日本のメディアはいつもこれです: ずくなしの冷や水

2016年12月13日

日本のメディアはいつもこれです

一つ目、まず次のツイートをご覧ください。これが問題のすべてです。

※ 衣笠書林@猫の生活が第一 ‏@syuugoro2 氏の2016/10/28のツイート
【米英虚報戦争考㉒:JPSP】ロシア国防省、シリアのイドリブ学校空爆のビデオはモンタージュ映像 https://jp.sputniknews.com/middle_east/201610282952607/
★西側は初報の反露ニュースは大々的に流すが露の反証は報道しない。ナチス流の嘘を米英同盟60か国が一斉に報道。ナチスより遥かに悪魔的。

以下に報道の経過を掲げます。
@ 毎日新聞2016年10月27日 10時52分(最終更新 10月27日 11時30分)
シリア内戦
学校空爆で子供22人、教師6人死亡
空爆された建物のがれきの中を捜索する民間救助隊「ホワイトヘルメッツ」の隊員ら=シリアのイドリブ県ハース村で2016年10月26日、同隊提供(AP)
 シリア内戦の死傷者数などを調査している在英団体のシリア人権観測所によると、シリア北西部イドリブ県で26日、学校などが空爆を受け、少なくとも35人の民間人が死亡した。国連児童基金(ユニセフ)によると、22人の子供と6人の教師が死亡した。学校に対する攻撃としては2011年のシリア内戦勃発後、最悪の被害という。
 現場は、シリア政府軍と反体制派の激戦地アレッポから約80キロの村ハース。人権観測所は「ロシアかシリア政府軍の軍用機が6回にわたり、学校とその周辺を狙って攻撃した」と主張。さらに死者が増える可能性もあるという。ユニセフのアンソニー・レーク事務局長は「意図的な攻撃だとすれば戦争犯罪だ」と批判している。
 ロシアのチュルキン国連大使はAFP通信などの取材に「恐ろしいことだ。我々が関与していないことを望む。ロシア国防相が何を話すか確認する必要がある」と述べた。
 シリア政府軍はロシア軍の支援を受けて、アレッポ県やイドリブ県の反体制派支配地域を繰り返し空爆している。人権観測所によると、イドリブ県では26日を含む過去1週間の空爆だけで、少なくとも90人が死亡し150人が負傷した。【福岡静哉】

・・・引用終わり・・・

在英の怪しさ200%の「人権観測所は『ロシアかシリア政府軍の軍用機が6回にわたり、学校とその周辺を狙って攻撃した』と主張。」と書いてあります。

少しシリア問題を追っている方は、ホワイトヘルメットが現場に登場しただけでアルヌスラの関与を疑いますが(下のコメント参照)、一般の方はロシアかシリアがやったと理解するでしょう。

次は、RTの報道です。
A RT2016/10/26
22 schoolchildren, 6 teachers killed in attack in Syria’s Idlib province – reports
Almost two dozen children have reportedly been killed in an airstrike on a school complex in Syria’s Idlib province, according to opposition activists. The reports emerged as the UN Security Council debated the dire humanitarian situation in the country.
At least 28 civilians, mostly children, were killed when the strikes hit a school complex in the village of Hass, the activists said, pinning the blame on either Russian or Syrian warplanes.
The Wednesday tragedy was first reported by the controversial two-man, London-based Syrian Observatory for Human Rights and the Western-funded Civil Defense Network, also known as the White Helmets. The opposition Idlib Media Center also confirmed a strike on a school, claiming a “rocket” struck the premises.
“One rocket hit the entrance of the school as students were leaving to go home after the school administration decided to end classes for the day because of the raids,” an activist said, speaking on condition of anonymity.
The UN Children’s Rights & Emergency Relief Organization has condemned the tragedy as a potential “war crime,” saying it is likely the “deadliest attack on a school” since the beginning of the Syrian war.

ユニセフの事務局長まで登場して戦争犯罪と糾弾します。
“Twenty-two children and six teachers were reportedly murdered today when their school compound was repeatedly attacked in Idlib, Syria,” UNICEF Executive Director Anthony Lake said in a statement. He did not specify the circumstances of the attack or the sources of the reports.
“This is a tragedy. It is an outrage. And if deliberate, it is a war crime,” Lake added. “When will the world’s revulsion at such barbarity be matched by insistence that this must stop?”

ロシアは国連大使がロシア軍の調査を待つと応答しました。
Russia’s ambassador to the United Nations, Vitaly Churkin, said that Moscow will look into the facts to determine whether a possible airstrike destroyed the school, as reports of the deadly assault have so far only been confirmed by groups with tainted reputations and questionable sources.
Commenting on allegations that Russian jets could be responsible, Churkin said that Moscow will wait for the military to assess the situation.
“It’s horrible, I hope we were not involved. It’s the easiest thing for me to say no, but I'm a responsible person, so I need to see what my Ministry of Defense is going to say,” he said.

