F1事業主体は核燃料が揮発したことは認めた: ずくなしの冷や水

2017年02月11日

F1事業主体は核燃料が揮発したことは認めた

毎日新聞 2/10(金) 18:45配信
<福島原発>高線量は「核燃料が揮発、内部に付着」東電見解

 ◇2号機の原子炉格納容器内で確認の毎時650シーベルト
 東京電力の姉川尚史原子力・立地本部長は10日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内で確認された毎時650シーベルト(推定)の強い放射線について、事故で溶けた核燃料の一部が揮発して内部に付着したことが原因との見方を示した。同日開かれた記者会見で明らかにした。

 東電は9日の内部調査で、格納容器内のレール上で撮影した画像のノイズを解析し、付近の空間線量を事故後で最大となる毎時650シーベルトと推定した。姉川氏は「事故で炉心が溶融して、(核燃料の成分のうち)揮発しやすいセシウムが拡散し、格納容器内に付着して強い放射線の原因になっていると思う」と語った。

 また調査では、原子炉圧力容器の真下にあるグレーチング(格子状足場)に穴が2カ所開いていることも分かっており、姉川氏は「上部から溶けた燃料が落下してできた可能性が高い」と述べた。【柳楽未来】

・・・引用終わり・・・

揮発したのはセシウムだけではない。セシウムの沸点はこんなに低い。



2017年01月09日
福島第一原発3号機は放射性物質分溜装置となっていた?

原子炉内で4千度以上になって気化したウランを含むガスは、環境に放出されて温度が下がり始めると真っ先に凝固するんですよね。温度が高いガスだからより上空まで達して拡散する。少し時間が経ってから粉の状態になってあちこちに落ちてくるのは当然予想されます。

これが黄色い粉の正体でしょう。
posted by ZUKUNASHI at 01:37| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。