被爆症状最前線 心臓マッサージの救命事例増加: ずくなしの冷や水

2016年09月29日

被爆症状最前線 心臓マッサージの救命事例増加

ツイッターで、駅や電車内で心臓マッサージをやった、あるいは目撃したという例が増えています。

倒れている人がいたら声をかけ、肩を軽く叩き、呼吸などを確認して要すれば心臓マッサージ、人口呼吸、さらにAEDの使用となります。

状況はさらに深刻化です。
posted by ZUKUNASHI at 11:29| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。