永遠のダイエッターは 低糖質・高脂質ダイエットを熱烈支持: ずくなしの冷や水

2016年09月24日

永遠のダイエッターは 低糖質・高脂質ダイエットを熱烈支持

2016年09月24日 低糖質・高脂質ダイエット ちょっと怖いが効くだろうかの記事いかがでしたか? 驚きましたよね。

でも、これを訳してくれた自称 永遠のダイエッターさんは、我が意を得たりだったんだそうです。以下にコメントを掲載します。


私(翻訳者)は、すでに2005年にここで提唱されているのと同じようないわゆる「炭水化物抜きダイエット」を実践した経験から、このダイエットの効果は、個人的には実証済みである。

自身、乳児の頃から肥満児で、客観的に見て常識的な日本人の食事量でも、体重が異常に増加するという明らかな肥満体質であり、人間としてはもはや経済価値ゼロだが「家畜であれば金賞」である。

そんな金賞の家畜が中年期に入ったとたん、さらに異常に体重が増加し、階段を降りる際に一歩踏みしめるたびに、タイムラグを置いて全身の贅肉が揺れ、誰がみても太り過ぎとなり、醜いとまで言われる始末。

ここで一念発起し、減量のためにカロリーブックを購入したのだが、その内容は衝撃的なものであった。炭水化物類のカロリーが異常に高いのである。特に米類とめん類が凄まじい。

カロリーの視点で見ると、中華料理であれば、どれほど脂っこく見えようとチャーハンとラーメン以外は思ったよりもカロリーは高くない。イタリア料理であれば、パスタとピザを選択しなければOK。

それまでは、なんの根拠もなく「ステーキよりもパスタの方がカロリーが低いのだろう」と、本当は、パスタよりも肉の方が好きなのに我慢して誤って高カロリーの方を選択し続けていたのである。一言で言えば「無知はデブのもと」だったわけである。

ダイエット開始後は、炭水化物は、朝ごはんのパンのみに限定。
昼定食のご飯を断り、それ以外のおかずのみを食す。中華料理は、ラーメン&チャーハン以外は、ギットギトの青椒肉絲、回鍋肉、酢豚なんでもござれ。洋食はパスタ&ピラフ NG、ステーキ、フライドチキン食べ放題。

ついでに、自分の場合は、ダンベル体操を1日20分だけ運動を始めた。

そんな今の視点から見ればLCHFダイエット生活を送ること数ヶ月。周囲も驚く別人に大変身!低糖質ダイエットは、確かに劇的に効いた。
しかし、ギットギトの中華料理やステーキやフライドチキンを常識的な量食べているわけだからいわゆるストレスはなかった。

あれから10年経った今、やはり、お米とパスタ類は、避けるようにしているが、一時期よりは厳格に低糖質ダイエットをしていないため体重はかなり増えた。しかし、ダンベル体操を続けているので同じ体重でも中身が違うのだろう。

目下の悩みは、お菓子の量が増えていることである。
この記事に接して思った。「この記事を訳する星回りになったのは、やはり天啓か…そろそろ甘いもの止めねば…」と。

なお、この記事に記載のあるカリフラワーライスとズッキーニスパゲティーは、非常に参考になった。特に、ズッキーニは大好物なのでこれは是非やってみたい。

・・・引用終わり・・・

自称 永遠のダイエッターさんは他にも何本かの記事を訳してくれていますが、管理人は、永遠のダイエッターさんの性別も、歳のほども、お住まいの地域も知りません。ましてや「明らかな肥満体質」であるとは夢にも思いませんでした。

驚き二倍増でした。どうです、試してみますか? 管理人はそろそろと移行するつもりです。

posted by ZUKUNASHI at 17:15| Comment(12) | 健康づくり
この記事へのコメント
コメとパンと
肉と乳製品とトウモロコシとジャガイモをやめました。

野菜と果物と鯖くらいの食事にして、20kg痩せました。

Posted by hiyaase at 2016年09月24日 18:13
去年の初夏から、極々普通?の食事から、
糖質制限傾向の食事に切り替えまして……
スタート時に体重計に怖くて乗れず(笑)

暫くして、少し痩せた事が実感できてから計測しました。
それで72〜73kg(⌒-⌒; )
58kgくらいまで、痩せたんですが、
緩めたため、少し太り、
今は60kgくらいかしら。
ですので、15kgくらいは痩せた計算です。

ご飯を激減させて、納豆に置き換え、
おやつを控えるか選ぶかすると
グングン体重が落ちました。
でも、あまりストイックにやると長続きしないので、
少しは好きなお菓子などもいただきます。

