WikiLeaks publishes 'entire hacking capacity of the CIA': ずくなしの冷や水

2017年03月10日

WikiLeaks publishes 'entire hacking capacity of the CIA'

RT2017/3/7
WikiLeaks has published what it claims is the largest ever batch of confidential documents on the CIA. More than 8,000 documents were released on Tuesday as part of ‘Vault 7’, a series of leaks on the agency.

A total of 8,761 documents have been published as part of ‘Year Zero’, the first in a series of leaks the whistleblower organization has dubbed ‘Vault 7.’

In a statement WikiLeaks said ‘Year Zero’ revealed details of the CIA’s “global covert hacking program,” including “weaponized exploits” used against company products including “Apple's iPhone, Google's Android and Microsoft's Windows and even Samsung TVs, which are turned into covert microphones.”

WikiLeaks tweeted the leak, which it claims came from a network inside the CIA’s Center for Cyber Intelligence in Langley, Virginia.

The source of the information told WikiLeaks in a statement that they wish to initiate a public debate about the “security, creation, use, proliferation and democratic control of cyberweapons.”

Policy questions that should be debated in public include “whether the CIA's hacking capabilities exceed its mandated powers and the problem of public oversight of the agency,” WikiLeaks claims the source said.

The FAQ section of the release yields some key details that highlight the true extent of the leak: firstly, the information was “obtained recently and covers through 2016”.

The time period covered in the latest leak is between the years 2013 and 2016, according to the CIA timestamps on the documents themselves.

Secondly, WikiLeaks has asserted that it has not mined the entire leak and has only verified it, asking that journalists and activists do the leg work.

"Those who demonstrate journalistic excellence may be considered for early access to future parts," Wikileaks said in the leak.

In WikiLeaks analysis of ‘Year Zero’ they detailed “Weeping Angel”, a surveillance technique that which infests smart TV’s transforming them into microphones.

An attack against Samsung TV’s used “Weeping Angel” in cooperation with MI5, placing them into a “Fake-Off” mode, recording conversations even when the device appears to be off.

The release came after a planned press conference suffered a cyberattack, according to the whistleblowing organization. WikLeaks has since rescheduled its press conference.

SPUTNIK2017/3/7
史上最大の流出 ウィキリークスがCIAの秘密ハッキングプログラム「Vault 7」公開
7日、ウィキリークスは米中央情報局(CIA)に関する「流出した」一連の資料の公開を始めた。資料のコード名は「Vault 7」。

資料の第1部「Year Zero」には、CIAのサイバーインテリジェンスセンター(CIA's Center for Cyber Intelligence)の機密ネットワークから得られた8761個の書類とファイルが含まれている。資料には、2012年から現在の大統領選挙戦にいたるまで、いかにCIAがフランスの政党と大統領候補の情報を集めていたか、についての情報が含まれている。

文書の第1部には、CIAの世界的なハッキングプログラムの範囲や規模、CIAのハッキングツール、Apple社のiPhone全モデル、 GoogleのAndroid、Microsoft Windowsの全バージョン、さらに隠しマイクが埋め込まれたサムスンのテレビを含む米国および欧州企業の製品を攻撃するための数十のツールなどに関する8000件以上のCIAの文書やファイルが含まれている。

ウィキリークスは、最近CIAはマルウェアやウイルスを含む大多数のハッキングツールに対するコントロールを失ったと指摘している。

ウィキリークスによると、最近3年間で米国の情報部門はその職員による前例のない一連のデータ抽出に直面し、CIAが収集した全データは現在第三者の手にあり、他の国の情報機関やサイバー犯罪者の手に渡る可能性があるという。

先に、今日7日午後にウィキリークスのアサンジ氏が一連の新たな文書に関する発表を行うと報じられていたが、ライブ配信サービス「Perscipe」や「Facebook」のライブ放送がサイバー攻撃を受けたため、発表は延期になった。

WikiLeaks holds press conference to address #Vault7 CIA leaks (WATCH LIVE)
WikiLeaks is holding a press conference to address the CIA following the whistleblowing site’s latest leak. Known as ‘Vault 7’, the data dump allegedly revealed the extent of hacking capabilities developed by the CIA.
posted by ZUKUNASHI at 00:04| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
一方、こんな記事もあります。

CIAのサイバー攻撃能力は高く、スマートフォン、スマートTV、各種OS、Wi-Fiルーターへ侵入する http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/

過日、LinuxやMacの話をしていましたが、これが事実ならどちらでもハッキングされてしまうということですね。
Posted by 寒北斗 at 2017年03月10日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。