西側諸国の男性のタネが40年前に比べて半分に薄まった: ずくなしの冷や水

2017年07月27日

西側諸国の男性のタネが40年前に比べて半分に薄まった

Humanity at risk as sperm levels among Western men plummet to record low

Chemicals, diet, stress, and lifestyle choices have caused the sperm levels of Western men to plummet to less than 50 percent of what they were four decades ago, a new study has found.

The research found that sperm in the ejaculate of men from Europe, North America, Australia, and New Zealand fell by 1.4 percent every year between 1973 2011, leading to an overall drop of just over 52 percent.

“The results are quite shocking,” said study co-author Hagai Levine, an epidemiologist from the Hebrew University of Jerusalem, according to Reuters. He called the results an "urgent wake-up call."

Levine added that while fertility treatments such as IVF can sometimes offer solutions to the procreating problem, little is being done to address the root of the issue - an overall general decline in men's health.

Poor sperm counts have also been associated with testicular cancer, increased male mortality rates, children born with one or both testicles missing, and the onset of male puberty, according to the researchers.

"Eventually we may have a problem, and with reproduction in general, and it may be the extinction of the human species,” Levine told the BBC.

Environmental influences, heat, lifestyle factors, diet, stress, smoking, and obesity - both prenatally and in adult life - have all been “plausibly associated” with the decline, according to the study.

“Therefore, sperm count may sensitively reflect the impacts of the modern environment on male health throughout the life course,” the paper reads.

In particular, the paper notes, chemical exposures or maternal smoking “during critical windows of male reproductive development may play a role in prenatal life, while lifestyle changes and exposure to pesticides may play a role in adult life.”

Published in the medical journal Human Reproduction Update, the “rigorous and comprehensive” research analyzed data from 185 studies. Researchers from Israel, Denmark, the US, Brazil, and Spain took part in the study.

The trend has not been recorded among men in Africa, Asia, or South America, though the authors concede that fewer studies have been carried out in those regions.

The study’s authors have called for urgent work to narrow down the causes for the decline in sperm levels among Western men.

“This definitive study shows, for the first time, that this decline is strong and continuing,” said one of the study’s authors, Professor Shanna Swan of the Icahn School of Medicine at Mount Sinai.

関連記事
2016年11月17日
イスラエルでは男性の精子数減少でいずれ民族消滅だそうだ 日本も同じ?
コメント欄の愚民礼賛さんの情報も参考になる。
posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(3) | 国際・政治
この記事へのコメント
おはようございます。
記事にも名前が出てきますがデンマークの男性の精子数が特に少ないと聞いたことがあります。
http://www.geocities.co.jp/wcitizen21/gomi-kankyou/000514denmarkseisigen.htm

放射性物質が常に身近にあるようになった日本とアメリカが強くてカッコいい、と刷り込まれアメリカ人のようにファーストフードとコーラを愛好する日本人がどうなるかはわかりません。http://gigazine.net/news/20100402_cola_lower_sperm_count/


デンマークには世界最大の商用精子バンクがあるようです。
https://mamanoko.jp/articles/19762
ところで放射線に曝されると女の子が増えるようですし、ずくなしさんが書かれた中にも男性の生殖器と放射能に影響に関して男性の元気がなくなるという記事があったと思います。
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/486.html日本にもゆくゆくは精子バンクが必要とされるかもしれませんが特に女性やお年寄りや子供社会的弱者を思い遣る気がない日本、そして今日も放射性物質を垂れ流す原発事故が解決しない限り先がない、と改めて暗澹たる気持ちを抱きます。
Posted by 愚民礼賛 at 2017年07月27日 08:02
日本の、というより人類の未来に、生物種の滅亡という予定未来がセットされたということなのかなと思っています。宇宙視野で考えると人類などチリほどの存在でもなく、大したことないのかもしれませんが、一応知的生命体のハシクレとしては一抹の侘びしさと情けなさを感じます。いや、知的生命体というのは思い上がりで、痴的生命体だったのかもしれません。
Posted by よんた at 2017年07月27日 14:04
この関係の情報はとても興味深く、示唆に富むと思います。
文明が進んでもその弊害が大きすぎて、自分らが作り出したものによって滅ぼされる。
核開発がその典型ですね。
新生児の減少は、精子が少なくなっただけでなく、インポも増えているのではないかと疑っています。自分自身にはもうどうでもいいことですが。
それでも、世間の話題は、強姦魔が野放しになっていることに集まっていますよね。あれって、妬みがかなりあるのかも知れませんね。
Posted by ずくなし at 2017年07月27日 15:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。