麻痺は被爆かエンテロウィルスか: ずくなしの冷や水

2016年10月06日

麻痺は被爆かエンテロウィルスか

2016年10月05日 米国で急性弛緩性脊髄炎が急増

日本小児科学会 平成27年10月23日
急性弛緩性麻痺/急性弛緩性脊髄炎ならびに喘息様症状を認める急性呼吸不全症例の多発について

昨年、米国等でエンテロウイルスD68型(EV-D68)による下気道感染症が大規模に流行し、急性弛緩性麻痺acute flaccid paralysisを認める患者が多数報告された

我が国でも今年8月末頃から9月をピークに、全国各地で喘息様症状を呈する下気道炎患者が急増し、中にはICU入室、人工呼吸管理、ECMO管理が必要となる急性呼吸不全症例が発生

一部の症例からはEV-D68が検出された

ほぼ同時期に、急性弛緩性麻痺症状を呈する急性弛緩性脊髄炎症例が全国から相次いで報告

一部の症例の咽頭ぬぐい液からはEV-D68が検出

・・・引用終わり・・・

MEDLEY 2016年1月31日
子どもの手足が動かない…急増した「急性弛緩性麻痺」の症状、原因、危険性は?

・・・引用終わり・・・

星々の煌めき エンテロウイルスによる麻痺や症状とは?潜伏期間と予防対策方法から

エンテロウイルスでは、
初期症状として、咳・発熱・くしゃみなど、風邪と全く同じ症状が出はじめ、その内に脱力感や筋肉の痛みなどが発症し、やがて呼吸困難や麻痺などを引き起こしていく
という流れが特徴的です。

・・・引用終わり・・・

「急性弛緩性麻痺」とは、手足に力が入らず動かせなくなるなどの症状を言います。
EV-D68は、エンテロウイルスD68

管理人がこの疾病の増加を知ったRTの記事は、読者のご協力を得て日本語に訳していただきました。

被曝とエンテロウィルスなどのウィルスとの複合作用ではないかと管理人は疑っています。

エンテロウィルスなどのウィルス感染が寄与していると疑われる以上、インフルエンザ予防と同じような対策、手洗い、うがい、マスク、睡眠が必要です。
posted by ZUKUNASHI at 10:30| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。