お茶が好きな方にはマテ茶を勧めています: ずくなしの冷や水

2017年03月17日

お茶が好きな方にはマテ茶を勧めています

2017年01月24日 シリアのお茶はマテ茶

2016/3/31、PRESSTVが伝えたパルミラで休憩をとるシリア軍戦士の様子です。緑の液体の入ったコップが置かれています。鉄瓶のようなものも。



2016年3月18日の毎日新聞に次のようにあります。

シリアで最も好まれている飲み物は何か−−。紅茶やコーヒーがすぐに思い浮かぶが、これらをしのぐほどの人気を誇るのが南米原産のマテ茶だ。意外に思われるかもしれないが、20世紀初頭にシリアから南米に渡った移民が持ち帰って以来、広く親しまれるようになった。 
 19〜20世紀、オスマン帝国支配下のシリアから南米に多くの移民が渡った。新大陸に希望をかけたのだ。その後、里帰りした移民が携えていたのが、マテ茶だった。

イランは紅茶です。トルコも紅茶の産地。それでもシリア人はマテ茶を飲んでいます。

イランのお茶をいれる風景。なぜこんな屋外でお茶を沸かすのか分かりません。


2017年03月17日 緑茶、紅茶、ウーロン茶 どれも比較的放射性物質濃度が高い。

・・・・・・

loca.chicaさんから

ずくなしさんお勧めのマテ茶、今朝買ってきて早速飲んでみましたが、
とってもおいしいです〜 くせがなくて飲みやすいですね。気に入りました!

私が買ったのは、Guayaki という会社のYerba Mateですが、この会社のWeb siteを見てみると、このマテ茶の作られる様子や効能、栽培されている熱帯雨林の保護など、いろいろなビデオがあり、おもしろいです。

抗酸化作用のあるポリフェノールは、緑茶や紅茶よりずっと多く含まれているんですね。
以下のグラフは英語ですが日本の「おーい、お茶」とも比較されてます。
http://guayaki.com/mate/60232/%26quot%3BThe-Antioxidant-Powerhouse%26quot%3B.html

おいしく飲んで健康になり、熱帯雨林の保護にもなるなんて、ちょっと気分もいいです。
posted by ZUKUNASHI at 11:10| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなしさん、こんにちは。いつも有難うございます。

おすすめのお茶、ということですが、ルイボスティーはどうでしょうか。
わたしは、ノンカフェインなのも良いかなと思って生協系統からアフリカ産のを買って飲んできました。
クセがあるので、口に合う合わないはあると思います。
私も家族も始めは「まずい」「もうとるのやめよう」と言っていたのですが、慣れてしまうと気にならず、甜茶のような甘味を感じます。

ただ、今まで思っていた以上に世界各国の汚染やお茶系統は放射性物質を吸収しやすいとのことで不安に思っています。
宜しくお願いいたします。
Posted by mom at 2017年03月20日 09:47
私はルイボスティーは飲んだことがありません。デスラーさんが一時飲んでおられました。
今、デスラーさんはチャガ茶にしたそうです。カバノアナタケというキノコみたいですから、私から言うと"キワモノ"です。
ルイボスティーは南アフリカ産ですね。マメ科だそうです。お飲みになって体調が悪くならなければ、それで良いかと。
いろいろな汚染の恐れがあるかは検査データを見なければ分かりません。
Posted by ずくなし at 2017年03月20日 10:40
お茶の好きな方が多いですね。
お茶を、身体は必要なH2Oにするために
余分な労力を使います。

私が愛読している
新谷弘実さんの「病気にならない生き方」(Amazonのkindle電子書籍にあり)
によると、
単なるきれいな水を飲むのがいちばんと書かれています。

お茶を飲むとほっとしますが
生きていくのには仕方がないでしょう。
Posted by hiyaase at 2017年03月20日 10:44
ほんとに美味しい水があれば、コーヒーもお茶もいらないと思いますよ。
元々は薬だったのが、不味い水を誤魔化すために発達したようなもんでしょう。

でもほんとに無いんですよね、美味しくて安全な水が
Posted by SY at 2017年03月20日 21:30
みなさん、ありがとうございます。

ルイボスティーは確かに南アフリカ原産で、今のところ、過敏症のわたしでも症状は出ていません。

水。。。以前から安全な水を模索しているのですが、なかなか解らないですね〜。

東北や関東、静岡、山梨あたりのミネラルウォーターはやめといたほうが良いなということは解るのですが、ホ以外の農薬や化学肥料の汚染、硝酸態窒素が高濃度だったりと。
今は一応ずっとRO水を飲んでいますが、それすらも「純水は危ない。水は溶解の作用があるが、純水に近くなるほどその作用が強く、体内のミネラルなどを溶解して排出してしまう」という意見もあり。
普通の洗浄剤などが使えない原子力産業や製薬事業、高度なバイオテクノロジー産業などでも、超純水が洗浄作業で使われているとのこと。(藤田絃一郎氏)

ただ、体内にある毒物を排出する効果はありそうですね。自己責任になりますが。

安全でコストもまあまあな、良い水があればよいですよね。

Posted by mom at 2017年03月25日 16:38
RO水、知りませんけど、ミネラル塩を少し加えればいいだけでは?
ボトルウォーターは、いくつかを回しながら使えばよいのです。
Posted by ずくなし at 2017年03月25日 17:03
『べくれでねが』ブログでカバノアナタケを測定してくださっていて
結構高い数値が出ています。


ロシア産 カバノアナタケ
http://beguredenega.com/archives/12647

やはりキノコはやめたほうがいいかも・・・
Posted by ひまわり at 2017年03月28日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。