糖質制限傾向にすると、
精神状態が安定して
空腹感が余りありません。

Posted by julia214 at 2016年09月24日 22:38
こんばんは。
えっ…鯖ですか?
現在のはリスク高くないですか?
すみません。横やりコメント失礼させていただきます。お許しを。
鯖は危険です。日本列島近海をぐるぐる6〜7周して丸々太ってピチピチつやつやのが水揚げされます。
ノルウェーのもありますが、あの海域のもあまりおすすめできません。
さらに、しつこいくらい、テレビ局で鯖を取り上げた番組を流しているあたり、日本海域の水揚げのモノが持て余されている可能性大で、産地偽装で売りまくっていると思います。
Posted by 重金属アレルギー at 2016年09月24日 22:54
えーっ、julia214さんも太め体質なんですか?!
読者の体型や体重のアンケートしたことありませんけど、ひょっとしたら読者の大半が肥満予備軍?
そう言えばそうですね、思い当たることがあります。
hiyaaseさんのダイエットに活発に応答していた方は、おしなべて家畜品評会なら金賞を争う人達だったんですね。
お姿を拝見した読者はおられませんけど、なんとなく分かってきました。
被爆すると肥満が出る? いや被曝回避すると肥満になる?
カナリア体質の方は、ほっそりとして柳腰なのかとばっかり思い込んでいましたけど・・・。やはり太ってカナリア体質を失った方もきっと多いんでしょうね。
タイムリーな記事を提供できたことを訳者とともに喜びます。
Posted by ずくなし at 2016年09月24日 22:56
忙しさにかまけて、自分達の食事が疎かな時期が続きまして(⌒-⌒; )
気づけば とっくに 危険なレベルでした(笑)
今は、普通、かしら?
身長が164cmあるので、酷く太くもなく、痩せていない、程度です(笑)
ダメですよね、気をつけ無いと。

オマケに
食生活の乱れと共に、夫が痛風(⌒-⌒; )
薬漬けにされる所でした。
痛風には、玉ねぎマリネが効きます。
安上がりで、助かります(笑)
Posted by julia214 at 2016年09月24日 23:12
ずくなし様の中では、
カナリア→敏感、虚弱→痩せてる、なんてステレオタイプなイメージだったんですかヽ( ̄д ̄;)ノ
確かに、自称カナリアの人の中にはマクロビ食を常食にしていて細い方もたくさんいますが、食べるの好きなカナリアもたくさんいますよ。
何を隠そう、私です!(・ω・)ノビシッ

確か、被曝でも太るってネット情報を見たことがある気がしますが。。

なんで、私は残念なバナナ腰です。
ズドーンとドカーンとしておりますよ( ̄+ー ̄)

私の場合は、最近この沖縄生活が苦行に思える時があるので、まずはストレスを受け流す事から始めようと思います。
痩せるのは、その次のお題で。。

今の生活にプラスダイエットなんて、、過酷な生活に、更に過酷な種を蒔く様なもんです。。(T_T)


やなぎごし
あぁ やなぎごし
やなぎごし


りえぴん詠
Posted by りえぴん@バナナ腰 at 2016年09月24日 23:46
おーっ 巡航ミサイルが3発も!! 
正真正銘のカナリアさんがおられることは十分弁えていましたし、確か読者のどなたかはすごい汗かきだと・・・記憶にありましたので、それらの地雷を踏まないよう慎重に兵を進めたつもりでしたが、やはりロシア軍は見落としてはくれないんですね。

ここは、退却! 退却!!

・・・重金属アレルギーさんのコメントは、hiyaaseさんのコメントに関するものですから、hiyaaseさんからのコメントを待ちましょう。
Posted by ずくなし at 2016年09月25日 00:18
鯖ですか? 私?
私に食材の説諭をする人が日本にまだいたんですねww

(最近は政治に興味がなく、あまり覗きませんので。
 サンダースだろうが共和党だろうが民主党だろうが、
 私には、どうでもいいのです)

鯖は管理人さんが食べているというので探したら、
IYネットスーパーにありましたから食べているのです。
もちろん管理人さんと同じノルウェーですよ。

ここもカキコする人が入れ替わるので、
同じことを何度も書かないといけませんが
私の外国産食材比率は今は99%です。
日本の魚? そんなもんあなたw

ノルウェー鯖は汚れが流れにくい北海やバルト海とは違うんじゃないですか。
鯖とベトナムのサツマイモを交互に食べて調べていますが
健康状態も排便状態も変わらないという実験が続いています。

このサイトにも東南アジアの汚染が出ていましたが
ベトナムやタイの野菜も今のところOKです。

糖尿病とは無縁なので
糖質制限ダイエットには、まったく興味がありません。
私は2年半で78kg→58kgに落としましたが、
野菜と果物だけ、1日1食食べるのが基本です。

