◎被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト: ずくなしの冷や水

2017年03月31日

◎被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト

被曝症状の出現を最も大きく決定付けるのは、少なくとも福島第一原発事故に関しては、呼気による被曝、そして食品経由の内部被曝であることは多くの方の体験から明らかになっています。

今、相対的に軽度の被曝症状が出ていて、現在の生活習慣や生活環境を維持した場合に、相対的に重い症状に移っていくと懸念される人を対象に健康状態の悪化の程度、今後の深刻化の恐れを相対度合いで示せないかとの観点で作りました。質問項目A、B、Cが基本項目ですが、最新の人口動態統計によると悪化が顕著です。このため、D、Eのグループを追加しました。結果をお寄せいただくときはこちらも合わせて教えてください。闘病中の方の励ましになります。

移住した方は、AとBについては移住直前の状況を思い出して書いてください。併せて移住後についても採点すれば移住による効果が測定できます。また途中で飲食料品経由の内部被曝回避のため食品選択を強めた方は、A身体症状が最も強かった時点について記載してください。Cは初期被曝環境の評価です。移住してもあくまでも震災当時の状況について記載してください。

被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリスト

質問項目は全部で35、ABC三つのグループに分かれています。
A 既に現れている身体症状 このグループの問いについては、移住した方は移住直前の状況を思い出して書いてください。被曝回避のため途中で飲食料品の選択を厳しくした方は、症状が最も激しかった頃について書いてください。
1 「最近、非常に疲れやすい」ことはありますか?
@ 感じない
A 少し感じる
B 感じている

2 「喉が腫れている、嚥下し(呑み込み)にくい」ことはありますか?
@ なんともない
A 何となく違和感がある
B 明らかに腫れている(速やかに医師の診察を受けてください)

3 「最近、物忘れがひどい」ことはありますか?
@ 気にならない
A 時々、気になる
B とても気になる

4 ご自身や家族に皮膚症状(赤いぶつぶつ・ジンマシン・アザ・湿疹、水ぶくれなどなんであれ)が出ていますか?
@ あまり記憶にない
A 出たことがある
B 何度も出ている

5 痛みを伴わない下痢がありますか?
@ 経験はない
A 前に経験した
B 今でもときに経験する

6 こむら返りがありますか?
@ めったに足がつることはない
A 足がつることがある・一時よくつった
B しばしば足がつる

7 ご自身や家族が鼻血を出していますか?
@ 出ない
A 出ることは少なくなった
B 今も出ることがある

8 咳が止まりにくいことはありますか?
@ そのようなことはない
A 一時咳が続いた
B 咳が続いている

9 心臓の痛みを感じることはありますか?
@ 感じない
A 感じることがある
B たびたび感じる(速やかに医師の診察を受けてください)

10 頭痛がありますか?
@ ほとんど頭痛はない
A 感じることがある
B たびたび感じる(速やかに医師の診察を受けてください)

11 めまいやふらつきはありますか?
@ めまいやふらつきは感じない
A まれにめまいやふらつきを感じることがある
B ときどきめまいやふらつきを感じる

12 お子さんの身長・体重に伸び悩みが見られますか?
@ 問題はない・子供がいない
A 身長・体重の増え方が少ない
B 身長・体重がほとんど伸びない、増えない

13 老化が目立つと指摘されたり感じたことがありますか?
@ 特に老化が早まっているようには感じない
A 家族や友人から外見の変化を指摘されたことがある
B 自分でも急に老けたと思う

14 手足の親指の付け根が腫れたことはありますか?
@ そのような経験はない
B そのようなことがあった

15 足や手が麻痺したことはありますか?
@ そのような経験はない
A 一回ある
B 短時間のものも含めれば何度かある(速やかに医師の診察を受けてください)

16 痛みもなく足の爪が剥がれたことがありますか?
@ 経験がない
A 1回はがれた
B 2回以上はがれた

17 甲状腺の異常を感じてあるいは指摘されて病院を受診したことはありますか?
@ 特に異常を感じていないので診察診断を受けていない
A のう胞、結節が見つかり経過観察中
B 甲状腺の手術をした。橋本病、バセド病の治療をした

