中国が遺伝子組換作物の主要生産国になる可能性: ずくなしの冷や水

2017年04月20日

中国が遺伝子組換作物の主要生産国になる可能性

RT2017/4/20
Agricultural mega-merger could make China leading GMO producer
A $43 billion takeover deal that would merge Chinese state-owned agriculture company ChemChina and Swiss-owned seed company Syngenta is expected to turn the world’s second largest economy into a biotech titan.

In recent weeks, the deal has been approved by EU and US authorities. Once closed it will be China’s biggest overseas acquisition. It will create the world’s largest farm-business oligopoly, concentrating agricultural power in the hands of the three countries - the US, Germany, and China.

Experts call the future merger a chance for China to acquire valuable seed technology to feed its 1.3 billion population, which is consuming more meat and dairy products as the middle class expands.

The country relies heavily on food imports. It’s a major soybeans importer and the seventh largest importer of corn.

The deal has been strongly opposed by domestic anti-GMO campaigners. In recent years scandals have rocked the country, including one of tainted baby formula in 2008 and exploding watermelons in 2011.

The Syngenta takeover conflicts with the Chinese government’s promises to protect national food security. In 2016 Beijing announced that over the next four years the government would invest three trillion yuan ($435 billion) into developing the country’s agriculture.

The state-run Agricultural Development Bank of China and the Ministry of Agriculture have agreed to develop China's seed industry and support the industry via overseas businesses.

ロシアではGMO作物の栽培は禁止され、独自の種子資源貯蔵施設を有している。
posted by ZUKUNASHI at 21:05| Comment(4) | 国際・政治
この記事へのコメント
こんばんは。。
なんだか、この記事変ですよ。
確か中国、ちょっと前にモンサントGMO大豆、生産はおろか、輸入も一切禁止しています。
そんなに簡単に中国共産党トップが決めたことを覆すものかなあ〜〜。
まあ、GMOの綿花はかなり生産しているようですけどね。。

ちょっと精査が必要な記事だと思います。
Posted by くららん at 2017年04月20日 22:26
ええ、食料安全保障放棄か?! という感じでしたね。最初は。
でもイワンカの商標を認めたり、かなり便宜主義ですね。最近の中国は。
遺伝子組み換え以外に目をつける技術は農薬ですね。肥料は簡単。
自国で開発した遺伝子組み換えはOKなのでは?
support the industry via overseas businesses.もよく分かりませんね。
Posted by ずくなし at 2017年04月20日 22:44
中国は1988年にタバコで
世界初のGMO商業生産国になりました。

モンサントも綿花だったか?共同開発で既に参入しています。

今は、規制とどこまで認可するかの葛藤中みたいです。
どうするんでしょうねえ。
砂漠緑化も遺伝子組み換えでやりたいみたいだし、
世界最大の遺伝子組み換え大豆輸入国だし。
13億人もいると、いろいろ難題ですね。
Posted by hiyaase at 2017年04月21日 10:58
気になる記事ですね。
上海に住んでいますが、多くの食品に「遺伝子組み換えでない」ことが
デカデカと表示されていたり、広告でもそれを売りにしていたりします。

現地生産のQPマヨネーズにも「本品は原料に遺伝子組み換え大豆を含みますが、
製品中には遺伝子組み換え成分は含まれません」との但し書きが。

国民に「遺伝子組み換えは悪いもの」という意識がすでにあるようなのですが、
今後どうなっていくのでしょうか。
Posted by やず at 2017年04月21日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。