2016年秋: ずくなしの冷や水

2016年09月05日

2016年秋

検見川浜、稲毛海岸の近くから総武線の北へ少し回遊しました。空間線量率0.123μSv/h。少し高かったです。

国道16号を渡ってすぐに急な坂を上りました。20、30mの津波が来てもこの台地にたどり着ければ、まず津波に吞み込まれるのは避けられるでしょうと書いた高台の一つです。



クスノキ1本、タブノキ3本あったようですが、クスノキはなくなっていました。



徘徊を始めて長いのですが、この日生涯で4度目の接待を受けました。1回目ボトルウォーター、2回目アンデスの乙女の苗、3回目草の苗、4回目冷えた緑茶のグラス。全部今年になってからです。この半年ほどでずいぶん老けたために哀れんでもらっているようです。

今回も街頭インタビュー。同年代の男性二人。二人ともに放射能のことは知っています。でも各論に入ろうとすると面倒くさそうな感じがあったので深入りしませんでした。

歩いていて本当に楽しくない地域です。
posted by ZUKUNASHI at 19:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。