プルームが最も広く広がったのは 2011/3/20のようだ: ずくなしの冷や水

2017年07月21日

プルームが最も広く広がったのは 2011/3/20のようだ

2011/3/20にプルームが内陸に入り込んだことは分かっていたが、それが北陸に、東北日本海側から三陸南部にまで足を伸ばしていたことは、なかなか想定しづらかった。

気象研究所のシミュレーションでは次のとおり、基本的には福島第一原発発の放射性物質は東に流れたように見える。







夕方になって風向きが変わった。


栃木県は上のシミュレーションでもプルームの通り道になっているから3/20の午後にSPM濃度が上がってもおかしくない。

場所によって突出した値が見られる。


さらに、山梨県の富士吉田では2011/3/20の午後にSPM濃度の極めて高いピークが出来ている。富士吉田市役所の所在地点は標高773m。


さらに調べると、新潟県でも3/20のSPM濃度が高い。最高が80〜90μg/m3


グラフの凡例


富山県でもやはり80μg/m3を越えている。


長野県では上田市で60〜70μg/m3


岐阜県でも大垣市で60〜70μg/m3


愛知県でも名古屋市で50μg/m3


兵庫県ではこれだ。78μg/m3

洲本で


少なくとも兵庫まで3/20のプルームの広がりは確認できた。
島根県の西部は影響があったのではなかろうか。


鹿児島県は桜島の影響が大きく判断が難しいがいちき市が福島第一原発事故の影響かどうかは、途中経路の検証を要する。


関東に戻ると、神奈川では70μg/m3


茨城では60〜70μg/m3


埼玉では70μg/m3


千葉では、2011/3/20深夜に東葛の一部地域で100〜160μg/m3の極めて高い値を示している。(この値は突出しており、最初この近くにある廃棄物焼却施設の排煙が影響しているかと考えたが、そうではない可能性が強まった)





別途の放出源があるとすれば、船橋より南西方向にあることになる。

膝元の福島県では浜通り分が隠されているが、中通でせいぜい80μg/m3。


山形市では、この日の夜空間線量率が福島第一原発事故後のピークをつけた。



函館は、3/19からプルームが来ており、3/20は早朝にSPM濃度が上がっているからやはり襲来している。


2011/3/20に発生した事象。
2011/3/20、8時20分 - 9時38分頃、陸海空自衛隊と東京電力が消防車11台で4号機に81トン放水。4号機への放水は初めて

2011/3/20は、3号機格納容器の圧力が設計圧力寸前にまで達し、ベントを試みるが奏功せず、そのうちに圧力が下がったと言う経緯がある。

日本経済新聞 2011/3/21 0:32報道
東京電力福島第1原子力発電所3号機は20日、原子炉格納容器の圧力が上昇し、一時設計上の上限に近づいた。減圧のため放射性物質を含む水蒸気の放出を検討したが、圧力はその後「下がる傾向が見られる」(東電)として見送った。
 3号機原子炉内の燃料棒の一部は冷却水から露出したままとみられ、温度が上がって水が蒸発し格納容器内の圧力が上昇した可能性もある。東電によると圧力は20日午前7時に3.4気圧に上がり設計上の上限の3.84気圧に近づいたが、午後4時には2.9気圧に下がるなど不安定だ。

ベントを試みたが奏効しなかったとあるが、現に圧力が下がったのだから内部の気体が外に漏れている。煙突を通ったのか、格納容器の蓋を押し上げたのか、配管などの損傷部分を通って出たかは不明だが。

とにかく高温の気体が、大量に漏洩した。そのため、このプルームは上空に舞い上がり、広い範囲に及んだ。気象庁のシミュレーションは、地表の空気の流れで拡散を推定している。

上空に上がったから、富士吉田で観測されているし、越後山脈をやすやすと越えている。富山へは新潟から回り込んだ可能性が強いが、北アルプスの山あいを抜けたこともありうる。北アルプスの山頂付近は濃厚汚染が観察されている。

2011/3/20のプルームは、他の日のプルームと異なり、セシウム、ヨウ素によるガンマ線が強くないことが特徴だ。これは、次の図にあるように、ガンマ線源の溶融温度が相対的に低く、早い段階で気化して環境に漏れ出しているためと考えられる。



日本時間の2011/3/21に採取された福島市飯坂町のサンプルからは、Mo-99が773.3Bq/kg検出されているからどこかの号機かは不明だが、完全に4600度以上の熱を持ち、気化温度の高い物質が主体のプルームではなかろうかと考えられる。

これは、3/20の地表近くのプルームの通過地点となった栃木や酒田の土壌調査でアルファ線源やベータ線源が多いことからも、補強される。

一方、上で見るように3/20のプルームが上空に上がり、広範囲に広がったものもあると推定されるが、このことは米国土壌調査で核反応生成物であり原子炉の中で出来るというウラン232の濃度、あるいは密度が各地のサンプルでほぼ同じ程度の水準であることを説明する要因になるかもしれない。

ただ、2011/3/20から3/21にかけては、継続的に高いSPM濃度を示したところが多く、3/21に東葛を襲ったプルームはセシウムが多かったことから、いつプルームの放射性物質組成が変わったのか、疑問が残る。

これと関係しそうな事象は、「21時30分 - 翌日4時、東京消防庁のハイパーレスキュー隊が3号機の使用済み核燃料プールへ6時間半放水した。推定放水量は1170トン」。「SPMの分析 長野県」を見ると福島第一原発で放水を含めたなんらかの事象があると、スパイクが立っている。

