横浜は滅びるままに そうかも知れません: ずくなしの冷や水

2016年12月22日

横浜は滅びるままに そうかも知れません

2016/12/22、Yさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

横浜の基準は「学校・保育園に年間210日登校し、1日8時間全て屋外で過ごす」とした時、0.59μSV/hだと年間1mSVになるので、1cmで0.59μsv/h未満は安全なので学校・保育園の敷地内に埋めていいというものです。

これは国の基準の50cm 又は1mで0.23μSV/h以下であっても除染するので厳しい基準です!(キリッ)と教育委員会の担当の人達は勝ち誇ったように言います。

これで騙せると思っている方も、これで騙される方も付ける薬がないように思います。
どのみち、横浜はもう滅び行くままに任せるしかないのかもしれません。

年間210日で、学校にいる時間8時間/日で 年間1ミリSV
       学校外にいる時間16時間/日で年間2ミリSV
残りの365−210=155日も同様の汚染だと、
 0.59μSV/h ×24時間×155日 =約2194.8 μSV
                 = 約2ミリSV
 1ミリSV+2ミリSV+2ミリSV=5ミリSV/年が横浜基準です。
原発作業員が白血病発症の労災が下りる基準になります。

末端の教育委員会の担当者はこのことが理解できていないようですが、事故後、横浜の汚染の基準を年間5ミリ以下にしたら対応できないと判断した対策本部の人たち(マスコミの取材拒否の議事録なしの会議)が決めたわけで、横浜で何か対策したところで意味がないと判断したのかもしれません。

そして、誰がどう言っても「土壌のベクレル測定は必要ない」の
一点張り。
末端の役人は、そうやって市民を騙せたら昇進のお約束でもあるのかもしれません。
(自分も死ぬのに・・下っ端役人の使い方は絶妙です。)
福島を逃さないのは神奈川・東京をはじめとする首都圏を逃さず捨てる布石なのかとは思っていましたが、知れば知る程やはり・・と思うことばかりです。

保育園に0.59μSV/hの土を埋め(横浜の保育園の9割が市の指示に従っています。)、子どもたちはその園庭や校庭でどろんこ遊びをし、その保育園や学校に妊婦さんも出入りする・・

歯が生えるのが遅いぐらいで済んでいるなら、御の字ではないでしょうか?

・・・引用終わり・・・

横浜市の説明は、よく分からないです。

今の時点で「1cmで0.59μsv/h」というのは、ガンマ線だけの測定でしょうからものすごい数値です。管理人がミニホットスポットを探しても1cmで0.59μsv/hの場所など1箇所あったかどうかでした。

プルームが流れてきて0.6とか1.2μSv/hはありましたが。

0.59μSv/hの線量率を前提にして議論しているところが、そもそも現実乖離です。議論になりませんね。



今、東葛の濃厚汚染地帯でも空間線量率0.23μSv/hは少ないです。私が2015/1に我孫子でやった地表10cm連続歩行測定で0.23μSv/hでした。これはベータ線を一部含みます。

有償配信記事に書きましたが、0.32μSv/hは直ちに現場を離脱すべき線量率水準です。外部被曝だけでもそうですし、ご心配になっておられるように、線量率が高い場合の放射性線源が空気中を飛ばないという保証はありません。

横浜市当局は、もっと人がばたばた死んでも知らぬふりをするでしょう。それしか対応しようがありませんね、役人としては。

・・・・・

Yさんは本当に怒っている。追加のコメントが寄せられた。

米軍が撤退するのが        0.3μSV/h
チェルノブイリで廃村になったのが 0.2μSV/h
横浜は保育園に埋めていいのが   0.59μSV/h・・・

どう考えたら、大丈夫、安全と思えるのか教えてほしいです。

ぷうさんの投稿にあったように、冬至や立春が来たらまだ来ていない春を感じて準備していた以前の日本人は今よりずっと能力が高かったように思います。
昔は、そうできない人間は死に絶えたからなのでしょうか?

今の保育園や学校を運営するために、今そこにある汚染をないことにして今まで通りに生活することを選んだ横浜市。
誰がどんなに指摘しても、子供を守る気なんてサラサラない教育委員会。
子供が生まれなくなるのが先に来るなら、横浜市の保育園が運営できなくなるほど赤ちゃんがいなくなるまでに後何年くらい猶予があるのでしょうか?

