脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が急増です: ずくなしの冷や水

2017年03月08日

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が急増です

2017/3/5、ウォーキングの途中、私より少し年配の男性とお会いし、脊柱管狭窄症の話を伺いました。

その方は85歳、数年前に手術を受けたが、膝から下の痺れがより強くなり、リハビリに精を出しているそうです。

脊柱管狭窄症の手術について、千葉市内とその周辺の病院の評判も伺いました。

その中で印象に残ったこと。

@ 脊柱管狭窄症の患者が増えていて、自分が手術を受けたときは3ヶ月待ちだったが、今は1年待ちになっている。

A 脊柱管狭窄症による腰の痛みがひどくなると5分と立っていられなくなり、女性は炊事ができなくなる人もいる。

B 脊柱管狭窄症は老人に多いが、65歳を超えると新しい細胞の増殖が遅くなり、手術しても症状の改善が見られないこともある。

C 「旦那さん(私のこと)のような人は、必ず腰の病気になる」(太っているから) ギャー!!

脊柱管狭窄症が増えていることはネット情報で知っていました。ただ、どんな病気かは知りませんでした。そして、ふと、友人が「セキツイ・・キョウサクショウ」で少し長く歩くと腰が痛いと言っていたことを思い出し、本人に確認したら脊柱管狭窄症が出ているとのことでした。

この疾病発症の主因は加齢が主なのでしょうが、詳しいメカニズムは知りません。

ご老人に尋ねました。
「なぜ最近そんなに脊柱管狭窄症が増えているのですか?」

「なんなんだろう」

「最近人の健康に悪いものと言ったら、強い農薬とかが増えたからでしょうか。昔より肉体労働で腰に無理をかけることはなくなっていますよね」

「さあ?・・・」

「放射能が影響しているんじゃないでしょうか?」

「・・・さあ?」と答えつつも老人の表情に動揺の色が浮かびました。

友人に、脊柱管狭窄症は被曝が発症を促進しているはずだから、被曝回避を強めるように伝えました。

被曝は老化を促進します。老人に多い病気は老化、加齢が主因です。放射能が老化を促進するのであれば、老人病が多発する、重症化するのは当然の成り行きです。

#被曝症状最前線

・・・・・

先日、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の手術をした方から伺ったところではこんなことも言っておられました。

1. 整形外科にかかった。千葉市の大宮団地(に行く途中)に著名な整形外科医院があり、治療を受けたが患部を温めてくれている間は痛みが和らぐが、終われば元通りだった。そこの看護婦が新鋭の機器がある大きな病院で診察を受けるよう勧めてくれた。

2. 大学病院にかかったところ手術することになったが、当時医療過誤の話が他の病院であったこともあり、信頼できる医師に依頼したいと思い、懇意にしている開業医に相談したら市原市内の病院を勧められた。そこに転院することにして、大学病院に紹介状を書いてくれと頼んだら拒否はされなかったが何週間も何度か催促してやっと書いてくれた。

3. 3ヶ月待って手術を受けた。2時間半かかった。しかし、足の痺れは前より悪くなった。同室の患者で自分より若い60歳前後の人は手術に5時間余かかった。この方は痛みがなくなったと聞いている。患者によって手術の内容が違うのではないかと思っている。

4. 今は、毎日歩くようにしているほか、病院推奨のリハビリ施設に月に1回程度通っている。

5. 自分の症状は、座っているときは痛みはない。それゆえ車の運転は可能。

このご老人はご自分の疾患についていろいろ情報を集めておられます。話を総合すると、手術しかない(少なくとも高齢者には)、手術で痛みがなくなる人もいれば悪化する人もいる。病院によって手術実績とその効果については差がある、ということのようです。
posted by ZUKUNASHI at 13:50| Comment(10) | 福島原発事故
この記事へのコメント
腰椎分離症は若い頃に運動やって
普通の人で十数人に1人、
スポーツマンで5人に1人くらいやっているそうです。

