初めてこのブログを読む方へ: ずくなしの冷や水

2018年11月15日

初めてこのブログを読む方へ

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
このブログの管理人は、自民党政権の言論抑圧、縁故利益供与政治に強く反対しています。多くの人の反対にもかかわらず共謀罪創設は議会のルールを踏みにじって成立しました。
 
日本は三流国です。これからもっとひどくなります。政府に反対の言論を展開して逮捕されたくない方は、このブログにコメントを書き込むことはもちろんのこと、閲覧もお止めになることをお勧めします。

このブログは、言論抑圧、縁故利益供与、軍国化政治に反対し続けます。

個人がネットで何を見て、どんな情報を発信しているかは、海外では情報当局が容易に把握しうる仕組みになっていることは知られています。


このブログは、この7年半、放射能問題に特化して情報を集め整理記録してきました。信頼できる情報の提供や投稿も増え、多くの方の協力で運営されてきました。

筆者は、このブログ読者からの経済的支援以外にはどこからも経済的利益の供与を受けておらず、政治的にあるいは文化的にどこかのグループに属していることもありません。

福島第一原発事故が筆者にとっては2回目の原発事故、被曝要因になります。1回目には情報もなく家族の身を守るために大変苦労しました。

健康被害の増大に伴って警告を主体に記事を書いてきましたが、2017/7は親しい友人の社会的に高い地位の友人が肺がんを発症し脳に転移して放射線治療を受けていることが判明しましたし、知人友人から深刻な健康被害の実例を立て続けに知らされました。すでに被曝回避を呼びかける段階は終わったと悟りました。日本人は権力や権威に対してとても従順で命を差し出すことも厭いません。

被曝から自分の家族の健康や命を守ろうとする場合には、過去に書いた記事は今でも有用と考えていますので、残してあります。意味が薄れたものは、おいおい整理していきます。



このブログまたは付随のホームページに掲載された内容に著作権者の立場からご異議のある方は、お手数ですがコメント欄からお知らせください。直ちに対処します。

特薦記事
2018年09月24日
年配者へ電子メール使用の勧め ショートメール これまでのまとめ

2018年05月10日
日本の学校の秘密

2018年03月09日
幼い子どもの親達がこんなに死んでいるのに 日本のおやじ達はまだ分からないのか

2016年08月01日
おやじが次々死んでいく怖すぎる現実

2014年07月01日
「最近死んでる 放射能のせい?」「被ばくと突然死は関係あるの?」「今年は人がたくさん死ぬの?」

現在の時刻


posted by ZUKUNASHI at 18:41| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
関東から、福岡へ移住したものです。

牛乳は拒絶反応があるため、飲ませない
ように言ってるにも関わらず、ガッコーの
バカ教師は、飲ませようとしています。

そのため、本日、検察庁へ犯罪事実を
直接電話しました。

幼児虐待の罪で。

そしたら、検察庁の職員も、グダグダ屁理屈言ってたけど、私程度の人間で反撃できたよ。

官僚のくせして、言い訳出来ないって
頭悪すぎ。

言い訳が上手いのが官僚じゃないのかね?

なーんか、狂ってないかね?

Posted by 移住 at 2018年04月15日 00:20
お気持ちは分かりますが、担当の教員がダメなら校長に面会して拒絶反応があることを伝え飲ませないように申し入れることはなさいましたか。
それでもだめなら教育委員会に苦情を申し立てることです。アレルギーがあるからというと、牛乳飲用を強いられないと聞きます。ショック症状で万一のことがあったら責任取れるのかと迫るのが検察庁に電話するより先にやるべき対処ではないでしょうか。
そして、交渉の経過を詳しく記録しておきましょう。先方に音声録音させてもらうと断って録音する手もあります。ボイスレコーダーは安価になっています。
保護者から申し入れがあったのにそれを無視して何かあれば学校の手落ちになります。しかもその経過を記録されていると知れば、無視し続けることはできないはずですが。
教育委員会に話しても解決しなければ、市長に手紙を書くこともやってください。そして返事がなければ電話をかけて督促しましょう。
医師の診断が得られれば、客観的な決定的な理由になりますからそれが得られるかも当たってみたほうが良くはないでしょうか。
冷静に理屈で粘り強く交渉するのが、解決の早道だと考えます。
Posted by ずくなし at 2018年04月15日 00:36
ツィッターから来ました。
高校生の子供の修学旅行先が福島県になり、心配と憤りを感じていますが、子供の心情や立場を思うと反対できなかった。。。
チェルノブイリの教訓を何ひとつ学んでいない国 日本、真実を知りたい。
なかった事になっている空気が怖い。
Posted by ネギ at 2018年07月28日 12:35
熱中症のように原因が明らかな問題でも、
「この暑さはオリンピック開催までになれるのに好都合」と
大会責任者がのたまう国です。
原発事故など因果関係が不明瞭な健康被害に配慮するような
文明国ではありません。
修学旅行、ボランティア、オリンピック…
汚染地帯へ踏み込むよう巻き込むイベントは無くならないでしょう。
哀しいことですが…
Posted by 諦観 at 2018年07月28日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。