シリア国営テレビは、シリア軍はスクールコンプレックスを攻撃目標とはしていないとコメントしています。
Citing a military source, Syrian state TV did report that strikes had taken place on terrorist positions in the region, but the targeting of a school complex was not confirmed.

・・・引用終わり・・・

RTの続報です。ロシア国防省が空爆はなかったことがドローンの撮影した写真で示されたと発表。
B RT2016/10/27
School in Syria’s Idlib province not hit by airstrike, drone photos show – Russian MoD
The Russian Defense Ministry says that it dispatched a drone to analyze the site of Wednesday’s alleged bombing of a school in Idlib, Syria. The ministry says that the aircraft spotted no evidence of airstrikes, and accused the White Helmets of faking digital images of the attack.
空爆の証拠は見つけられなかったとし、ホワイトヘルメットがデジタル画像を捏造したと非難します。
“On Thursday, a Russian UAV was directed to the area, to conduct detailed digital photography,” said a statement from Defense Ministry spokesman Major General Igor Konashenkov. “As can be seen from the photos taken by the drone, there are no signs of damage to the roof of the school, or craters from airstrikes around it.”
“We have analyzed the photo and video ‘evidence’ of the supposed attack. The video published in a range of Western media outlets appears to consist of more than 10 different shots, filmed at different times of the day, and in different resolutions that were edited into a single clip,” continued Konashenkov.
“The photograph published by AFP shows that only one wall of the school is damaged, and all the desks inside the classroom are in place. The outer fence seen through the hole has no traces of damage from bomb fragments. In a genuine airstrike this is physically impossible – the furniture would have been swept away by the blast wave, and there would have been damage marks on the classroom wall and the outer fence.”
The Moscow official said that the findings of the Russian drone could be verified by the American side, as during its photo mission, a US MQ-1B Predator UAV was in the same area.
Konashenkov also added that it is an “indisputable fact” that no Russian Air Force plane was present in the airspace in the vicinity of the school on the morning of the supposed attack.
The attack was first reported by the controversial two-man, London-based Syrian Observatory for Human Rights and the Civil Defense Network, also known as the White Helmets, which claimed that 22 children and six teachers died in an aerial assault on Wednesday morning.
Later the same day, Anthony Lake, executive director of UNICEF, called the incident a “tragedy” and an “outrage,” and said that “if deliberate” it amounted to a “war crime.”
“Our evidence points to UNICEF falling victim to another scam from the White Helmet fraudsters. Before making resonant statements, UNICEF should check its sources more carefully, to protect the reputation of the respected organization,” continued Konashenkov.
The White Helmets is a Western-funded volunteer civil defense body that operates in Syria. Its official mission is to offer first aid to victims of bombings, but Syrian and Russian authorities have accused the White Helmets of spreading anti-government propaganda, and of close ties with Islamist rebels.
France, US accused Russia and Assad of bombing
Despite an absence of independent verification of Wednesday’s incident, several leading Western powers were quick to pin the blame on Moscow or Damascus.
"We don't know yet that it was the Assad regime or the Russians that carried out the air strike, but we know it was one of the two," White House spokesman Josh Earnest said during a press briefing in Washington on Thursday. "Even if it was the Assad regime that carried it out, the Assad regime is only in a position to carry out those kind of attacks because they are supported by the Russian government."
"Who is responsible? In any case it is not the opposition because you need planes to launch bombs. It's either the Syrians – the regime of Assad – or the Russians," French Foreign Minister Jean-Marc Ayrault told the media in Paris. "It's yet another demonstration of the horror of this war, which is a war against the Syrian people, which we cannot accept."
In recent weeks, both France and the US have leveled the accusations of war crimes against Bashar Assad and the Russian military, particularly in relation to events in Aleppo, where a multi-faction battle continues to rage.

・・・引用終わり・・・

次の朝日新聞の記事は10/29ですから事実究明がなされた後です。
C 朝日2016年10月29日00時03分
内戦が続くシリアで、学校への空爆が相次いでいる。ユニセフ(国連児童基金)によると、11日から27日までに五つの学校が攻撃を受けた。最も被害が大きかったのは、北西部イドリブ県ハースで26日に起きた空爆で、子ども22人と教師6人が死亡した。国連の潘基文(パンギムン)事務総長は27日、「故意であれば戦争犯罪」と非難し、「即時かつ公平な調査」の実施を求めた。
 イドリブ県ハースの学校は、小学、中学、高校が一体となった施設。朝日新聞のインターネット電話取材に応じた高校部のイヤード・イド校長によると、施設には小学生から高校生までの約2500人が通う。
 26日午前11時過ぎ、戦闘機が繰り返し飛来し、少なくとも8回、学校周辺を空爆、小学部の児童らが直撃を受けた。負傷した児童らを手当てするために駆けつけた救急医療関係者も、再度の空爆で殺害されたという。在英の反体制派NGO「シリア人権監視団」は、死者は少なくとも37人に上るとしている。

・・・朝日の記者は現地に電話までかけて戦闘機が8回学校周辺を空爆し、児童が直撃を受けた、救急医療関係者も再度の空爆で殺害されたと書いています!!

