被曝による身体状況悪化セルフチェック結果から 西日本での被曝回避努力の不足が身体症状につながっている: ずくなしの冷や水

2017年02月08日

被曝による身体状況悪化セルフチェック結果から 西日本での被曝回避努力の不足が身体症状につながっている

被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト

現在20人ほどの方からセルフチェックの結果が寄せられています。
ありがとうございます。

セルフチェックの結果を寄せてくれた方は、ご自分の相対位置を早く知りたいとお考えと思い、2017/2/7、中間分析結果をお送りしましたが、居住地域、被曝回避努力などが多様で多面的な分析が可能と見られることから、まず寄せられたセルフチェック結果1件ごとに精査を始めたところです。

これまでの検討で分かったことのうち最も重要なことを一つだけ公表します。

東日本の汚染地帯から外れた地域に住んでいる(と自分で考えている)方の被曝回避努力が明らかに不足です。

身体症状も東日本に住む方と同程度に出ている方もおられます。

その原因は、全国流通の汚染食品を食していることと、地元の産品の汚染についての無知です。


日本で生産される農産物水産物の汚染源は、福島第一原発事故だけではありません。最も顕著な例は、北陸の某県ですし、近畿南部の某県のように以前から難病が多発しているとされるところもあります。

これまでも関西などで、心筋梗塞、白血病の発症例などが少なからず伝えられてきましたが、上のように考えれば、何の不思議もありません。これからも増えます。

・・・・・

関東にお住まいの読者から、西日本に1ヶ月ほど滞在した際に、スーパーの弁当を食べて時々胸痛があったとの情報が寄せられました。
posted by ZUKUNASHI at 14:51| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
震災直後から、西日本の安全な野菜を首都圏に運んで、帰りに北関東の野菜を買い叩いて運んできて、安売りしていました。瓦礫焼却もそうですが、我々は、あなた方の最終処分場です。
Posted by ぷう at 2017年02月19日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。