この実は何でしょう?: ずくなしの冷や水

2016年12月07日

この実は何でしょう?



管理人の手でようやく握れる位の大きさです。



こんなふうに生っていました。畑にいたご婦人からもらいました。カラスが次々に食い散らすと聞いて、歩きながら裂いてカラスの真似。アケビと同じように種が多く、それを包むゼリー状のものが甘いです。甘さはアケビと同じくらい。



アケビは皮を料理に使うと言いますが、こちらは果肉の内側に固い木質のようなものがあり、料理に使うには手間がかかりそうです。

花はこちらにあります。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/44535796.html
posted by ZUKUNASHI at 13:47| Comment(10) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
大実ナツメのように見えます。苗を予約したところで、実物は見たことがないのですが、日本ナツメより大きい、ミニリンゴのようなナツメがあります。収穫は秋、遅いもので12月上旬です。
Posted by koton at 2016年12月07日 08:34
確かにナツメに似ていますね。色が出ていませんが、実物は紫色が強いです。
可憐な花からは想像できないふてぶてしい実です。
Posted by ずくなし at 2016年12月07日 09:41
>紫色が強い
>可憐な花

アケビでしょうか?
Posted by YK at 2016年12月07日 10:56
YKさん 惜しい! もう1歩。
Posted by ずくなし at 2016年12月07日 12:29
ははーん、ムベですね。
Posted by ひぽぽ at 2016年12月07日 13:29
ひぽぽさん 当りです。
賞品にもしご希望ならこの実を差し上げます。
Posted by ずくなし at 2016年12月07日 13:37
バンザーイ!数年前にご近所さんから小さな苗を頂き植えました。まだ実は生っていませんが。ですので、賞品獲得権はYKさんにお譲りしますね。幼い苗からは想像もつかない頑丈なつるがフェンスに絡み付き、草ぼうぼうの庭がさらに野趣あふれるジャングルになっております。
Posted by ひぽぽ at 2016年12月07日 14:02
では賞品はYKさんに。まとめて三つくらいいかがでしょう。
この実の種を撒けば、苗はいくらでも生えてくると思います。
いかにももっともという意味の「むべなるかな」はこの実から来ていて、謂われがこちらにあります。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/mubenarukana.htm
管理人はムベのたくましい生命力と実のふてぶてしさがよいと思いますが、地域によっては自然破壊の雑草と見るところもあるんですね。
ひぽぽさんの庭は、そのうち自然生態系暴走の見本として小学生が見学に来る日も近いでしょう。
Posted by ずくなし at 2016年12月07日 14:23
ひぽぽ様、お譲り頂き有難うございます。
10年以上前、実家の母に「目隠しになるような常緑の植物」と頼まれて、偶々見つけたムベの苗を大きな鉢に植えた事があります。
残念ながら実がなるようになる前に水遣りを忘れて枯らしてしまったのですが、
そういえば、あれは何という名前だったっけ?と記憶と格闘していたところです。
(ムベの別名トキワアケビ・・・すっかり忘れていました)  

植える候補地はあります(根元に陽が当たらなくて、フェンスに絡ませられる)ので、有難く頂戴したいと思います。
Posted by YK at 2016年12月07日 16:28
YKさん メールを送りました。賞品の送付先を教えてください。
Posted by ずくなし at 2016年12月07日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。