すでに、その親となる世代は6年近くたっぷり被曝しています。
こんな国に生まれてくる子供は不幸です。
別の国に生まれて欲しい。

昨日、駅で見かけた片松葉杖の男子高校生、片方のスネの部分に足をサポートする金属製?のギブスようなものを巻いていました。
そのまま地下道を歩いていると、30〜40代位の男性で松葉杖の同様のギブス?を巻いた男性とすれ違いました。
身体が斜めに傾いた状態で、松葉杖で歩いていました。

お仕事はどうしているのだろう?と勝手に心配していました。
身体の自由が利かなくなり、移動に人一倍時間がかかれば、デスクワークでパソコン操作のみという種類の仕事以外は難しいですよね。

宅急便のドライバー、八百屋さん、・・両手を自由にして歩けなくなったらできない仕事も多いです。
横浜駅の周辺を歩いただけでその途中で何人も松葉杖の若い世代の人を見かける程事態は進行しています。
大丈夫と思える人が羨ましいくらいです。

知人の旦那さんは抗がん剤を使っていますが、1回十数万の抗がん剤を何回も使うので、お金がかかると言っていました。
払える人はだんだん限られて来ています。
家族全員、抗がん剤を使うことになったら、誰が入院準備や支払いをしてくれるのでしょうか?

オスプレイが沖縄で墜落したって、自分の頭上に落ちていないから大丈夫と思う感覚と似ているのでしょうか?
posted by ZUKUNASHI at 15:42| Comment(5) | 福島原発事故
この記事へのコメント
こんばんは。

知人の旦那さんに伝言してください。

「抗がん剤は死を促進する劇薬なので今すぐ止めた方がいいですよ」

って(^^)
Posted by デスラー at 2016年12月22日 19:40
デスラー様に全く同感です。

抗がん剤、放射線治療、手術、、どれも海外では逆に有害である、と結論が出てるようにネット情報で散見します。

癌に対する今の日本の医療方針は、アメリカでダブついてる在庫の消化を目的としてなされているようです。
患者の立場とは対極ですよね。

私の父は、ステージ1の極々初期の癌と診断され、迷った末に手術を受けたら、その半年後には棺の中で眠る羽目になりました。
余命1ヶ月になるギリギリまで、高額な抗がん剤や放射線治療や手術を繰り返して、家に帰りたい家に帰りたいと言いながら、物凄い速さで弱って行きました。





Posted by りえぴん at 2016年12月22日 21:02
お早うございます。

「アメリカでダブついてる在庫の消化を目的としてなされているようです。」

子宮頸がんワクチンやバリウムもそうですよね!
Posted by デスラー at 2016年12月23日 09:10
抗がん剤を使わない治療。
身体を殺すだけの抗がん剤とわかっていても、
なかなか、よその家庭の治療方針まで口を出すことはできません。
奥さんご本人がそう思ったとしても、義理の父母の考えはどうでしょう?
「医者が勧めているから・・」そちらがいいに決まっていると言われたら
治療をあきらめて見捨てる嫁のレッテルを貼られるわけです。

これって、本当に被曝問題と同じですよね。
「偉い人がいいと言っているから正しいに決まっている。」
「テレビでこういう治療がいいと言っていた。」
「変なデマを信じる狂った人」などなど。

自分の信じる方法が正しいと疑わない人にとっては、
抗がん剤の恐ろしさ、被曝の恐ろしさ、・・理解できないのだと思います。
残念ですが。
Posted by Y at 2016年12月23日 15:01
15年ほど前に過労と心労で胃がんの初期と検査で判定されましたが、意地でも精密検査までに治そうと思いあらゆる代替治療の本を読んで、結局はひたすら寝て休養し、家族も含めて一切人に会わずにストレスフリーにし、出どころの安全な植物性100%のビタミン剤を多めに飲んで、身体に負担のないもので食べたいものを食べ、食べたくなかったら食べない、と外も中も身体を休めたら1ヶ月で治りました。
がんは医療ビジネスです。
また、私は腎臓と心臓と肺の持病もあったのですが、全て気功でキレイに治しました。
自分の身体のサインをちゃんと聞いてあげることがとっても大事です。
ただ子供は自分で自分に投資ができませんので、親が子供のサインを即座に察知しケアしてあげる必要があります。
岡山県など放射能から安全な県が、被災者を受け入れたりしているそうですので、私が親であれば安全な土地に移住すると思います。
Posted by TokyoJapan at 2017年01月12日 02:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。