アレッポ東部からテロリストを運ぶ車列は救急車を先頭にそろそろと行った: ずくなしの冷や水

2016年12月20日

アレッポ東部からテロリストを運ぶ車列は救急車を先頭にそろそろと行った

このブログ管理人は、2015/9/30、シリア内戦にロシア軍がシリア政府軍の加勢で入ったことを知り、シリア内戦の解決は早まると信じて1年以上シリア内戦の動向を追ってきました。最大の激戦場、アレッポから一部のテロリストを残して戦闘員がほとんど退出したことにより、和平はぐんと近づきました。

大変喜んでいます。下の画像でも分かりますが、戦闘員の多くは若い青年たちです。1日100ドルで雇われた日雇い労働者です。シリア政府は、若者の雇用確保に手落ちがあったのだと思います。アラブの春などという外国勢力による政府転覆の動きに乗せられ、フォトショップで作られた偽画像で内戦が始まってしまいました。

アレッポ市内の画像を見るとほとんどが廃墟同然です。工場も家も壊れ、若者は死に、傷つきました。テロ組織は、政府レベルのサポートがなければ維持できません。ISISは米国が作り、育ててきました。

米国の外国政府転覆戦略がここでほとんど頓挫しようとしています。歴史的な日々を私達はネットを通じリアルタイムで見ています。

テロリストなどの退出の出発点の一つがラームーサ・ロータリーです。ここはインターにもなっています。本線は真ん中辺りで遮断されているようで大型バスは通れないようです。ラームーサ・ロータリーの全景。Google Earthから採りましたので撮影時点は何年か前です。


この地区に集結したバスに駆け寄る人達。テロリストの戦闘員のようです。一般の戦闘員は本当に安全に脱出できるのか半信半疑だったと思います。逃げたくても仲間に殺される恐れがあったわけですから。


2016/12/16の早朝、バスが集結したところに戦闘員がトラックに鈴なりで到着します。




バスが40台以上見えます。


この地図は上が北です。画像の上の端の辺りが中心地です。


バスが戦闘員を乗せて動き出しました。この高速道路を右手に行きますが、本線への進入路に入りにくいのでしょう。いったん向うの坂を上って行き引き返してきます。




こちらは前日の退出の車列です。救急車が先頭にいます。向うに見えるコンクリート製のカルバートのようなものが何かよく分かりません。




バスはゆっくりと人が歩くより少し速いスピードで走ります。


テロリスト戦闘員の一部は自分の車で脱出しました。




バスの横をゼッケンをつけて歩く人がいます。バスの安全確保の要員でしょう。周りに目を配っています。こういうことまでクソまじめにやるのがロシア流なのでしょう。


テロリストの退去は何回も繰り返されました。最初使われたグリーンバスがイドリブ州で放火されたりしてバスが不足、様々なバスがしかも泥だらけで集まってきています。遠方から駆り集められたのでしょう。







左から2台目の車両は、テロリスト戦闘員を乗せて到着したトラックです。


こちらは、イドリブに着いてバスから出た戦闘員です。彼らはまた明日から戦闘に従事しなければなりません。


テロリストの退出に喜ぶ住民たち。立っているのはシリア軍の兵士でしょうか。彼らの戦いの日々はまだまだ続きます。


車列はスピードを上げてラームーサ・ロータリーから遠ざかります。この辺は最後まで激戦が続きました。




何度も停戦しては裏切られ、空振りになりながらもロシア軍は粘り強く交渉してきました。ここ1ヶ月以上ロシア空軍はアレッポ自体は空爆していないはずです。そしてとうとう実現させました。戦闘員の退去を。これは、他の戦闘地域にも波及します。

アサド政権は、降伏したテロリストには恩赦を与えています。各地で降伏の動きが続いています。若い人達が仕事を見つけて希望を持ち落ち着いた暮らしに戻れる日が一日も早く来るよう願わずにはいられません。

