米国はアフガニスタンを捨てられない: ずくなしの冷や水

2017年08月25日

米国はアフガニスタンを捨てられない

米国のアフガニスタン政策は変わりなく、むしろ兵士を増派することになりました。

トランプの決定は、選挙前の発言とまったく逆だとの驚きの声が出ていますが、米国国防総省や米国の戦争推進派がアフガニスタンからの撤兵を受け入れるはずはないとも見られます。

一番大きな理由は、アフガニスタンの地政学的な意味です。中国とイランが中央アジアに対して経済協力で攻勢をかけています。この地域で中国、イラン、ロシアの影響力が強まれば、米国の影響力はさらに後退します。



米国は、中東地域諸国の中で技術・資源面で群を抜くイランが影響力を高めることを強く警戒しています。軍事的にもイランは強硬姿勢を示しており、ペルシャ湾では緊張が高まっています。

米国は、イラクに軍隊を駐留させる意向を示していますが、イラク国内の米軍不信は強く、ISIS掃討作戦の終了後米軍がイラクに軍隊を置けるかは微妙な面もあります。

中央アジアでは、米軍の駐留などに慎重な姿勢が強まっています。
2017年07月24日
キルギス大統領 米軍基地はキルギスの安全保障に脅威となっていた

中国やロシアと米国を天秤に掛けて、どこからのメリットが最も大きいかを見定めようとしていたわけですが、経済的には近隣諸国との関係強化が持続的な自立には最も重要であることを悟り始めました。

中東、アフリカ北部の国は、国際政治の面ではロシアのほうが米国よりも格段に頼りになると考え始めています。イラクは副大統領がモスクワを訪問、リビアの軍リーダーも、最近ではエジプト外相と、ラブロフを訪ねる各国要人が続いています。

米国のBrian Beckerは、RTに対し、"The Pentagon doesn’t want to end the war. They are perfectly happy with the stalemate as it is. It is a cash cow for the Pentagon and for the US contractors"と述べています。国防総省とその請負業者にとってアフガンは現金を生み出す牛だというのです。

これはそのとおりでしょう。そしてトランプが攻撃したパキスタンはアフガン政策失敗のスケープゴートだとされています。パキスタンもロシアに接近していると。

次は、リビアのKhalifa Haftarとラブロフとの会談風景です。国際的に大変強い関心を集めていて、冒頭発言の取材だけのはずですが、多くのプレスがいます。


以下は、管理人の個人的な見解ですのでご注意ください。

管理人は、他国を攻撃する手段としてテロリストを使う方法を活用してきた米国にとってこの手法を引き続き使うつもりなら、テロリスト集団の維持・養成の場としてアフガニスタンしかなくなってきているのではないかと見ています。

ISISのテロリストがリビアに拠点を移す動きがありましたが、リビアでもISISに対する掃討活動が強まっています。Khalifa Haftarとラブロフとの会談ではリビアへの武器輸出禁止の国際取り決めを解除して欲しいとのリビア側の要望が伝えられたようですが、その理由はテロリストと戦うためとされています。

リビアがだめ、イラク、シリアからはテロリストが殲滅される日が近いとなると、テロリストをどこかに移さなければなりません。放置すれば、欧州、米国を含めどこに流れていくか分かりません。

米国は、自国内でなければどこでテロが起きようと痛痒を感じないというのが本音でしょうが、欧州はさらに治安が悪化することは避けたいでしょう。米国と欧州との間で距離が広がる要因を抑制する、少なくともその要因を抑制する策は講じたということになるのかもしれません。

カルザイは、米軍進攻の手引きをしたと管理人は考えています。

2016年08月05日
カルザイの発言はどこまで真意

2016年04月27日
アフガンのカルザイが米国の反テロ姿勢に疑問を呈す

今回の米国の決定にカルザイなどはどう反応するでしょう。アフガニスタンでは、米国の進攻後ケシの栽培が急増しています。カルザイの一族は麻薬の取引に関係が深いとされています。

FARSNEWS2017/8/24
Afghan Ex-President Karzai Opposes New US Strategy for Afghanistan
TEHRAN (FNA)- The former Afghan President Hamid Karzai said he strongly opposes the new strategy of the United States for Afghanistan and Central Asia.
The former President in a statement said “I very strongly oppose the new US strategy towards Afghanistan as it is against peace and the national interest of Afghanistan”, Al Waght reported.
Karzai further added “The strategy excludes bringing peace and prosperity to Afghanistan and is focused on more war and rivalry in the region. US must seek peace and stability in Afghanistan rather than extending conflict and bloodshed in Afghanistan and the region.”

本当に反対するのなら、もっと早く、強くやらなければ。形だけのように見える。
posted by ZUKUNASHI at 15:27| Comment(3) | 国際・政治
この記事へのコメント
2013年のトランプのツイートです;

Let’s get out of Afghanistan. Our troops are being killed by the Afghanis we train and we waste billions there. Nonsense! Rebuild the USA.

President Trump,あなたは以前,このような「正しい」事を言っていました。目を覚ましてください!
Posted by デスラー at 2017年08月24日 22:58
西さん、私もそう思うのですが、ボス猿は自分の引き際を知っています。引き際が丸で分からない日本のボス猿は猿以下だと思います。病院などに逃がさず、必ず牢屋に、それも籠池夫婦を出したその空き部屋にほりこまないといけません。かたや不正受給の5千万を全部返金したのに対し、このボス猿の横領、強奪、キックバックは一体何十億あるのか何百億あるのか分からず、それらをすべてフトコロに入れたままなのですから。
Posted by よんた at 2017年08月25日 21:47
よんたさん、新しい国家の放射能大日本帝国をつくる資金にするのでしよう。
Posted by 西 亨 at 2017年08月25日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。