原発事故があったら避難しきれるものでないことを彼らは知っている: ずくなしの冷や水

2017年08月02日

原発事故があったら避難しきれるものでないことを彼らは知っている

原発事故があったら何十万人、何百万人という人が避難しきれるものでないことを原発推進者は知っていますね。

SPMの分析でいろいろなことが分かりました。SPMはそれ自体が放射能を帯びているとは限りません。ですが、福島第一原発事故後各地で異常なSPM濃度の上昇が観測されています。中には、SPM濃度の観測値を隠した県もあります。

隠蔽しているというそのこと自体が、原発事故があるとSPM濃度が上がるという因果関係の何よりの証拠です。

さて、次は東海から北陸地方にかけての6県の2011/3/12から3/31までのSPM濃度の変化です。SPM濃度と空間線量率は連動しません。浮遊粒子状物質に放射性のものが含まれていることもあればないこともあるからです。


それでも、SPM濃度が参考になるのは、できたてホヤホヤの核反応生成物も原子炉から漏れ出したら、SPM 浮遊粒子状物質と同じように大気中を飛ぶと考えられるからです。

あるところにある時刻に飛んできた浮遊粒子状物質にたまたま放射能がなかったかもしれませんが、浮遊粒子状物質濃度のピークと前後して空間線量率が上がる例は多数見られます。

管理人は、北陸の空間線量率や土壌調査のデータが乏しいので北陸にも放射性物質が飛んできているはずだと推測しつつも、その根拠をとらえられませんでした。

ですが、SPM濃度の変化が分かれば、原発から放出された微粒子が大気中をどう飛んだかを知ることができます。その微粒子が放射能を帯びていようといまいと同じです。

上の図は、2011/3/12から3/31までの大気汚染観測ステーションごとの日平均のSPM濃度を計算し、それを県単位で平均したものです。

驚きのひとつは、関東に強力なプルームが吹き込んだ2011/3/15の午前から北陸でもほとんど時を同じくしてSPM濃度が上がっています。


冒頭の図で見てみると、2011/3/15の日平均SPM濃度は、岐阜、福井、石川、富山の順で高くなっており、プルームが東海から岐阜を経由して北陸に流入したことが分かります。

2011/3/20は、富山、長野、石川、岐阜の順ですから新潟、長野から流れ込んだか、あるいは上空から一斉に降下した可能性が強いことになります。

さらに2011/3/30は、福井、石川の順で差が少ないことから、この時には広域に渡って上空から降下したと見られます。この3月末は西日本の多くで、宮古島に至るまでSPM濃度が上がっています。

原発事故があると原子炉から放出された微粒子はこんなふうに飛ぶのです。そんな中で避難すればよいと?

そんなタワゴトを真に受けていたらトコトン被曝します。

原発事故が起きてからの避難など実際は無理なのです。川内原発は新幹線で避難する?! 東海第二原発では全員避難に数日かかる!

SPMの分析で管理人はSPEEDIの予測も当てにならないと考えるに至りました。そもそもWSPEEDIでも予測範囲は限定的です。広域の拡散、移動を予測する技術は確立されていません。

原発の近くに住むことは、原発に命を預けることなのです。原発事故の情報も示されない、避難は無理、プルームはどこにどう飛んでくるか見当もつかないのです。

福島第一原発事故はまだ西風の強い時期におきました。それでも2011/3/15の午前から北陸で顕著なSPM濃度の上昇が見られるのです。

このことははっきりと頭に刻んでおきましょう。2011/3/15に急いで避難した方の中にも被曝症状が出ていることは大変残念なことですが、SPM濃度の分析を進めてきた結果から言うと、原発事故が起きてからの避難は無理であり、リスクが大きいのです。
posted by ZUKUNASHI at 14:09| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
結局、原発を作られてしまった時点で、羽交い締めにされて身動きとれない状況を多くの人の人生に嵌め込まれてしまった、ということでしょうか。宮古島にまでプルームが事故後、マッハで飛んできていたと知り、驚いています。原発事故が起きたか起きてないかも今後は知らされませんから、原発が近くにある人たちは、アナログの伝聞情報、自分で観た情報などを頼りに事故の事実を知り、自宅にテープを貼りまくって籠城するしかない、ということになりますね。アベに天誅!って人、現れないもんですかね。これは微妙に共謀罪にひっかからない表現ではありますが、ハテ。
Posted by よんた at 2017年08月02日 22:23
おっしゃる通り、アベをクビに出来たとしても何も変わりません。アベを引きずり下ろしても、所詮アソウやイシバでは鼻くそにもなりません。自公をオシャカにしない限り、日本の未来は無いでしょう。いや、植民地日本のハンドラーであるアメリカ、ユダヤの組織をガタガタにするくらいのことがないと。って言ってもそんな力は日本のクニにも日本の一般市民にもありません。根こそぎ元からやられっぱなしなわけで。一応、1億、人口があることになってますから、これら全員で何かしらの特攻作戦、皆で小型核兵器持ってハンドラーに特攻かける、というようなことでも出来ない限り、無理でしょう。もっともそれをした所で、地球全滅になってオシマイですが。
Posted by よんた at 2017年08月03日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。