被曝回避が緩んだ人のご参考になるでしょう: ずくなしの冷や水

2017年08月27日

被曝回避が緩んだ人のご参考になるでしょう

2017年08月24日
たかがキュウリ 危ないのに食べなくてはいけないかの記事に寄せられたコメントを掲載する。主婦の目は確かだ。引用開始。

ポテトサラダ・・@茹でていないのは、キュウリ、りんごorハム 
        A茹でる(蒸す?)のは、ジャガイモ、人参(汚染地のもの?)
        B調味料のマヨネーズ

私も、@〜Bの順番で怪しいのではないかと思っていました。

キュウリは、福島産などが結構売られています
りんごは産地が寒冷地なので、国産のりんごは用心していました。
ハムも怖くて食べられません。
お惣菜なら、どうしても単品で売れ残る産地のものが使われますから。

ただ、いつも思うのですが、なぜポテトサラダが原因だとわかったのでしょう?
幼児に出来合いのポテトサラダを食べさせてしまう家庭では、
暑い時期、牛乳、アイス、ジュース、果物等何でも与えてしまうのではないかと思います。

他の食べ物である可能性もあるのではないでしょうか。

給食で食中毒?があった時も、いつも他のメニュー(サンマだったり、牛乳だったり・・)の
可能性の方が高いのではないか?と思っていました。
刻み海苔なんて、食べるのはほんの少量なのに、大人も含めて1000人が食中毒って、放射能の知識がない人だったとしても、なぜ納得するのか不思議でした。
本当にそうなら、海苔が猛毒物質であるわけで、それこそ風評被害!!と抗議されそうな気がするのですが。

横浜中華街&鎌倉ツアーで嘔吐・下痢、ピザやパスタで食中毒
・・ナマモノであたってしまうという今までの食中毒の常識をくつがえす出来事だと思うのですが
、何もおかしいと思わないのでしょうか?私には、「放射能のことを知らないけどまじめな人」というカテゴリーの人の考え方が全く理解できません。

以前、テレビで鎌倉の紹介をしていた時、きのこを焼いて出してくれるお店やしらす丼のお店が出ていました。
湘南のしらすは美味しいですよ〜という感じで。
せっかく現地に行ったのだから食べましょう!ってなりますよね。

でも今時、埼玉からバスに乗って鎌倉横浜でグルメ三昧したいと思う人はまだかなり元気な人の部類だと思います。

先日、夕方横浜駅周辺を通っただけで5人の40〜50代の杖を着いた男性を見かけました。
昼間、みなとみらいでは20〜30代の車椅子の男性が昼休みコンビニにいました。
道すがらまた別の若い車椅子の男性を見かけました。

杖の次は車椅子になっていきますよね・・やはり。

・・・・・

管理人は2017/8/27外出しましたが、電車内で若い女性が車椅子を使っておられる車両に乗り合わせました。

・・・・・

上の投稿の続き

私は今日用事でまた横浜駅周辺に出かけました。
デパートでお手洗いに行き、割とすぐに出てきたら、入る時にいなかったのに通路にお客さんらしき40代くらいの女性が倒れていて、店員の若い女性が近くで交通整理?(ほとんど人がいないのに)のように立っていました。

「大丈夫ですか?」と聞くと店員さんが「大丈夫です」というのですが、倒れている人は床に完全に横になっているのに支えてあげたり、頭の下に何かしいてあげたりしようともしていなくて、
一体何が大丈夫なのかわからないし、人がまばらな通路で通路確保のように立っていなくても・・と思いましたが、他の店員さんもいたので任せて通り過ぎました。

倒れていた女性は起き上がろうとしていたのに起き上がれない・・という様子でした。

振り向けば突然人が倒れている・・そんな状況になってきたと実感しました。

また、帰り道、手足と首の後ろの皮膚が皮が剥けたような、まだらのピンク色になっている40〜50代の男性を見かけました。
半袖半ズボンなのでちょっとギョッとします。
本人も知っているはずでしょうが、原因はわかっているのでしょうか?
つれの方とお話ししながら歩いていました。

私は医学的な知識がないので、勝手な想像ですが、
何か白斑が悪化した状態に思えてなりませんでした。

白斑が悪化すると、こんな風にピンク(肉の色に近い)になるのではと思えたのです。
そしてそれがどの位か悪化すると、JCOの事故の大内さんの様に皮膚がなくなり、赤い肉の塊の様になっていくのではないかと。

それは原爆を受けた人たちが皮膚がみんな剥がれて真っ赤な肉になってしまったのと同じなのではないか?

皮膚の状態が悪くなっていくのは(他の被曝症状もそうでしょうが)かなり深刻なことなのではないかと、思えたのです。
どなたか医学的な知識をお持ちの方のご意見が頂ければ幸いです。
posted by ZUKUNASHI at 23:51| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
JCO臨界事故の大内さん・篠原さんの被爆は『至近距離で中性子線を浴びた』
『篠原理人さん、推定6〜10シーベルの被ばく』
『高線量被曝による染色体破壊により、新しい細胞が生成できない状態となる。』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E6%9D%91JCO%E8%87%A8%E7%95%8C%E4%BA%8B%E6%95%85
https://matome.naver.jp/odai/2135044778008890201

それにたいして、東北・関東の民は低線量の被爆になると思われます。

チェルノブイリの子供たちも白斑症になった子が居たそうです。

私の知人が横浜在住で、2011年は 白斑症で、首とお顔がまだらでした。
15年に会った時はさらに白斑が進み、ほぼ全身が白い肌になり、
白人のようなお肌でした。
その知人のブログを拝見すると、リゾートで南国の離島的な所に行き
海で遊んでいたら、白斑部分も油断して日焼けをしてしまい
真っ赤になって痛くて大変だったと書いてあり
白斑部分は、太陽光にかなり弱いと思われます。
その後は日数はかかったけど、炎症は治まり、白人のようなお肌に戻ったと。

色素が白く抜け斑点になる尋常性白斑、日焼けを避けて
http://kenko100.jp/articles/140903003116/#gsc.tab=0

上記のコメントの人が見かけた白斑の人も、油断して日焼けをしてしまい
白斑部分が日焼けによる炎症を起こしているのだろうと思います。
まあ、男性は夏で暑いから、半袖・半ズボンになるだろうと思いますし
白斑症も原因不明と言われてますので、気にしてないのでしょう。

Posted by ふくよかビーナス at 2017年08月29日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。