18 体調不良を感じて医院や病院を受診しても原因不明と言われたことはありますか?
@ 病院にかからなかった。かかったらすぐに病名が分かった
A 1回あった
B 2度以上ある

B 被曝回避の習慣・努力
このグループの問いについては、移住した方は移住直前の状況を思い出して書いてください。被曝回避のため途中で飲食料品の選択を厳しくした方は、症状が最も激しかった頃について書いてください。
20 東日本産の農産物や水産物を食べていますか?
@ 東日本産食品は食べないよう常に気をつけている
A 勤務先の会合などでは食べることもある
B 東日本産か西日本産かあまり気にしていない

21 外食で魚介類、寿司、ラーメンを食べていますか?
@ 食べない
C 月に数回(3回以下)食べる
F 月に4回以上食べている

22 国産牛肉、ハムソーセージなど国産畜肉加工品を食べていますか?
@ 福島第一原発事故後は食べていない
C 福島第一原発事故後 消費量を減らした
F 今でも良く食べている

23 食べて応援していましたか?
@ 食べて応援に反対
C 食べて応援していた。結果としてしていた。震災から1年程度
E 食べて応援していた。結果としてしていた。震災から2年程度

24 福島第一原発事故後、食品衛生に特に注意を払っていますか
@ 農産物の洗浄 ホコリの混入付着防止などに気をつけている
C 農産物の洗浄 腐敗防止に気をつけている
E 特に気をつけていることはない

25 外出時にマスクをしていますか?
@ 常に着用を心がけている
A 風の強い日、花粉が飛ぶ時期には着用
B 使わない

26 福島県やその隣接県に出張などで長時間滞在することはありますか
@ 行ったことはない
A 行くことはあるが日帰り
B 何日か滞在することがある

27 福島県に除染のボランティア活動などに行ったことがありますか?
@ 行ったことはない
C ボランティア活動などで行ったが滞在した時間は24時間未満
F 通算100時間以上ボランティア活動などで滞在した

28 内部被曝防止のため農産物などの検査結果を見ていますか?
@ 今もよく見ている
C 以前は良く見た
F 関心を持って見たことはない

29 運動していますか?
@ 定期的に(1週間に2時間半以上)強めの運動で汗をかくようにしている
A 仕事、通勤、家事などで身体を動かしているので運動量は足りている
B ほとんど身体を動かさない。運動量は少ない

C 居住地と生活行動の影響
このグループは、初期被曝のリスク環境についてお尋ねします。移住してもあくまでも震災当時の状況について記載してください。
30 震災発生当時どこに住んでいましたか?
@ 次のA、Cに掲げられていない道府県
A <東北>青森・秋田・岩手北部、<東海中部>静岡・愛知・三重・<東山信越>山梨・長野の北部・新潟の平場・<北陸>富山
C <東北南部>福島・宮城・山形・岩手南部、<関東>茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉・東京・神奈川、<新潟>新潟の東部山沿い

31 震災発生当時の生活行動は?
@ 屋外にはごく短時間しか出なかった
A 通勤や通学、買い物で屋外にいた時間が一日当り通常1時間程度
B 勤めの関係で屋外にいた時間が一日当り通常6時間以上

32 震災発生当時、神奈川県、東京都、埼玉県、茨城県、千葉県北部、栃木県南部、群馬県にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/15(火)午前6時頃から午後2時頃までの行動は
@ 外出はしなかった
C 午前6時からの2時間と正午前後の4時間で合計2時間未満外にいた
F 午前6時からの2時間と正午前後の4時間で合計2時間以上外にいた

33 震災発生当時、茨城県南東部、千葉県北部、埼玉県、群馬県、栃木県にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/20(日曜、おおむね好天)正午から夕刻にかけての行動は
@ 外出はしなかった
B 外にいた時間が2時間未満
D 外にいた時間が2時間以上

34 震災発生当時、茨城県南部、千葉県北部、東京都東部、神奈川県東部にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/21(月、祭日、降雨あり)午前7時頃から正午頃までの行動は
@ 外出はしなかった
B 開放空間にいた時間が3時間未満
D 開放空間にいた時間が3時間以上

