人間の子供が減って野生動物の子供が増えている: ずくなしの冷や水

2017年08月17日

人間の子供が減って野生動物の子供が増えている

※ オッカム‏ @oxomckoe 氏の2017/5/18のツイート
稚内なんか、帰省のたびに人間の人数が鹿に置き換わっている。ずんずんとまるで意思疎通できない動物が我が物顔で住宅街を闊歩し始め、家庭菜園とかの習慣が消えていく。目の前でチューリップも木の皮をむしゃむしゃ食べていて、年寄りがぼんやりと見ている。入植事業の努力がどんどん消滅していく。

・・・引用終わり・・・

千葉の房総半島では、イノシシが増えて農作物の害が増えているという。

日本では、地方の人口が減って過疎化がさらに進んでいるようだ。

人間の子供が減って、野生動物の子供が増えている。

次の資料はよく出来ています。野山で遊ぶ前に読んでおきましょう。房総のイノシシに襲われた話は聞きませんが、イラクではテロリストが河原の草むらに潜んで待ち伏せしていたところ、大型のイノシシが襲い掛かってテロリストが死亡する事件がありました。

千葉県イノシシ対策マニュアル

ついでに、野生のイノシシの肉を食べてはいけません。

・・・・・

※  桑ちゃん‏ @namiekuwabara 氏の2017/8/17のツイート
やれやれ今度はキツネ君が「ネズミ食べて菌を運び糞をするから駄目」と言って悪者にする。キツネ君はイノシシのウリコを襲って食べてたなんて知らないのだろう。狼もイノシシの数の制御に役に立っていたのに人間にとって危険だからと都合で自然界壊し、農作物被害大変だ!一番愚かな動物人間毒ばら撒く

キツネがイノシシの天敵なんですか。でも房総半島にキツネはそんなにいませんよね。となると、イノシシが増えたのは、人間が食べなくなったから?

ジビエが人気だとか言いますが、ウソですね。放射性物質汚染が強い野生のイノシシを忌避する人も多いでしょうし、好んで食べていた人は病気になったり・・・、否が応でも需要は減る、イノシシ狩りをする人は少なくなる。イノシシが増える。

この因果関係ですね。
posted by ZUKUNASHI at 17:29| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。