ホワイトフード&アメダス: ずくなしの冷や水

2017年05月19日

ホワイトフード&アメダス





ホワイトフードのマップで線量率が大きく上昇しているところがあったらまずアメダスでその地域の降雨量を確認します。雨にはもともとビスマスなどの天然の放射性物質が含まれていますが、福島第一原発事故後は上空に滞留する人工放射性物質も地上に運んできます。

雨もないのに特定のMPで大きく値が上がっているときは、機器の故障や非破壊検査などの特別の事情があると推定できます。

何箇所かで上昇が見られるときは、どこかの核施設から放射性物質が放出されてそれが流れていると推定されますので、その動きを見て居住地が風下に当たる場合は、外出見送り、換気停止などの対策を講じます。

MPの測定値を詳しく見るなら、放射線モニタリング情報です。

空間線量率の一覧のページを作りましたが、サイトやブログをお持ちの方は、簡単にお住まいの地域の空間線量率一覧のページを作ることができます。お尋ねがあれば解説します。
posted by ZUKUNASHI at 10:59| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。