戦闘員の涙。まだ若い、まだやり直せます。


ガレキの除去が始まっています。


イドリブ州から避難してきた民間人です。救出は事前の合意にもかかわらず何度もテロリストの妨害にあいました。


元の動画はこちらです。
FARSNEWS2016/12/16
Aleppo Evacuation Starts after Militants Agree Fua'a, Kafraya Civilians Evacuation (2)
TEHRAN (FNA)- The militant groups started evacuating Eastern parts of Aleppo city after their comrades agreed to allow 15,000 besieged civilians from the two towns of Fua'a and Kafraya in Idlib to leave their towns for government-ruled territories. [VIDEO]

こちらも見ごたえがあります。
TEHRAN (FNA)- The militant groups left Aleppo along with thousands of their relatives and family members on Thursday and Friday. [VIDEO]

FARSNEWS
More Buses Go through Ramouseh Crossing to Evacuate Rest of Militants from Eastern Aleppo

RTの流した画像はYouTubeにあります。他にもたくさんの動画が出ています。

RT2016/12/16
3,000+ militants & their families leave E. Aleppo on Day 1 of evacuation operation – Russian MoD

On Thursday, nine convoys carried over 6,000 people out of eastern Aleppo on the first day of an evacuation operation to transport militants and their families out of the city, the Russian Reconciliation Center said in a press release on Friday.

By Friday, nine guarded convoys had taken a total of 6,462 people out of the city through a humanitarian corridor, including more than 3,000 fighters and 301 wounded.

A nighttime video from Ruptly news agency shows a convoy consisting of green buses carrying opposition fighters and their relatives through a special corridor that leads from eastern Aleppo’s Salaheddin neighborhood to the Er-Rashidin-4 district on the western outskirts of the city.

In Er-Rashidin, the passengers were reseated on other buses, which took them on to the Idlib governorate.

All passenger buses and ambulances are accompanied by officers from Russia’s Center for Reconciliation of Opposing Sides in Syria and representatives of the International Committee of the Red Cross (ICRC).

In order to ensure safety, special security checkpoints have been set up along the convoys’ route. The evacuation operation is also being monitored by web cameras set up along the corridors by the Russian Defense Ministry, as well as surveillance drones, in order to prevent provocations from the militants.

The Syrian government will ensure the security of any member of a militant group who is willing to leave eastern Aleppo, the Russian Reconciliation Center’s statement said earlier.

2016年12月15日
アレッポの戦闘再開そして終結

2016年12月11日
シリア軍の一時的停戦でアレッポから市民5万人が脱出

2016年11月30日
アレッポは原爆が落ちたわけでもないのにこんなに荒廃しています 

posted by ZUKUNASHI at 18:50| Comment(5) | 国際・政治
この記事へのコメント
プーチンさんのニュースで感じたんですが、
ネットでもアメリカが民主主義とか人権とかいってデッチあげして
騒乱起こしていることは陰謀論扱いなんでしょうか?
ユーゴスラビア
911
イラク
リビア
ウクライナ
シリアも同じような手口でメチャメチャにしてるのに
アレッポで国民を殺しているプーチンと経済協力なんてと怒っていることが???です。