35 震災発生当時、外房地域にお住まいだった方のみお答えください。2011/3/16(水)午前、3/20(日)正午前後の行動は
@ 外出はしなかった
B 外にいた時間が合計で2時間未満
D 外にいた時間が合計で2時間以上

36 子どもさん、または近所の子供たちの通園通学先で季節はずれの病気や発熱が増えたことがありますか?
@ 特に聞かない・子供がいないから知らない
A 1回あった
B 何度もあった

質問は以上です。
質問項目で選択した回答の頭にある丸数字を合計してください。
この合計値が大きいほど、これまでの被曝累積が大きい可能性があります。

Aの点数が高い(20点超がめど)方は、既に次に掲げるような症状が現われているか、先行き、より深刻な心筋梗塞、白血病などの疾病が現われる恐れが強いと懸念されます。症状が現われたら、速やかに病院を受診してください。(20)番以降は、(18)番以前に比べてより深刻な症状です。 

D 身体症状
D前半
(1) 鼻血 1
(2) のどの痛み 1
(3) 声がれ、長引く空咳 1
(4) こむら返り 1
(5) だるい 眠い・・・疲れやすい、疲れが取れない、だるい 1
(6) 息切れ 1
(7) 心臓の痛み、肩こり(特に左肩) 1
(8) 原因不明の高熱 微熱 1
(9) 飲食後の腹痛、下痢、眠気 1
(10 口の中にできる血豆、口内炎 1
(11) 頭痛 1
(12) 指の爪の表面がデコボコになる 1
(13) 足の指の爪が痛みもなく剥がれる 1
(14) 歯が欠けた 1
(15) 抜け毛が多い 1
(16) 皮膚の異常・・・ジンマシン、あざ、赤いブツブツ、帯状疱疹 1
(17) 手や足の親指の付け根が腫れた 1
(18) 白斑 1
D前半 該当項目のカウント数 18 0
D後半
(20) 手指の感覚の違和感・・・しびれ、温度感覚の喪失、指先で物がつかめない 1
(21) 骨折 1
(22) 視力低下 一時的失明・・・子供の視力低下、老眼の進行、白内障、視野にモザイクがかかる 1
(23) 嗜眠、過眠、傾眠、意識途絶 1
(24) 風邪を引きやすい。インフルエンザ類似症状が長く続く 1
(25) 卒倒、白目、痙攣 1
(26) 吐血、下血 1
(27) 血管炎、関節炎 1
(28) 金属アレルギー、重金属過敏症、化学物質過敏症 1
(29) 胃腸炎、胃の痛みが継続する 1
(30) 失禁、おねしょ、便漏れ 1
(31) 身体が臭い 1
(32) 腰痛 1
(33) 性格の急変 1
(34) 外見が急に老ける 1
(35) すぐ忘れる、思い出せない 1
D後半 該当項目のカウント数 16 0

E 医師による検診・診断結果
1 甲状腺の異常(腫れ・のう胞・結節)・機能低下による経過観察中
2 甲状腺の障害で治療を開始した
3 甲状腺の摘出手術を受けた
4 がん検診で異常が見つかった
5 心疾患で治療を開始した
6 動脈かい離・動脈瘤で治療を開始した
7 脳梗塞・くも膜下出血の疑いで治療を開始した
8 腰痛が激しく治療を開始した
9 体調不良で入院したが原因が分からなかった


・・・・・

計算がしやすいよう、また日を改めてチェックすることにより、症状の改善を確認できるよう表計算のシートを作りました。自在にカスタマイズして使ってください。もちろん配布自由です。

セルフチェックをやった方は、お手数ですが、ABCグループごとの点数をコメント欄から教えてください。移住した方は移住直前の時点での採点結果と移住後半年以上経過した時点での採点結果をともに教えてください。寄せられた結果は、集計の上、なんらかの形でフィードバックします。管理人が特に懸念することがあれば、直接お知らせすることもあります。

既出関連記事
2017年03月20日
◎被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリストの使い方


