青森県のSPM濃度上昇が大きかったが幼児の障害発生に関係があるんだろうか: ずくなしの冷や水

2017年08月28日

青森県のSPM濃度上昇が大きかったが幼児の障害発生に関係があるんだろうか

青森県については、以前から気になっていることがある。保育施設などで「気になる子」が多いという。

何が原因かは分からないが、六ヶ所村、農薬などはすぐに気付く。SPMの分析で福島第一原発のホコリも原因の候補に上がらざるを得ない。

SPM濃度日平均


万一関連があるとすれば、北東北、北海道の広い地域で同じような障害が出ている恐れがある。

弘前市 2015/7/31〜8/18実施
「気になる子」アンケート調査結果報告書


長期で見ると、福島第一原発事故だけが原因ではないようだ。






もし、そうだとすると、広い地域で子供の障害が生じている恐れ。

2016年03月07日
2010年に死亡数が大きく増えたが 白血病も増えていた 原因は放射能だ

(初出 2017/7/26、8/28追記)
posted by ZUKUNASHI at 10:57| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。