汚染食品の排除・移住避難が身体症状の改善に効果: ずくなしの冷や水

2017年03月29日

汚染食品の排除・移住避難が身体症状の改善に効果

被曝による身体状況の悪化を調べるセルフチェックリストは、あなたの日和見状況の突破口になります。


あなたは、自身の身体症状悪化の原因をつかみきれていますか? 被曝症状の原因にはいろいろな伏兵がいます。
2017/2小選挙区別人口動態 埼玉9区が東京23区をかわしてワーストワンに
埼玉9区の住民の多くはこの事実を知らないし、知ろうともしていないようです。

健康被害が顕在化しています。若い人の流入が多い東京でもこの12ヶ月の合計で死亡数が出生数を上回りました。

原発事故から満5年経過で疾病多発は本当だ

このブログの読者がアンケートに答えてくれたところによれば、被曝回避の志向が相対的に強いはずと見られるのにやはり疾病が出ています。このアンケートでは糖尿病を含めていません。

甲状腺異常がこんなに多いのはなぜですか? 福島第一原発事故の影響以外にありますか?

冒頭のグラフで、黄色、水色、緑に塗った棒は同一人の汚染食品の排除策強化、移住の前後の身体症状の変化を示します。

黄色の方は、移住を契機とした汚染食品の排除策強化が劇的な効果をあげています。水色の方は汚染食品の排除策は早くから強めでしたので移住が効果ありと見られます。緑色の方は身体症状もそれほど強くないのですが、やはり移住で効果ありです。

全体として、「被曝回避の習慣・努力」の強さが身体症状と逆比例しています。「被曝回避の習慣・努力」がゆるい人、Bの点数が高い人は身体症状が強いのです。

あなたの目の前に赤い旗が出ていませんか?


初期吸気被曝の多かった方は、すべてを捨てて放射能から逃げるつもりで
posted by ZUKUNASHI at 12:14| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。