トランプ大統領は炉端焼き店で海産物を食していない: ずくなしの冷や水

2019年05月29日

トランプ大統領は炉端焼き店で海産物を食していない

そろそろトランプが羽田空港に到着するはずです。
トランプが来日中の内部被ばくで体調を崩したりしなければ良いですが。
この記事は、そこに焦点を当てた観察記録です。総力をあげて大統領を内部被ばくからお守りしなければ!

2019/5/25、正午現在、千葉県北西部では空間線量率が上昇しています。
線量率は上がっている 非破壊検査のようなピークはどこかからの飛来

羽田空港


舎人公園ははっきり上がっていますから飛んできています。


2019/5/25、15:30現在管理人の自宅の臨時測定機で0.2μSv/hのピークが立ちました。13:50常時測定機で0.206μSv/h。



今日と明日の気流 5/25はバッチリ福島からの気流が東京上空に流れています。


明日は、海上を経由して福島から千葉に回り込みます。


2019/5/25、17時ころ羽田に到着。

2019/5/26、茂原カントリー倶楽部。(我孫子ゴルフ倶楽部、鷹之台カンツリー倶楽部 ではありませんでした) 全国的に好天ですが、少し空間線量率は高めです。


2019/5/26、管理人は午後外出していました。帰宅して作業をしていると線量率測定システム2台でスパイクを検出しました。





飛んできています。1台は常時稼働のもの、もう1台は更新のため試験中の測定システムです。
近傍のMPをも併せて見ると
千葉県北西部1 最高35cpm、千葉県北西部2 最高33cpm、千葉県北西部3 最高36cpm、臨時測定38cpmとなっています。





時事通信社 2019年5月27日(月)6時37分
トランプ氏への厚遇ぶり報道=「ほぼ観光客」「相撲の伝統揺さぶる」−米メディア
 【ニューヨーク時事】ゴルフから大相撲観戦に炉端焼き−。米メディアは26日、国賓として来日したトランプ大統領に対する日本側の厚遇ぶりを大きく取り上げた。
 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、大統領がゴルフ場で安倍晋三首相と自撮り写真に納まり、東京・六本木の炉端焼き店での夕食会では和牛ステーキを楽しんだことなどを紹介。「大統領はほぼ観光客として1日を過ごした」と皮肉った。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(同)は異例ずくめとなった大統領の大相撲観戦の様子を詳報。升席では座布団には座らずに椅子に腰掛け、米国大統領杯の授与のために土俵に上がった際はスリッパを履いたことを伝え、「伝統に縛られた相撲界を揺さぶった」と評した。

2019/5/28、伊方町伊方越で0.032μSv/h上昇。

佐賀、福岡、愛媛で線量率上昇。

滋賀県で線量率上昇。


トランプは、2019/5/28、午後1時ころ日本を発ちました。

能登半島の志賀原発から放出が増えています。宝達清水町で上がり、今度は村上市で上がっています。+0.015μSv/h。若狭湾も上昇。

5/28、23:30、小田原が上がってきました。

・・・・・

炉端焼き店では何を食したのか、
「トランプ氏と同じ幸福感味わった」日米首脳の夕食を食べてみた 六本木・炉端焼き店
毎日新聞2019年5月28日 06時30分(最終更新 5月28日 11時55分)
この記事によると、メニューは次のとおり。

じゃがバター 北海道産じゃがいも
サラダ
若鶏の串焼き もも肉で青森県産の「あべどり」
和牛のステーキ(ブロッコリーとニンジンを添えて)。通常は「牛串」で提供だが、特別に200グラムのステーキに。群馬産の最高級A5ランクのサーロイン
バニラアイスクリーム

海産物がありません。サラダを除くとすべて火を通したもの。なんで炉端焼き店なの? という感じです。

メニューは事務方の慎重な調整を経ています。日本に来ても海産物は食べない。米国支配層の認識はそうなのかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(6) | 社会・経済
この記事へのコメント
ex-presidentオバマは配偶者を連れて来なかったと記憶。愛国者のトランプ大統領は戦争屋と戦っているそうです。戦争屋の属国ニッポンでの何でもアリ、何となく頷ける。
Posted by T at 2019年05月26日 07:17
洗脳されて偉大なる戦士になつたトランプ大統領とひょつとこの日本の救世主安倍総理が、本当に軽空母になる「かが」に乗り込みましたね。これ漫画の世界ですね。まさに日本国は、超音速巡航ミサイル(マッハ6〜10)と弾道ミサイル(マッハ20以上)の時代に20世紀の空母と戦闘機が命と思つている狂人国家ですね。日本の防衛費は、60%は人件費です何もできませんね。米中冷戦より、中国とロシアを戦略的な同盟が作られます。これは危険ですね、トランプ大統領の戦略は完全な失敗ですね。日本の救世主安倍総理 万歳。
Posted by 西 亨 at 2019年05月31日 08:59
今の総理に代わって総理大臣になる人がいるでしょうか。誰が出ても何も政策を打てないでしょう。
このまま経済クラッシュ(リーマンショック級かそれ以上)に突入して退陣させられても、次の総理は効果的な政策を打ち出せない。
あべマンセーと唱えながら没落するしかない。
Posted by satokoji at 2019年06月03日 17:48
総理大臣に特別なイニシアティブを期待する時代ではありません。そんなことは米国につぶされてしまう。何とかミックスだとか、国民いじめの政策をとらないだけで充分です。加えて米国の武器売込みなどをかわすことができれば、名総理の名をわが物にできるでしょう。凡人で充分。そのほうが良い。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年06月03日 18:01
福田ジュニア総理大臣が、突然辞任した時、彼を非難した人が多かったですが、その後、アメリカに莫大な金を要求されて、自分の首を出して、日本国を守ったことが分かりました。
福田さん並みの方に、大変ですがリーダーに成っていただいて、みんなで困難を乗り切りたいものです。
Posted by い at 2019年06月03日 19:52
辞任の表向きの理由は、確か、国民年金掛け金を払っていないという理由でしたね。
でも、今日本でそういう総理を待望する声は少ないですね。
名誉欲と権力欲は強いが、人望も、能力も常識もない人間に自己満足、万能感を与えれば周りから歴史的使命だと吹き込まれたことを何であろうと、それらが相互に矛盾していてもなんでもやりますからこんなに便利なものはないのです。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年06月03日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。