2017年02月09日 
被曝による身体状況の悪化セルフチェック点数分布
2017年02月05日
被曝による身体状況の悪化セルフチェック 設問の意図説明
2017年02月06日
今からでも遅くない 放射能汚染食品排除で体調を改善できる
2017年02月07日
放射能には人並み以上に気をつけている? それならセルフチェックで確認を
2017年02月08日
被曝による身体状況悪化セルフチェック結果から 足の爪がはがれた事例が2件登場
2017年02月08日
被曝による身体状況悪化セルフチェック結果から 西日本での被曝回避努力の不足が身体症状につながっている
2017年02月09日
移住前と移住後の自身の健康状態が顕著に違うことを改めて感じる
2017年02月10日
あなたの311前の被曝履歴、亭主の飼いならし度まで当ててみせます
2017年02月12日
被曝による身体状況悪化セルフチェック結果から 意外に低い避難移住のしきい値
2017年02月12日
身体状況セルフチェック結果から 初期被曝は福島から遠隔地でも生じた
2017年02月11日
体調不良に気づいて対策を講じたのは何年後? 健康障害はその期間に比例する
2017年02月19日
身体状況セルフチェックの集計結果を送信します
posted by ZUKUNASHI at 15:13| Comment(10) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ご苦労様でした♪ ぴしっとまとまって、全体がすきっとしています。(久しぶりにこういう感覚を思い出しました。実は、文章を評価する時には、内容を読むのではなく、全体を見るんです。)セルフチェックリストとしては、充分なレベルの完成度だと思います。

改めて、やってみると?
A 21 B 11 C 5 計37

でした。付き合いで外食するのが皆無ではないこと、震災前からの持病? がカウントされること、震災時の屋外労働が、効いている感じです。あとは、コンビニの利用をさらに減らすことくらいかなあ?
Posted by ぷう at 2017年02月02日 17:45
アンケート表も完成させます。
誰か同居相手がいれば、被曝回避にも大きなプラスなんですが。下流老人の共同ホーム、やはり考えないといけないんですが、いろいろ調べているうちに、候補地に重大な懸念が生じました。
Posted by ずくなし at 2017年02月02日 18:42
できたら印刷用のPDFかWORDファイルをお願いします。

A19 B9 C3 計31

周囲の人や家族の健康状況というのは指標にならないでしょうか?
地域の意識、認識の抑圧度とか、被爆回避に影響を与える要素とか
情報の取り方など
Posted by SY at 2017年02月02日 23:22
下流老人ホーム? 戦闘が始まる直前のガダルカナルに建てるか? 本土に建てるか? ガダルカナルでしか経験できないこと、学べないことも多々あるでしょうが、私は嫌です。苦しいのとか、痛いのとか、嫌ですもん。まあ、自分が苦しんだり死んだりするのはまだしも、周りの人たちのそういう姿は、なるべく見たくないですね。

経験的には、人の心を鍛える苦労と、人の心を腐らせる苦労があることを学びました。消耗戦で先が見えない場合には、そういう状況から身を引いて、新天地を探すことこそが、学びということもあります。新天地で、それこそマイナスから始めなくてはならなくても、少しずつ積み上げていくことはできます。

百のプラスがあるところで、苦労して10減るところを5に抑え続けたとしても、その苦労の末に、いつかは0になり、マイナスになってしまいます。

そういう意味では、いまいる位置の座標よりも、ベクトルの方が大事でしょうね。これは、国全体に関しても言えることかもしれません。既存の利権や財産を何とか守ることにエネルギーを費やして、下向きのベクトルを上向きにすることには、エネルギーを回していない。

私のなかでは、警告音が鳴り終わりました。問題が解決したからではなく、もう時間切れだからでしょうね。正しい決断を適切なタイミングで実行するには、60%の情報が集まった時点で、決断して動け! と言います。80%まで待つと、決断そのものの正確性は高まっても、タイミングを逃して競合に負けると。

