に出回っているのは、在庫品の処分だろうか。

2016年06月11日
東京に住んでる友人がアメリカで内部被曝の検査したらストロンチウムとかかなり出てたらしい

2016年05月29日
大手食品メーカーが「市民測定所がわからない程度に汚染材料を薄めて使う」のは本当らしい
posted by ZUKUNASHI at 20:43| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
いわき市さんの塩を売るとはジョークかと思いました。このエビデンスにより、日本人の被曝知識が殆どない事が証明されましたね
Posted by sakuradorf at 2017年09月04日 18:09
海外向けだけじゃないですね、国内でも売られているようです。
福島第一原発事故後の製造品なら、ほとんど犯罪に近いと私は思います。
Posted by ずくなし at 2017年09月04日 18:41
工場が操業していないのに出回る?
在庫品にしても5年以上たつのに、倉庫にまだあるのかな?
保管もタダではないのに?
と考えを巡らせつつ、思い当たるのは返品かな?
業務用も取り扱っていたのなら、原発事故で取引拒否でもあり、
用意していた大量の製品が行き場がなくなってまだ在庫として残っているとか?

私は赤穂の天塩を昔から良く買っていたのですが、
国内製造ではあるけれどオーストラリアの塩であるとわかりやすく
表面に記載するようになったのは原発事故後であったと思います。(以前の記憶がない)
やはり問い合わせとか、あったんじゃないかとにらんでおりますが?
Posted by モトコ at 2017年09月05日 05:39
返品を含めた在庫品の処分ではないかと思います。私は間もない頃に気付きましたが、福島第一原発事故後1年も経っていわき市産に気付いたら、やはりギャーッという人おられたのではないかと思います。
私以外にも気付いて忌避した人がいると思いたいです。
メーカーの会社はきちんとリリースを出しているからそんなに悪質とは見えないです。
塩や砂糖は消費期限ありませんし。このいわき市産の塩は安くはないです。
Posted by ずくなし at 2017年09月05日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。