3/21のプルームは空間線量率の記録からすれば、ガンマ線量がかなり多かったと見られることから、3/20のプルームとはまた組成が違う可能性が高い。

超高温になっている燃料に水をかければ、蒸気となって舞い上がる。既に外部に出ていたセシウムやヨウ素を蒸気が包み込んで大気中に送り続けたというのが、現段階での管理人の推定だ。

いずれにしても、次の図を見れば、福島第一原発3号機からの放射性物質の放出が3/18頃から増加していき、3/20の深夜から3/21がピークとなってその後は放出量が減少したと見ることができる。3/21は降雨があったために地表への沈着量が激増した。



SPM濃度のピークは、3/21より遅いものとして3/29から3/30に掛けてのものがある。このころは各号機に放水経路を変えつつ、断続的に放水が行われている。何が主要な要因かは分からない。

2017年01月09日
福島第一原発3号機は放射性物質分溜装置となっていた?

2017年02月11日
F1事業主体は核燃料が揮発したことは認めた

2017年01月01日
2011/3/20(日)午後プルームを吸入したと見られる方の中に深刻な症状発症の方がおられます

2017年01月28日
2011/3/20(日)の午後 北関東の屋外におられた方はご注意を
posted by ZUKUNASHI at 18:18| Comment(8) | 福島原発事故
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3986/
6月の記事でしたが、amaちゃんの日経記事リツイートで知りました。放射能微粒子をNHKが取り上げた反響が無かったように思います。

SPM分析、ありがとうございます。プルームの流れがどうだったのか予測できますね。長短あるでしょうが、隠蔽されてしまっているモニタリングポイント情報の代わりになる重要な分析になると思います。大変でしょうが、頑張ってください。
Posted by ささらほうさら at 2017年07月17日 11:37
ささらほうさらさん こんにちは
この番組は途中で見るのを止めました。3号機の核暴走、核爆発について触れていないようでしたので。水素爆発と核爆発では爆発時の温度上昇が段違いに違います。
核爆発ではガラス質などは一瞬にして溶けます。
確認していませんが、3号機の核暴走の要因に言及しない時点で、ここに出てくる研究者は科学者であることを放棄していると言えるでしょう。
Posted by ずくなし at 2017年07月17日 11:58
ずくなしさんに同意します。NHKのサイトを少し観ましたが、巧妙に安全デマを流す意図のものだと思います。この番組に出ているのは科学者ではありません。このような「研究発表」をすることで、高額の研究費なるワイロを受け取る政府のパシリでしょう。矢ヶ崎克馬さんが一ヶ月一回されている学習会に参加してますが、たいへん分かりやすく放射線の危険性と現在の状況を説明されてます。県地元の人もだんだん気づき始めています。
Posted by よんた at 2017年07月17日 13:04
補足するのを忘れてました。矢ヶ崎さんは、この学習会を無料でされてます。遠方へ講演で呼ばれるときは講演料がありますが、とても少額です。時にはむしろ持ち出しの方が遙かに大きいときでも、大事な講演だと判断されたときは、それでも行っておられます。その他色々な活動をされてますが、すべて無料です。
Posted by よんた at 2017年07月17日 17:58
コメントありがとうございます。
巧妙に安全デマを流すという意図では、騒ぎにならなくて当然ですね。ガラスの結晶というのは確かに科学的におかしいことはわかりますが、ずくなしさんが仰るようにガス状プルームが粒子になって存在するのは、確かだろうと思います。
チェルノブイリ事故後のソ連で、ホットパーティクルとして吸入されていた事実があるようですから、いずれはっきりとしてくるのではないでしょうか。
https://ameblo.jp/x-csv/entry-10963879692.html
Posted by ささらほうさら at 2017年07月17日 19:39
ガラスの結晶について、私はあり得るだろうなとずっと思っていました。
若いころ陶芸をかじったことがあり、粘土に釉薬を付けて焼くわけですが、
釉薬って、ただの灰です。
私の先生は藁や茄子の枯れ木(?)を農家からいただいて
焼いて灰にしたものを好んで使っていました。

ずくなしさんのコメントの通り、ガラスになっているものは
広島、長崎の資料館で見る通り溶けているのを見ますが、
有機物の灰状になったものが核爆発でガラス化して
一緒に浮遊している金属を巻き込みながら
大気に放出され冷やされて小さなガラス球になるのは解る気がします。
ガラスの結晶が科学的におかしいということはないかと…。
Posted by モトコ at 2017年07月19日 06:32
ガラスの結晶?というのは何処から出てきたのでしょうか?
とても文学的な表現ですが、科学的にありえません。
ガラスと結晶の違いについては、中学の理科で習います。

3月20日は、西日本にも太平洋側から回り込んだ強風でSPMが流れ込んでいたはずです。
当時、ネットで気象情報を逐一確認していたので記憶に残っています。
さらに、山間部で野菜(大根)の葉から微量のセシウムが検出されたという報道もありました。
汚染されていない所など日本にはもう無い、これからどうなるのかと暗澹とした気持ちなったことを今でも思い出します。
Posted by SY at 2017年07月24日 02:09
SYさん、たしかに文学的表現でした。
ごめんなさい。

灰が高温でガラス状になった粒と言いたかったのです。
Posted by モトコ at 2017年07月24日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。