ウルトラおやじさんに共鳴しつつも絶句・・・yさんは考え抜いている 正しい判断: ずくなしの冷や水

2017年08月11日

ウルトラおやじさんに共鳴しつつも絶句・・・yさんは考え抜いている 正しい判断

やはり、言ってもダメですか?

なら、一旦地獄へ落ちてもらうといいかもしれません。

放射性物質たっぷりの魚介類を食べてもらうと、発熱や膝の痛みが出ます。

食べる前に、膝が痛く無いことを確認します
確認後、たらふく食べさせましょう。
翌日以降、発熱と膝の痛みが出るでしょう。
ただ、でない場合もあります。

発熱と膝の痛みが出ても、放射性物質とは関係ないと言うかもしれません。その時は、それが運命かもしれません。

いくら言っても分からない、理解しないときもあります。私が、さんざん言ったにも関わらず亡くなった人がいます。殴り倒してでも強く言えば良かったと後悔しています。それだけすれば、真意は分かってもらえたと今でも後悔しています。

理解に関して、こればかりは、どうにもなりません。本人次第ですから。誰しも、生き方を指示されながら生きたくはありません。
自由に生きたいはずです。自由に生きてもらって、気づくまで待ちましょう。
待ってる間に死んだら、それも運命です。

危機管理がなってないと言うしかありません。
自分の生命維持にとって、何が危険なのかを考えないなんて、動物・生物として

地球から見れば、生きる意志はあるの?って言われても仕方ないかも。

以上の内容を、怒りを込めて子供さんに言いましょう。ぶちギレる勢いで、叫びましょう。
本気で怒りましょう。殴っても良いと思います。率先して警察沙汰になりましょう。


日本人は、目の前のことに怒らない。その癖、後からネット拡散したりして陰湿です。

目の前の問題は、その場で解決しなくちゃ、いつします?

・・・・・

2017年08月08日
「あれほど口が酸っぱくなるほど言ったのに」と言えないこの辛さに関連したウルトラおやじさんの投稿。

前回は、「こちらも感情に訴える方法をとれば良い」のではとの助言でした。
2017年08月07日
こちらも感情に訴える方法をとれば良い

ですが、それでは功を奏さなかったということで上の助言になっています。

・・・・・
yさんから

ウルトラおやじ様

仰るところは本当にごもっともです。
たとえ放射線の知識がなかったとしても、生命の危機についてこの状況で何も感じないというのは生物として終わっているのではないかと思います。

電車に乗ったり、道を歩いているだけで、「あれ?」という場面に出くわすはずです。
でも、スマホから目を離さず、自分の半径30cm以内しか見ずに歩いている人にはわからないようです。
ヘッドホンで夜道をランニングして痴漢にあう日本人ですから無理もないのかもしれません。

殴ってでも家族や友人を説得したい・・と言うのは男性の立場でできることかな。。とも感じます。
自分にそこまでの覚悟がない意気地なしなのかもしれませんが。

今、私自身の生きたい、命を守りたい・・という気持ちを突き詰めていくと気にしないで生活している夫のDVも起こるのではないかと恐れています。
元々、若い頃酔って喧嘩沙汰を起こしていたこともあり、(まだ私を殴ったことはありませんが) 自分に非があってもそれを指摘されると殴り掛かるという性癖がある夫が被曝が進むにつれてどうなっていくか、不安を感じています。

当初、大学生の子が受験をする時、関東の大学はやめてくれと強く言ったり、下の子に夫が牛乳をついであげようとした時、もみ合いになったりしました。
それでも、私がカルト宗教か精神病という、「全てお母さんがおかしいせい」という認識で完全に私は孤立しています。

強く言い過ぎることで、その結果家族に伝わるかもしれませんが、自分に身の危険も及ぶのではないか?という恐怖との葛藤です。
横浜では、妻と娘が夫に対する暴力で死亡させたという事件もありました。

夫に対しては、心の中で「さよなら」を告げています。
ただ、子どもはなんとかして生きる努力をしていってくれることを願っています。

何かの方法を模索していかなくてはなりません。
勝手ですが、今後共、アドバイスが頂ければ幸いです。
posted by ZUKUNASHI at 13:23| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。