書きながら、我が恋愛遍歴を振り返って、涙していますが(ToT)
Posted by ぷう at 2017年02月03日 21:12
もし本当に時間切れなら、もう束縛はないでしょう。損得考えず自由に動いてください。
私的な経験からは、動けるときしか動けない、次のタイミングを待てですが
Posted by SY at 2017年02月04日 00:04
以前、成田市のゴミ焼却所数値をコメントした者です。未だ住んでいますが、体調悪いです。1番は筋力弱まりです。脚が攣ります。あと、疲れやすい、喉に違和感、筋力異常で転びやすい。56歳の知人男性が脳に菌が入り急死。免疫落ちています。50代の女性も癌で亡くなり、葬儀屋は忙しく荼毘には何日も掛かっています。子供は他に移住しましたので、あとはどうするか考えています。
Posted by SUZUKI at 2017年02月17日 06:33
お住まいの地域は、人口動態が悪化しています。できれば移住を実行されたほうが良いと思いますが。
Posted by ずくなし at 2017年02月17日 10:01
有り難う御座います。成田でなく、今は香取市です。更に悪いです。人口減り続けています。香取市は殆どがお年寄りですので皆さん、魚は身体に良いと食べ、落花生や根のモノも食していますがご年配ですので…。
私の友人知人で先週脳梗塞になり入院中の方、乳癌3年目の方、膀胱癌になり来月手術する方、転倒し肩を骨折した方、彼女らはまだ50.60代です。茨城県に暮らす中学生の男の子が白血病になり長期入院されています。これは正にです。こんな事は今までなかったです。去年から急に増えました。。
Posted by SUZUKI at 2017年02月17日 11:03
ずくなしさん、こんにちは!
毎日欠かさずずくなしさんのブログを拝見して、ゆるみそうになる気持ちを引き締めています。
いつもありがとうございます。

来週、隣の市に引っ越すことになったので、片付けをしていたら
2011年に自分の体調を記録したものが出てきました。
それを読んでびっくり。
かなり悪かったとは思っていましたが、ここまでひどかったとは。

それでずくなしさんにも読んでいただきたいので、ここにその記録を転載します。
なお東京での居住地は東京西部でした。

********************************************
3月11日、職場で勤務中に東日本大震災にあいました。
外部被曝、内部被曝などの知識もなく、
また14日からは計画停電の対応に追われて情報を収集する余裕もありませんでした。

3月15日、仕事帰りに雨に濡れてしまいました。
右手薬指を怪我していたのですが。そこが雨に濡れて
しばらくしてから右手に赤いボツボツが出ました。
その後、右腕続いて左腕にも赤いボツボツが出ました。
そのボツボツは火山のクレーターのようになり、血が出てなかなか治りませんでした。
5月になってやっと血がおさまってきたと記録に書いています。

このころ、下痢、頭痛、倦怠感に悩まされました。
咳も止まらなかったので喘息だと思い通院したときに、
ドクターに腕の疱疹を診ていただいたら、血液検査をしてくださいました。
このとき、私は知らなかったのですが甲状腺の検査もしてくださっていました。
結果は甲状腺は異常なしでしたが、肝臓の数値がかなり悪かったです。

6月、熱が下がらず1ヶ月間咳が止まらない、喉がひりひりする、
下痢が止まらない、体がだるい、小さな疱疹が繰り返し出る、
紫斑が出るなどの症状がありました。

7月、愛犬を連れて多摩川に行きました。愛犬が大量の鼻血をだしたので驚きました。

8月、多摩川に行った帰りに突然背中が痛くなり、病院へ行くと帯状疱疹という診断でした。
全身に疱疹が広がり、治るまでにかなりながくかかりました。
このあと短期間に3回も帯状疱疹を繰り返しました。

同じ8月、右の腋の下のリンパが腫れ、乳腺炎のような痛みが出ました。
痛くてものが考えられないほどで、痛みどめも効きませんでした。

9月、乳がんの検査に行ったが乳がんではありませんでした。

10月、森林公園に行ったあと、うちの愛犬たちの目が腫れました。

11月、心臓が急に痛くなりました。

12月、退職し移住。
移住してから心臓の痛みはおさまり、咳もとまり、下痢はかなり減り、疱疹もでなくなりました。
(国産小麦や海苔を食べると下痢しましたが)

*****************************

この記録を読んで、もう一度セルフチェックしてみましたら
移住前は38点という結果がでました。
あとで結果を送らせていただきます。




Posted by ひまわり at 2017年03月14日 13:40
ひまわりさん いつもご協力ありがとうございます。
Posted by ずくなし at 2017年03月14日 13:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。