その分離症が、すべり症になると周囲に痛みが出ます。
私はすべり症で、左太腿のほうの座骨神経痛になりました。

お湯であったかいシャワー浴びせ続けたりして、
今は、なんとか治っています。
酷い人は治らないままのようです。
症状は、えらい、つらいです。

狭窄症も分離症持ちが多くて
親戚みたいなもので(体験でなく想像)??、
腰椎に来るとしんどいでしょうね。

こういうのって、整形外科で牽引とかやられると悪化したり、難しいですね。
鎮痛剤は副作用があるし。

適正体重、適度な運動。
頸椎から腰椎まで、中心線は代替が利かないから、若い頃から大事にする。

それでごまかすしかないかも。
名案あったら、知りたいくらい。
知りたい!
被曝?
理由は知らないけど、それどころじゃないくらい つらい。
Posted by hiyaase at 2017年03月05日 19:16
「整形外科で牽引とかやられると悪化したり、難しいですね」
ご老人も整形外科で治療を受けたそうです。温めているときは痛みが緩和するが、それが終われば元通りだったと言っていました。
「適正体重、適度な運動」
やはりそれが大事なんですね。明日から心を入れ替えて痩せるようにします。
Posted by ずくなし at 2017年03月05日 19:29
あ、一つ忘れました。
適正体重、適度な運動、周囲の筋肉をゆっくり強化する。
私がやられて自分で勉強したときは、
この3つでした。

やはり、20歳をピークに
加齢とともに全身のの筋肉量は、
ガターンと減っていくので
(そこら中のHPに減少グラフが載っています)
筋肉は最低限度、大事ですね。

私の場合は、筋肉量が減少する時期が、怖いのです。


Posted by hiyaase at 2017年03月05日 20:06
>温めているときは痛みが緩和するが、
>それが終われば元通りだったと言っていました

整形などは、その部位を温めるから意味ないと思うんですよねえ。
私は経絡に沿って温めたり、
その経絡の要所のツボに、皮内鍼やエレキバンを貼ったり、
知恵を総出の、
総合力で戦います。

局所戦は日本の悪癖です。
Posted by hiyaase at 2017年03月05日 20:21
私も分離症で歩けなくなり、311前の三十路終わりに手術しました。
今はすっかり良いです!、、、と言いたい所ですが、今度は人工骨を入れたひとつ上の腰椎が痛むようになりました(T_T)
手術を受けた患者にはありがちなことらしいです。。
結局、5番目の腰椎が痛む人は、その前後の椎間板も潰れていて悪くなってる事が多い、と。
まぁ、大した痛みではないので、痩せる努力が先だとは思いますが。。
手術前は、シンドイ痛みが続き、最後は足も動かなくなる様で、、。
出産の時の陣痛が、それまで散々味わった腰痛とほぼ同じで、これなら大丈夫だわ!って安心したのを覚えています。笑笑

痛みが強い時はお腹にホッカイロを貼ると楽になりました。
兎に角、腰に過大な負荷をかけることをしない。
適度なウォーキングなどはする。
などなど。。

以上は、医者整体師に言われてやってみたことなどです。
ホッカイロはオススメです。お腹に貼ると、腰に吹いていた北風の痛みが緩和されました^ ^
Posted by r at 2017年03月06日 06:55
先の2月に
腰椎分離・すべり症を、やったばかりです。

仕事あるので、机に座ってないといけないのだけど、
痛くて座れない(笑)。

夜寝床に入ると痛いから眠れない。
仕方ないから眠るときだけ、いちばん弱いアセトアミノフェンを1日1回飲みました。

20代に針灸関係の出版社にいたので、その道の先生たちが身近にいて電話できます。
とにかく、我慢できるまで整形に行かずに、
経絡に沿って、熱めのシャワー。
座骨神経痛の分岐点に、皮内鍼やエレキバン。
リンパ経路に沿って、リンパマッサージ。

仕事していると、とても座り続けられないので
3時間に1回は横になって1時間ずつ休みました。

座れないと、なさけないけど、このまま死ぬのかと思いました。

腰痛ベルトはずっとしていました。
(私の場合は、緩めるより締め付けたほうがいいからです)
(高校の時にスポーツのまねごとやっていたので、その時分離したのだと思います。腰痛ベルトは45歳からずっと相棒です。腰の下のほう、出っ張ったあたりです。)

