とうとう始まったな どこでより早く強く顕在化しているのかな: ずくなしの冷や水

2017年12月23日

とうとう始まったな どこでより早く強く顕在化しているのかな

厚生労働省全国人口動態統計速報による出生死亡比率の変化度合いの測定
2009/1から209/12の平均を基準として2016/11から2017/10の平均を指数化


出生死亡比率=出生数÷死亡数だから、この比率の低下が大きいほど新生児が減り死亡者が増えている度合いが強いことになる。

2017/9時点



次は、上と同様な作成手法だが、基準時点が少し違う。2009/1から2010/12の平均。2017/8現在の指数。赤は0.75未満、紫色が0.775未満、水色が0.80未満。


2017/7現在

神奈川と千葉が悪い。



SPM分析で福島第一原発事故による健康被害を東日本に限定して考察することは不適当なことが分かった。

岐阜が低いが岐阜のSPM濃度は高かった。岐阜産野菜に黄色信号。東海は全般的に要注意。

時間の経過とともに先行的に出生数が減少してきている。このため人口の年齢構成で若い人の多い地域、これまで人口の再生産を主に担ってきた地域での出生死亡比率の低下度合いが激しい。

群馬、埼玉、千葉、神奈川の2011/3/12から3/31の日平均SPM濃度を比較すると、次のようになる。

千葉のSPM濃度は、埼玉とほぼ同じだが人口の指数が劣っているのは濃厚汚染が生じた地域があるためと見られる。

神奈川は、3/15、3/16、3/26以降のSPM濃度が他よりかなり高くなっている。神奈川では、急死、甲状腺異常の事例が多く、埼玉、千葉で難病発症の事例が聞かれる。

(初出 2017/9/29 10/24、12/22追記)
posted by ZUKUNASHI at 10:46| Comment(9) | 福島原発事故
この記事へのコメント
九州中部が悪いのは産廃問題が影響しているのではないでしょうか?

宮崎県での産廃問題
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4135.html

詳細は知りませんし、因果関係も私には定かに分かりませんが、関連があるのではないでしょうか? 科学的知見のある方には解析可能かも。


Posted by よんた at 2017年08月11日 20:47
ええ私も感じました。宮崎では最近公害に苦情を言った主婦が逆に脅されるという事件が起きています。
1000回四股踏み、すごいですが、高齢者向けに何かありませんか?
Posted by ずくなし at 2017年08月11日 21:23
現在、健康教室で50代、60代、70代の方に色々な体操やヨガ、太極拳の型などをやってもらってますが、その中でスワイショウ運動を必ず10分してもらってます。簡単に言うと腕振り運動ですが、どこでも誰でも気軽に行うことができます。私のブログのカテゴリ欄にある動画の項目で入れている動画に参考となるものがあります。その動画は、体の振動だけで腕は振れてしまう、ということを示したものです。ただ、この動画のように振れている腕を止まって静止させてまた振れるようにする、といったことをしないで、ただただ腕を前後に振り続けるということをしていただければ、前後スワイショウの運動になります。

体の振動で腕が振れるというのが理想ですが、最初はただただ腕を前後に振り続けるという理解で結構です。ついつい力が入り、ぎこちなくなることもありますが構いません。ともかく腕を振り続けているとだんだんと脱力の状態で腕が振れる、という状況が出てきます。でも、10回や20回ではだめなんです。せめて300回くらいしていただきたい所です。10分とかかりません。でも結構長く感じられると思います。

この前後スワイショウ、大変深い味があります。最初は分かりませんが、けっこうなカロリー消費にもなり、体幹も鍛えられ、こけにくくバランスの良い体が手に入ります。私の生徒さんで、「これ散歩するより安全だし、テレビ観ながらでもできるし、分かってみればとても楽しい」と言って、毎日必ず10分されてます。観ていて分かりますが、どんどん若返っていっておられます。是非皆さんにもお奨めしたいですね。本当に誰でもできます。奥も深いです。以下がその動画です。再度付記しますが、この動画の動きを無視して、ただただ両手を前後に振り続けてください。毎日300回!

前後スワイショウの参考動画
http://hand22.blog.fc2.com/blog-entry-711.html

*私のブログのカテゴリ欄にある動画の内容には、大変マニアックなものも多く含まれてます。本当は健康教室促進のブログなら、健康体操だけ載せるべきなのですが、そうなってません。混乱されると申し訳ないので、他はご覧にならない方が良いと思います。
Posted by よんた at 2017年08月12日 08:40
これならできます。やつてみます。
Posted by ずくなし at 2017年08月12日 08:53
こちらのバンクーバーで外出して感じることですが、5−6年前より変な人が増えているような気がします。

食べ物、他の影響もあるかもしれません。とにかく、カルフォルニア産の果物や野菜が多いです。
オーガニックのお店でみた ビーツは地元産より3−4倍大きく、桃も大つぶになりxxxの影響を疑ってしまいました。 ずくなしさんより 以前ア購入アドバイスをいただいたので参考にしています。有難うございました。
また、スワイショの運動をダンベル運動に加えてみます。
Posted by ショコラ at 2017年09月30日 01:25
今年の日本の人口は、40万人以上減少します。5年以内に1年で60万人以上減るでしょう。毎年鳥取県の人口が56万人ですから、鳥取県がなくなるくらい減ります。人がいなくなる社会に、将来はありません。税金で食べている政治家と役人は対策をおこなわないで、無視しています。これも被爆が、原因です。死を待つ死刑囚みたいですね。面白いですね日本は。それに日本の葬式が、変わつてきました。12万円でできる犬や猫と同じ直葬システムがたいへんはやつてきました。日本人は、直葬がむいていますね。
Posted by 西 亨 at 2017年12月23日 20:07
明らかに日本人の人口は減りすぎですね。
普通の人はたまたま少子高齢の影響で人口が減少する時期に2011年が重なっただけと考えてるようですが。
ちなみに実際の日本人の減少数は総務省の統計ですと
平成22年 8万2千人
平成23年 17万2千人
平成24年 18万7千人
平成25年 22万人
平成26年 24万1千人
平成27年 24万3千人
平成28年 29万9千人
平成29年 35万2千人
の減少で、加速度的に減少数がふえてるのですが、”普通の日本人”は福島の事故は全く関係ないと思ってるみたいですね。
となると政府の失政の結果なのですけどそのほうがよほどやばいはずなのにそちらに対してもなんとも思っていないようで。
被爆の影響が目に見えて増えるのは10年後だそうなので2021年以降は日本人が100万人以上毎年減っていってもおかしくないでしょう。
それでも自分が明確に痛い目に合わない限り日本人は政府を信じ続けるのでしょうね。
Posted by 水源 at 2017年12月24日 01:55
ご指摘の通りだと思います。福島の事故は全く関係ないと思ってる”普通の日本人”は滅びる運命にあります。
Posted by ずくなし at 2017年12月24日 02:02
私のような”ちょっと普通でない日本市民”の方が生き残る確率が高そうですね。でも死ぬ要因には多様性がありますから、油断できません。忍術の目くらましなり、遁術なりが必要なのですが・・・そういう方面の才能は私にはないですね。勉強しようかな。
Posted by よんた at 2017年12月24日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。