イエメンで中性子爆弾 イラクで白リン弾 シリアで劣化ウラン弾が使用された疑い濃厚: ずくなしの冷や水

2016年11月08日

イエメンで中性子爆弾 イラクで白リン弾 シリアで劣化ウラン弾が使用された疑い濃厚

シリア全域で米国の攻撃に劣化ウラン弾が使われているとの指摘が出ています。
2016年10月30日 A Ghastly History: US Is Using Uranium Weapons Against Syria

イラクでは白リン弾が使われています。
2016年10月29日 モースルで白リン弾が使用された


イエメンでは中性子爆弾が使用されたとの批判があります。
2016年10月28日 あれはやはり核爆弾か
2016年10月09日 サウジはイエメンで中性子爆弾を使用したのか?

画像クリックで動画


比較的近いところで撮影された動画には、ノイズが出ています。


中性子爆弾や白リン弾をサウジ軍やイラク軍が独自で開発しているとは思えません。どこが供与ないしは自ら使用しているか、それは明らかでしょう。中東を武器の実験場にしている。それはロシアも同じです。

イランのザリフ外相が2016/11/8、バレスチナレジスタンスグループとの会合で、イスラエルは核弾頭を少なくとも200発有していると述べています。 イスラエルの保有する中性子爆弾が使用された可能性を拭い去れることができません。
posted by ZUKUNASHI at 22:31| Comment(3) | 国際・政治
この記事へのコメント
兵器の説明をします。中性子爆弾は、冷戦時ソ連のブレジネフがSS-20と言う3個核爆弾を搭載した中距離核ミサイルを西欧攻撃するために配備しました。これが大きな政治問題になり、米国が対策としてソ連の戦車軍団の兵士だけを強力な中性子線殺すために開発されました。白りん弾は、イスラエルがパレスチナとの戦争でつかつています、吸い込むと肺が燃えます。劣化ウラン弾は米国がイラクとの戦争で戦車を破壊するために使いました。
Posted by 西 亨 at 2016年10月31日 09:02
ロシア空母機動部隊は11月1日現在地中海のアルジェリア沖にいます。潜水艦を同伴してきていませんでした。ロシアのアクラ型原子力攻撃潜水艦2隻と通常型のキロ型潜水艦1隻が、到着するの待つています。それから演習をする予定のようです。当然米国と英国の原子力攻撃潜水艦は、追跡しています。地中海は、米国が支配している海です。黒海は、今はロシアの海ですが、昔はトルコの海でしたがロシア帝国のマカロフ提督が戦争でトルコから奪いました。マカロフ提督は、ロシアでとても優秀な人です。本も書いています。それから日露戦争に参加され、東郷司令官のT字戦法を見破り、戦いました。運悪く、バルチック艦隊来る前に戦死しました。日本海海戦は、天が味方しました。
Posted by 西 亨 at 2016年11月01日 08:41
"The Royal Navy and NATO have been tracking the two Akula-class submarines and a diesel-powered Kilo-class sub as they travelled to join the fleet of Russian ships headed by the Soviet-era aircraft carrier Admiral Kuznetsov," the Independent reported.

These three submarines are likely armed with kalibr cruise missiles that will be used against the militants fighting the Syrian Army in the Aleppo Governorate.
との報道もあります。
Posted by ずくなし at 2016年11月01日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。