被曝による身体状況の悪化セルフチェック 設問の意図説明: ずくなしの冷や水

2017年02月05日

被曝による身体状況の悪化セルフチェック 設問の意図説明

被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト

質問項目は全部で30、三つのグループに分かれています。
A 既に現れている身体症状
1 「最近、非常に疲れやすい」ことはありますか?
被曝による全体的な体感の有無を聞いています。

2 「喉が腫れている、嚥下し(呑み込み)にくい」ことはありますか?
甲状腺異常の初期自覚症状があるかを聞いています。

3 「最近、物忘れがひどい」ことはありますか?
被曝による記憶力低下症状の有無を聞いています。大人についての少し進んだ症状です。

4 お子さんの身長・体重に伸び悩みが見られますか?
被曝による身体成長の停滞の有無を聞いています。子どもについての少し進んだ症状です。

5 ご自身や家族に皮膚症状が出ていますか?
被曝による比較的初期の症状です。今なお続いていれば慢性化と判断できます。経口摂取による内部被曝要因が依然として強いと判断できます。

6 ご自身や家族が今なお鼻血を出していますか?
被曝による比較的初期の症状です。今なお続いていれば、居住環境に放射性物質の浮遊が多いと判断できます。

7 咳が止まりにくいことはありますか?
吸気被曝による一定の時間経過後の慢性症状です。居住環境に放射性物質の浮遊が多いと判断できます。

8 心臓の痛みを感じることはありますか?
経口摂取による内部被曝要因が依然として強いと判断できます。この時点で心臓の痛みが続くのは危険な症状です。

9 頭痛がありますか?
経口摂取による内部被曝要因が依然として強いと判断できます。この時点で頭痛が続くのは危険な症状です。外部被曝により頭痛が起きることもありますが、痛み方が異なると考えられます。

10 こむら返りがありますか?
経口摂取による内部被曝(特にセシウム)があるとこむら返りが起きるという人もいます。こむら返りが起きる直前に食べたものが原因と推定できることもあります。

11 めまいやふらつきはありますか?
内部被曝による一定の時間経過後の少し深刻な症状です。激しくなると歩行困難を来たします。

12 老化が目立つと指摘されたり感じたことがありますか?
被曝は身体や中枢機能の老化を促進します。特に痛みや顕著な異変がなくても、じんわりと全体的にこのような形で被曝影響が出る人もいます。特に中高年。

13 痛みもなく足の爪が剥がれたことがありますか?
住居地のベータ線源の降下状況を聞いています。

14 手足の親指の付け根が腫れたことはありますか?
かなり強い内部被曝がある人にこの症状が出ることがあります。

15 足や手が麻痺したことはありますか?
かなり強い内部被曝がある人にこの症状が出ることがあります。吸気被曝の場合は比較的短期間で出ます。

16 甲状腺の異常を感じてあるいは指摘されて病院を受診したことはありますか?
放射性ヨウ素による被曝を聞いています。

17 体調不良を感じて医院や病院を受診しても原因不明と言われたことはありますか?
被曝による体調不良は、医師が原因を判断できないことが多く、原因不明で帰宅させられることも多いです。病院で原因不明と言われれば被曝による体調不良であることはほぼ確定的となります。

B 被曝回避の習慣・努力
18 食事を通じての内部被曝を避けていますか?
吸気被曝と並んで経口摂取による内部被曝が身体症状の主因です。吸気被曝についてはCで聞きます。

19 食べて応援していましたか?
「食べて応援」は死に直結します。福島第一原発事故から休みなく積極的に「食べて応援」していた人は、もはやご存命ではないはずです。今でも旗を振っている人は、本当に「食べて応援」はしていないと考えます。この問いへの点数配分は特に厚くしています。

20 外食で魚介類、寿司、ラーメンを食べていますか?
食事中や食後に鼻血を出した、腹痛、下痢を起した。食べた後にジンマシンが出たなどの体調不良を起した例があふれています。

21 運動していますか?
放射性物質の排出ルートとしては、尿、便のほかに汗があります。髪の毛や爪も排出ルートの一つだと考えられます。屋外で働く人に突然死が続出しないのは、発汗が寄与していると推定されます。発汗を伴う運動の有無を聞いています。

22 外出時にマスクをしていますか?
今なお、放射性物質が大気中を浮遊しています。特に風がある時の浮遊量は多いと推定されます。

23 福島県に除染のボランティア活動などに行ったことがありますか?
ボランティア活動などに行くと現地に住む人よりも防護がおろそかになり、現地の人が回避する被曝リスクを犯すことも多くなります。

C 居住地と生活行動の影響
24 震災発生当時どこに住んでいましたか?
福島第一原発事故直後に各地を襲ったプルームの濃度と放射性物質の降下沈着状況で被曝リスクを大分しました。

25 震災発生当時の生活行動は?
福島第一原発事故直後に濃厚なプルームが各地を襲った際の、生活行動パターンによる被曝リスクを大分しています。

26 震災発生当時、神奈川県、東京都にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/15(火)午前6時頃から午後2時頃までの行動は
管理人の分類によるプルーム第一波と第二波による吸気被曝の可能性を聞いています。

27 震災発生当時、茨城県南東部、千葉県北部、埼玉県、群馬県、栃木県にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/20(日曜、おおむね好天)正午から夕刻にかけての行動は
管理人の分類によるプルーム第六波による吸気被曝の可能性を聞いています。

28 震災発生当時、茨城県南部、千葉県北部、東京都東部、神奈川県東部にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/21(月、祭日、降雨あり)午前7時頃から正午頃までの行動は
管理人の分類によるプルーム第七波による吸気被曝の可能性を聞いています。

29 震災発生当時、外房地域にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/16(水)午前、3/20(日)正午前後の行動は
管理人の分類によるプルーム第五波、第六波による吸気被曝の可能性を聞いています。

30 子どもさん、または近所の子供たちの通園通学先で季節はずれの病気や発熱が増えたことがありますか?
その地域でのアルファ線源、ベータ線源の沈着状況、原発などの核関連施設や廃棄物処理施設からの放射性物質の放出の可能性を聞いています。
posted by ZUKUNASHI at 15:54| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。