今アメリカは、日本の反核運動を支援しているそうですので、
そんなのも関係あるのでしょか?
Posted by 水車 at 2016年12月17日 01:18
おもてに出ない隠された目的で事件を起こすことを陰謀と言い、そういう企みを暴く立場で物事を論ずることを陰謀論というのであれば、ユーゴからシリアまでみんな陰謀ですし、ネットでは陰謀論の立場から論じる人も多いです。
私は、シリアについてしか詳しく調べていませんが、日本では多くの人が、「アラブの春」が米国などが仕掛けた陰謀であり、シリアがフォトショップの偽画像からはじまったということは認めたくないようですね。
放射能は危なくないという観念を持つのと「アレッポでシリア人を殺しているプーチン」という観念を持つのと、同じようなものと思うようになりました。
力を持った人の言うことを真に受けているほうが絶対楽です。自分で調べたり、考えたりしなくて済むわけですから。
友人が「米国の人権外交」と口走ったときは、本当に驚きましたが、そういう前提で新聞やネットの情報を取捨選択しないと、つまり疑問を感じ始めたら精神生活にすごいストレスが生じますね。
米国はロシアと経済協力など止めろと言ってきているそうですから何か一言言わなければならないときには、そういうふうに言うのが一番楽です。
ネツトの発信、発言はそれぞれの人の自由なので別にもうなんとも思わなくなりました。
正しい情報は選び出すのに手間がかかりますが、全体が整合性をもって矛盾なく理解できるものが一番正しいです。
「日本の反核運動を支援している」ことは初めて知りました。支援するふりをしてトロイの木馬を送り込むのは米国のというか陰謀でよく使われる手です。
Posted by ずくなし at 2016年12月17日 01:51
311前はB層でした(笑)
中東のこともチンプンカンプン
今も、そんなに詳しく調べてはいませんが、
ネットでググルと知らないことが一杯でホントビックリです。
知っていてもどうしようもできないですしね〜

https://m.youtube.com/watch?v=e9nMXskO8Z4
ここで、日本は自主防衛させない為にとの発言があって
で、気がついたんですが、元総理の反原発運動は
これからきてるとかだったりして…
Posted by 水車 at 2016年12月17日 06:53
アレッポに残っているのはテロリストだということは
こちらのニュースではほぼ流れません。
ただ、破壊された町並みと怪我人の映像ばかり。

こんなのばっかり報道してるのでシリアは殺人独裁者の国
だとみんな思ってます。人道的に助けろとかなんとか言って
この間も議員がわざわざ現地近くまで足を運んで門前払い。

この人達も真実を知ったらあれっと驚くでしょう。
でも幸いオバマに加担してロシア(大統領)批判する向きは
ほぼ見当たりません。でも、もともとがアメリカ嫌いですからねえ。

それにしてもオバマもあと一ヶ月の任期なのにクリスマス・新年の休暇前になって
今頃何言い始めたのでしょうか。これほど国民のためになることは
(オバマケアを除いて)ほとんど何もしなかった大統領なんて
これまで見たことありません。おそらく誰かに後ろから脅されてやってるの
だろうと思います。一人じゃプーチンを敵に回すなんて怖くて出来ないでしょう。

Posted by suszuran at 2016年12月19日 06:03
アメリカが日本の反核運動を支援している? という話は初めて聞きました。確か野田前総理が、原発からの撤退の了承を求めて、オバマに断られて、そこから原子力村もとい原子力虫が盛り返して、現在に至る? という認識でしたが? 小泉元総理の動きが目立ちますが、あの方は米軍のレーガンの被曝兵のために涙を流しましたが、日本人の避難や移住についての発言は耳に入ってこないですからね。

で、日本国民には入らなかった情報ば、ぜんぶアメリカ政府には伝えられていたのに、東電が情報を隠蔽したから? というのは変ですね。ペンタゴンが知っていて、わざと被曝させた可能性もありそうですが? 前科はたくさんありますからね。

このあたりからは、陰謀論になりますが、日本の原発が、アメリカの核兵器や劣化ウラン弾の原料供給源だから、アメリカは日本に原発をやめさせない? という話もありますね。そのおかげで、福島第一の対策も進まず、原発再稼働が相次ぎ、来たる大地震でまた事故が起きれば、アメリカ全土にまた放射能が降り注ぐ。

国民の命や健康を守らないのは、日本だけじゃない。アメリカもそうですよ。白血病とガン以外の被曝障害は、存在しないそうですから、日本の311対応のロールモデルは、彼の国ということになるでしょうね。
Posted by ぷう at 2016年12月19日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。