高須クリニック院長発言を巡る動き: ずくなしの冷や水

2017年09月01日

高須クリニック院長発言を巡る動き

※ 高須克弥@katsuyatakasu氏の2013/12/13のツイート
"@mainichijpnews: ヒトラー・わが闘争:生存者に配慮 バイエルンで出版中止 http://bit.ly/IHWlTg "日本にはマッカーサーがくれた世界に誇る日本国憲法がある。出版の自由が保証されている。堂々とナチス本も出版できる。めでたいことだ。♪盟友ナチス♪
7:52 - 2013年12月13日

※ 高須克弥@katsuyatakasu 氏の2015/10/19のツイート
南京もアウシュビッツも捏造だと思う。 https://twitter.com/harupuu/status/654929221630824448
13:09 - 2015年10月19日

※ 高須克弥@katsuyatakasu氏の2017/8/22のツイート
日本人である僕はナチスのアーリア人至上主義にはついていけない。日本人もユダヤ人も劣等ではないと思う。
しかしアーリア人の科学技術は最高。評価する。
それを必死に学んだユダヤ人。ナチスの悪口言いながらそっくりになってパレスチナ人迫害してる。 https://twitter.com/DAIMONMONKU/status/899693950436384768
6:09 - 2017年8月22日 ・ Nisshin-shi, Aichi

※ 木野寿紀‏ @Kino_Eesti 氏の2017/8/19のツイート
高須院長の問題ツイートのいくつかを英訳してみましたが、海外の読者の方には
「ナチス!高須クリニックがスポンサードしているTV番組・スポーツ選手」
なんかのリストも加えてあげたほうが親切かな〜、なーんて。
エストニア共和国より愛をこめて 20170819
Dr. Katsuya Takasu's remarks regarding Nazi and Holocaust

2017/8/21


※ 有田芳生@aritayoshifu氏の2017/8/22のツイート
日本の弁護士さんたちも(お願いはしていないのですが)臨戦態勢ですし、世界ではイギリス、フランス、ドイツ、ポルトガル、ポーランド、アメリカ、南アフリカなどなど、ぜひともアウシュビッツ(および南京事件)裁判をやろうと声がかかっています。それだけすでに知られたのでしょう。 https://twitter.com/sangituyama/status/899974530843660290
21:53 - 2017年8月22日

※  シュナムル‏ @chounamoul 氏の2017/8/22のツイート
ナチス賛美院長、さすがにもう誰が見ても言ってることおかしいのに、周りには追従者ばかりでパートナーや息子含めて誰一人止められる人間がいないんだな。寂しい爺さんだ。

※  こなみひでお‏ @konamih 氏の2017/8/23のツイート
高須に限らず社会常識がないまま金や地位を手に入れた人間が,極右の主張にあっさり同調してプロパガンダに手を貸す状況が最近目立っているのではないか。先日は若い指揮者の口からその種の発言出てきて驚いて忠告した。あんたが海外に出たら,その言葉を言った事実だけで音楽界から放逐されるぞと。

※ 有田芳生@aritayoshifu氏の2017/8/23のツイート
【速報】アメリカの人権保護団体(サイモンウィゼンソールセンター)が、高須克弥氏のナチ擁護発言を理由にアメリカ整形外科医学会からの追放(会員剥奪)を要求(呼びかけ)しました。今朝リリースされたのでのちほどここに掲載されます。http://www.facebook.com/simonwiesenthalcenter
9:50 - 2017年8月23日

※ 共同2017/8/24 12:35
高須クリニックに爆破予告 不審物見つからず
 東京都港区の美容外科「高須クリニック」東京院を爆破するという内容のメールが23日に警視庁に届いていたことが24日、同庁赤坂署への取材で分かった。同署が23日午後、施設内を調べたが、不審物は見つからなかった。
 赤坂署は悪質ないたずらの可能性があるとみて、メールの送信者などを調べている。

※ 

boさんの翻訳が難しいです。よく分かりません。「日本の反ゆだや主義とホロコースト否定の歴史修正主義(美容整形手術)に挑戦するゆだや」かな?

※ 




A Popular Japanese Cosmetic Surgeon Is Called Out for Admiring Nazism
A prominent Japanese cosmetic surgeon has earned the condemnation of the Simon Wiesenthal Center, a US-based Jewish human rights organization, after a blogger translated a series of his pro-Nazi tweets into English.

