福島第一原発からこのように吹き上げれば、650kmも数時間で飛びます: ずくなしの冷や水

2017年08月04日

福島第一原発からこのように吹き上げれば、650kmも数時間で飛びます

今回のSPMの分析結果の説明にもってこいの画像があることに気付きました。

次は、2012/2/21午後東京近郊で見た雲です。管理人の推定では東京都心、おそらくは夢の島の焼却場の上空と思しき辺りから突然雲が発して東北の方向に流れています。

雲の発生地点に電柱の先端があって邪魔ですが、これは後で必要となった場合に雲の発生地点の場所、高さを計算するためにわざとそのようにしています。

この日は寒い日でしたが、天気は良かったのです。南西方向の空

北東方向の空


夢の島の焼却場の煙突の煙がいつもこんなに目立つことはありません。何か修理をした後なのか何かの原因で、排気に水蒸気が多量に含まれていたのでしょう。

私の目の位置が1.5m、電柱の高さが12.5m、私の位置と電柱との距離が30m、夢の島の焼却場煙突まで5500mだとしますと、この雲の発生地点は高度約2000メートルです。夢の島の焼却場煙突の高さは150mですから排気は1850mはそのまま上昇し、地上約2000mで冷たい気流にぶつかり、雲になっているわけです。

この日地上では風はほとんどありませんでした。そのため私の印象がとても強く、カメラに収めたのです。

福島第一原発から放出される気体も同じで高温です。ですからそれは地表近くの風向きにはあまり影響されずに上昇気流となり上空1000m、2000mの気流に乗っています。

それゆえに南北海道まで4時間足らずで到達し、北アルプスの隙間を見つけて日本海側に出ていたということなのでしょう。

2017/8/4の読者のコメントに「今まで、全国のカナリアさんたちが同じような時に一斉に体調の変化を言い出すのが謎でしたが、これで説明がつくような気がします。
風向きよりも優先されることは何なのでしょうね?」とあります。

拡散の何よりも大きな決定要因は、上空の気流です。空の雲を眺めていると低い雲は左に流れているのに、高い雲は右に流れているという現象がしばしば観察されます。大気の移動は極めて複雑で気象観測でも高層の気象変動要因をつかむことは大変困難です。レーダーやゾンデ、衛星画像を使っても高度1万メートルまで、高さに応じた大気の気象の状態を把握することは困難です。

それゆえ、飛行機がエアーポケットにはまって乗客が天井にぶち当たり怪我しているのです。
posted by ZUKUNASHI at 21:09| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。

確か、赤旗新聞には、普通の天気図と高層天気図の2種類が載っていました。
昔の記憶なので、今はどうかわかりませんが、新聞なので、2011年当時の閲覧も可能だと思います。spm分析に疑いはありませんが、より裏付けられるものがあるかもですね。
Posted by Calia at 2017年08月07日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。