でも、そうやって、3週間で、鎮痛剤から離脱。
皮内鍼も4週間で離脱。

今日は家電量販店で1時間立ったまま説明聞きました。
座るのは何時間でも平気です。

腰から足先まで、ツボは30くらいは暗記していますから
いろいろやれます。

徹底的に、整形外科を避けるだけ避けて
生きてみました。

もちろん、誰にも当てはまるものではないけど、
個人的経験談です。

つい数日前まで・・。
だから、ここも休んでいて、椅子に座れないから見てもいません。
そういう理由でした。

ホッカイロとかゆるゆる温めるのは慢性化しそうで私はやりません。
熱めのシャワーか、ヘアドライヤーの短時間熱風のほうが好きです。

まあ、人それぞれ症状の違いはありますから
言ってもムダは理解しています。
治療法というよりも、方法論・精神論・方向性を言っているだけ・・。
Posted by hiyaase at 2017年03月06日 21:50
治ってよかったですね。私の友人は、仰向けに寝れないので横向きに寝ているそうです。座っても痛い、寝ても痛いと、これは辛いです。
友人は近代医学が大好きなので、整形外科に行ったのでしょう。でないと病名分かりませんよね。
歩くことを勧めて少し改善したようですが。
手術経験者のお爺さんにあんたもなる! といわれたことを戒めに気をつけます。
Posted by ずくなし at 2017年03月06日 22:22
ずくなし様

いちばん効かなかったのは15年くらい前に何度か行った
駅前によくある整骨院系統ですね。
温めたり、いろいろゆるゆるやるけど慢性化しそうでやめました。

ヘルニアも、整形の牽引で治った人は聞きません。

いちばんいいのは、レントゲン撮って
脊椎分離症があるかどうか確かめるとか・・。
分離症がなければすべり症もないとか
日本整形外科学会のHPに書いていましたが。
確かめたら施術を断って帰ってくるのです(笑)。

狭窄のほうは詳しく知りませんが、
ともかく整形外科はいじりたがるので・・。避けてます。

若い頃かなりムリしたので、28歳頃から腰痛持ちで
かなり苦労しました。

ポン友に整形外科医がいて、遠いから行けないけど、
来なくていい、体操しろと言うから、
その緩めの腰痛体操を、緩めですが、毎日やって
1日3分。
毎日毎日、16年くらいやっています。
これは効きます。
ポン友に教えるのだから、こういうのがいちばん効くのでしょう。
ともかく毎日やれと言われてやりました。

歩くとか自転車とか、軽い運動を毎日やるのも効果あります。

鍼灸の先生も鍼灸学界の権威になっていますが
「あなたはツボを知っているのだから
高い金払って来なくても
自分で皮内鍼やエレキバンや指圧でツボを刺激すればいいんですよ」。
これも本音でしょう。効きました。

腰痛バンドはどこでも売っているし、
最近は100均でも打っているそうですが、
これも症状や部位によっては効きます。
http://harikyu-ichigo.com/sacroiliac.joint.html
仙腸関節の下めを締めるのがコツだけど、口で伝えるのはむり。
25年くらい前に一時流行ったので、
今のお年寄りはけっこう知っていたりします。
ただし、(他のこともそうだけど)症状によります。

それから、腰が悪いと仰向けに寝ないのは常識です。
横向いて寝て海老のような格好でなるのがいちばんです。

あと、ジーンズは綿100%だと、身体曲げると腰がきついので
ポリとかが3%でも5%でも入った「ストレッチ」でないといけません。
腰痛持ちが、Levis の綿100%なんて履いているのは論理矛盾です。

ダラダラと失礼。
Posted by hiyaase at 2017年03月07日 14:11
ここ1年ほどで急に老けた人が、職場や身近で半数ほどはいます。一気に5年分ぐらいの感じで、自分の時間感覚も狂ってしまいそうです。加えて腰痛や免疫低下とおぼしき症状も多いようなので、原因は確実に某大手チェーンがわざわざ西日本くんだりで堂々と売っている東日本産食品だと思います。魚好き、椎茸など原木栽培をするキノコ好きも多いですね。あと5年もすれば会えなくなる人たちばかりではないかと思うと、妙に寂しくなります。もちろん私も分かりません。終活がトレンドになりそうです。
Posted by SY at 2017年03月09日 05:43
東京の知人:私の場合。
2014年頃は、心筋梗塞続き。老ける人多い。
2015年頃は、こむら返り、瞬間意識途絶、膝関節炎による運動障害。白内障。
2016年からは、ガンだらけ。最近はガンが多すぎて、職場でガンの話は禁止されています。多くの誰かの家族が患っているから「あいつガンで死んだよ」とかは禁句なのです。
それでも誰も警戒していない。なんでも食べている。
人のことはどうでもいい。
自分は助かろう。
Posted by hiyaase at 2017年03月09日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。