管理人は、ロシア国防省の公表資料とGoogle Earthの画像を比較して空爆はなかったとの結論を得ました。

2016年10月28日 これがシリアを巡るむなしい宣伝戦です

私のこの記事、今見たら10/28です。朝日新聞の記事は10/29の午前0時です。管理人の記事が早いです。しかも、朝日の記事は誤報というよりも空想物語で、現地に電話したと書いてあるなど悪質です。

あなたの読んでいる日本の新聞はこの程度なんですよ。


もう一つ行きましょう。

※ 共同2016/12/13 10:18
アレッポ市民多数「処刑」
74人死亡、化学兵器使用か
 【ダマスカス共同】アサド政権軍が12日、ほぼ全域を制圧した北部の激戦地アレッポで多数の市民が政権軍により処刑されていると、反体制派が支配していた地区の住民が証言した。中東の衛星テレビ、アルジャジーラが伝えた。一方、シリア人権監視団(英国)は、中部や北部での空爆で市民74人が死亡したと明らかにし、化学兵器が使用された可能性を示唆した。
 国連の潘基文事務総長も声明で重大な懸念を表明。処刑された市民らには、反体制派を支援した疑いが掛けられたという。シリア最大都市アレッポの反体制派は壊滅状態とされ、政権軍側は攻防が最終段階との認識を示した。。

・・・引用終わり・・・

この記事は、2016/12/13の午前に読みました。一読しておかしいです。
ドローン画像入りの記事「シリア軍の一時的停戦でアレッポから市民5万人が脱出」を書いたのは2016/12/10です。その後画像やテキストを追加して12/11には今の形に構成が終わりました。

このとき、シリア軍は攻撃を停止しており、空爆をしていません。

「多数の市民が政権軍により処刑されている」
「反体制派が支配していた地区の住民が証言」
政府軍が反体制派を追い出した後に残っていた住民を処刑した? 74人も。
 こんな情報には、米国や英国の政府当局、マスメディアが飛びつきます。探しましたが管理人が見ている海外メディアにはこの件は載っていません。またインチキを書いているという反論や批判も見当たりません。

「空爆で市民74人が死亡したと明らかにし、化学兵器が使用された可能性を示唆」
空爆はしていません。テロリストが化学兵器を使用した証拠はロシア軍が現地で確保しています。
共同の記事の書き方が、意図的にあいまいに、思わせぶりに書かれています。政府軍側が空爆で化学兵器を使ったら戦争犯罪だと西側は大騒ぎするはずです。

共同の日本国内限定の特ダネです。新聞記者というのは、こういう根拠も不明なことを平気ででっち上げる人達です。

もう少し検索したら次の記事が見つかりました。

The Huffington Post | 執筆者: 生田綾
投稿日: 2016年12月13日 16時45分 JST 更新: 2016年12月13日 16時45分 JST
シリア政府軍、アレッポをほぼ制圧 市民の「処刑」も実行か
シリア政府軍(アサド政権軍)の中枢幹部が12月12日、内戦の激戦地アレッポをほぼ制圧したと伝えた。朝日新聞などが報じた。また、アレッポ市民や国際連合(UN)の報道官によると、シリア軍が多数の市民に対して「残虐行為」を実行しているという。
中東カタールの衛星テレビ「アルジャジーラ」によると、多くのアレッポ市民が反体制派を支援した疑いをかけられ、シリア軍に「処刑」された。反体制派が支配していた地区の住民が証言した。
また、国連の報道官も、アレッポ市民に対して残虐行為が実行されているとの報告を受けたと発表した。市民には女性や子どもも含まれているという。
国連でシリア向けの人道支援問題を担当するヤン・エグランド氏はTwitterを更新し、アレッポで行われている残虐行為には、「シリア政府と支援国のロシアに責任がある」と発言した。

・・・引用終わり・・・

上の共同の記事と同じラインで書かれています。何か元ネタがあるんでしょう。

管理人の友人は、こういうニュースを読んでいるんですね。だから「米国の人権外交」などと口走って管理人に震度6のめまいを引き起こすのです。

毎月、4千円前後も払って、こんな事実とかけ離れた「有害な」ニュースを読んでいるんですよ。

まあ外国のメディアも同じことをしています。これはフェイクです。
ほこりと血にまみれてぼうぜんと……シリア男児の写真に憤り
BBCは昔のBBCではありません。
posted by ZUKUNASHI at 23:27| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
私はホワイトヘルメットが登場しただけで、アルカイダ=USA を100%疑います!
Posted by デスラー at 2016年10月28日 06:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。