Dr. Takasu Katsuya has apparently been tweeting his admiration for the Nazis in Japanese since at least 2015. Despite this, he remains a popular, if controversial media presence in Japan, regularly appearing on prime television programs and wildly popular commercials for his business.

Reportedly a billionaire, Takasu, 72, has gained renown in Japan and throughout the world for his innovative approach to cosmetic surgery. After opening his first cosmetic surgery practice in 1976, he steadily grew a chain of clinics across Japan, while introducing liposuction to the country and patenting new techniques such as pubic hair transplants and armpit gland treatments. Takasu is a member of several prominent Japanese medical associations, as well as the American Academy of Cosmetic Surgery.

Takasu is also known for making outrageous statements, as well as for his public feuds. In late August 2017, Takasu's decision to take Onishi Kensuke, a member of Japan's opposition Democratic Party, to court for defamation made headlines.

※  高須克弥‏認証済みアカウント @katsuyatakasu氏の2017/8/31のツイート
ホロコーストならソ連や中共のほうが規模が大きいし、人道に反する罪なら原爆投下はアウシュビッツの比ではありません。
日本人は原爆を落とされて反省してます。
ユダヤの方々は反省したことがないのでしょうか?
一度もユダヤ人を迫害したことのない日本の愛国者を何故迫害するのですか?

・・・以下は管理人の解説・・・

注目点は、どこまで国際的に波紋が広がるかです。

ナチス時代の歴史的事実については、なお議論があります。

ナチスの「悪」は基本的に認められている。その中で「ホロコースト」の存在がコアの論点でその存在が否定されると、ナチスの「悪」の度合いが揺らいでしまうという関係があります。

2016/4、英国のリビングストーンは、「ヒトラーはシオニズムを支持した」と発言して労働党の党員資格停止を受けましたが、この発言は史実に基づくものであることが認められています。

それでも、リビングストーンに対する圧力は極めて強いものがありました。とにかく、ユダヤ問題については、今国際的に「正しいとされている」ことと異なる発言をすると、大きな波紋を呼びます。それが正しいかどうかの議論以前にです。

高須クリニック院長のツイートには、「♪盟友ナチス♪」、「南京もアウシュビッツも捏造だと思う。」などの発言があり、コアの問題にも触れています。

加えて、「それを必死に学んだユダヤ人。ナチスの悪口言いながらそっくりになってパレスチナ人迫害してる。」とアンチセミティズム、反ユダヤ主義と受け取られる可能性の高い発言もしています。

高須クリニック院長が、日本でどれだけ社会的な影響力のある方なのか、ブログ管理人には分かりません。右翼には人気と影響力のある方のようですから、その影響を懸念した人々がたしなめたのにそれを聞き入れなかったから、騒ぎが広がっているというのが現状でしょうか。

本件を巡るやりとり、意味がとりにくくなっています。

参考
マルコポーロ事件
1995年2月に日本の文藝春秋が発行していた雑誌『マルコポーロ』が、内科医西岡昌紀が寄稿したホロコーストを否定する内容の記事を掲載したことに対して、アメリカのユダヤ人団体サイモン・ウィーゼンタール・センターなどからの抗議を受けて同誌を自主廃刊したこと、及び当時の社長や編集長が辞任解任されたことを言う。



2016年09月09日
イスラエル批判と反ユダヤ主義

折りしもこんな報道がありました。
RT2017/8/24
‘Jews v Nazis’ beer pong gets Georgia student expelled
One student has been expelled and five others suspended after pictures emerged online of pupils from a Georgia school playing a ‘Jews versus Nazis’-themed game of beer pong.

The group from the Lovett School, a prestigious co-educational school in north Atlanta, was pictured playing the drinking game at a party using cups set up in the shape of the Nazi swastika and the Jewish Star of David.

Rabbi Peter Berg alerted the school’s headmaster to the image after seeing it posted on the social media platform Snapchat.


beer pongというのは、卓球台に飲み物のコップを並べてピンポン球が入ったら飲み物を飲むというゲームのようです。
posted by ZUKUNASHI at 11:26| Comment(1) | 社会・経済
この記事へのコメント
20世紀ナチズムの地獄のホロコーストを超越したのは、21世紀日本の放射能ホロコーストです。私は、糖尿病と喘息と不整脈で苦しんでます。
Posted by 西 亨 at 2017年08月27日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。