1日1食は、タモリやタケシや、キャンディズのミーちゃんなどやる人多いです。
ベジタリアンも多いです。

果物で糖分はいっぱい摂っていますが
そういう糖分は関係ないと言う自説です。
糖分も必要であろうが過剰はいけない。それはタンパク質でも脂質でも言えることです。

売られている甘味飲料水とか、異性化糖(ブドウ糖、液糖、果糖)は絶対摂らないので、
飲むものは、ミネラルウォーターとココアくらいです。

お菓子など毒みたいなものは食べません。
白砂糖、精製塩、白米、小麦という「四白」も食べません。
肉と乳製品は害悪だと思っているので絶対に食べません。

ベジタリアンは自分で作るタウリンが、加齢とともに足りなくなりますから、
鯖で補っているので、別に魚も積極的に食べる気はないのです。

白血球中には、血漿中の500倍のタウリンが含まれているし、
すべての細胞にタウリンは存在し、脳や肝臓には多いので
健康ドリンクにタウリンが入っているというわけ。
だから酒飲みは、飲み会の前にタウリン入りドリンク飲むわけ。

タウリンがないと、脳、肝臓、網膜、白血球が困りますから。
ベジタリアンで病気がちの人はこのこと知らないですね。

哺乳類はタウリンを自製しますが
猫だけ作れないので、猫は肉類のネズミや魚を追いかけます。
最近はキャットフードに入っているので
ネズミに興味を持ちません。
タウリンのために私は鯖を食べます。
鯖でなくても、大正製薬のでもいいのですが。

糖分は身体に必要だから、適当に摂ったほうがいいと思っています。
タンパク質は、植物にも入っています。

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/protein.html
食材は500時間くらい調べましたから
今の1日1食少食でOKだと思います。

かなりの少食ですが、排便はトウモロコシ1本と、バナナ4本分くらい出ます。
色、艶、硬さ、大きさ、量とも申し分ないです。

毎日、酪酸菌と乳酸菌を補給しています。
人間は3兆個の腸内細菌と共生している動物です。
腸内細菌は、体内の細胞数よりも多いです。重さで1kgくらい。
体内のタウリンは体重の 0.1 %もあります。

栄養は小腸の絨毛から吸収されます。
小腸と大腸が荒れている人は終わりだと思います。
Posted by hiyaase at 2016年09月25日 11:26
にがさない
せめて
コメント
はさみうち


退却阻止ぃ〜〜っ!(笑)

、、いや、本当の話、デブになったら、汗かきも更に増して来ましたよ囧rz
そして、断食とか絶食、少食が被曝回避の点から良いのも、重々に存じてます。
為せば成る、、とは言うけれど、私の場合、こればっかりはなかなか、、です。
Posted by りえぴん at 2016年09月25日 12:27
・誤解のないように補足・

さきほど、1日1食少食論を述べましたが、
念のために
栄養不良にならないようにと、
「マルチビタミン」「マルチミネラル」「ビタミンB群」
の3つのサプリを、DHC で購入して毎日飲んでいます。

ビタミンとミネラルが欠乏すると、
細胞や神経が働きませんから。
その予防線を張っております。

そして、
じつはビタミンは腸内で、ある程度を自作できますから
その「自作能力」が失われないように
月に1週間はサプリを飲まずに
身体に作らせるようにしています。
これは、世間で認められている一般的な方法でないので、
自己責任でお願いします。

私に言わせれば、サプリを飲むのも
身体の自己治癒力(恒常性維持機能と言います)を
優先させながらやるということです。
Posted by hiyaase at 2016年09月25日 19:14
このブログ記事の使用禁止用語をお知らせします。

ジイさん・・・70歳前後の男性に使うと猛反発を受けることがあります。

「あなた(がた)のように若い方」・・・子供を抱いているような方には、すんなり受け止められます。

小股の切れ上がった・・・性的な含意あり。

柳腰・・・そうでない女性は、敵愾心を示します。

バナナ腰・・・蹴られます。

ズドーン、ドカーン・・・これで女性の体型を表現したら殺されます。

家畜品評会で金賞候補・・・本人が使っても回りがホント、ホントなどと相槌を打つのは禁物です。

女性の容色に関する表現は、とにかくケチがつきやすいです。日本人女性は被爆で今以上に美しくなることは難しいでしょう。老人が老人であることを認めたくないのと同じですね。
Posted by ずくなし at 2016年09月26日 12:26
カリフラワーライスとズッキーニスパゲティ作ってみました。
カリフラワーライスは、おそらく日本の方には、主食の白いご飯の代替にはなりにくいと思われますが、カレーのようなもののご飯や、ピラフやパエリヤの米の代替としては使えるのではないかと思います。
ズッキーニパスタは、お勧めです!ズッキーニは、トマトソースやジェノベーゼソースでも中華風の味にもオールマイティであいますし、何よりも独特の食感がよく、普通のパスタよりも満足感があるように思います。もう、自宅では、小麦粉のパスタは、全廃決定しました。
Posted by 永遠のダイエッター at 2016年09月27日 06:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。