シリアのイドリブで毒ガス弾攻撃により多数の死者: ずくなしの冷や水

2017年04月05日

シリアのイドリブで毒ガス弾攻撃により多数の死者

RT2017/4/4
A gas attack has reportedly taken place in Syria’s rebel-held Idlib, killing at least 58 people, with various media outlets reporting that a rocket has since hit a hospital treating the victims. The Syrian army has denied it was behind the attack.

Locals said the alleged attack began in the early morning, when they heard planes in the sky followed by a series of loud explosions, after which people very quickly began to show symptoms, Al Jazeera reported.

Pictures circulated by activists showed members of the volunteer White Helmets rescue group using hoses to wash down the injured, as well as two men with white foam around their mouths.

The pro-opposition Edlib Media Centre (EMC) also posted photos of people receiving treatment online, with some images showing what appeared to be the bodies of at least seven children in the back of a pick-up truck, France 24 reported.

Later a rocket slammed into a hospital treating the victims of the alleged gas attack, according to an AFP correspondent.

France has also called for an emergency UN Security Council (UNSC) meeting following the suspected attack, according to Reuters.

However, the UNSC will likely discuss the attack tomorrow, during a meeting which was previously scheduled, a correspondent for the Arabic-language Alhurra satellite television channel wrote on Twitter.

EU foreign affairs chief Federica Mogherini says the Syrian government bears responsibility for the alleged attack, calling it “awful.

British Foreign Secretary Boris Johnson has also called for an investigation into the alleged attack, writing on Twitter that those responsible must be "held to account."

ここまで出てきた役者を見れば、米国が背後にいて、サウジが仕組み、アルジャジーラが現地情報を捏造し、ホワイトヘルメットが舞台で踊り、フランスが騒ぐという役割分担であることが見え見えです。

アルジャジーラがいち早く被害者の様子を報じています。
'Toxic gas attack' in Syria kills at least 58 people


オスカー賞のホワイトヘルメットもすぐに現場に駆けつけて活躍しました。なぜ彼らはいつも現場に一番乗りするのか、そしてテロリストと一緒に踊ったりしているのか分かりません。

現場を確認できる映像がまだ見当たりません。

FARSNEWS2017/4/5
Damascus Blames Terrorist Groups for Using Chemical Weapons in Syria
TEHRAN (FNA)- The General Command of the Army and Armed Forces categorically denied allegations and claims circulated by media outlets, which are partner in shedding the Syrian blood, about the use of chemical substances in the town of Khan Shaikhoun in Idlib countryside.

“The armed terrorist groups used to accuse the Syrian Arab Army of using toxic gases against them or against civilians at anytime they fail to implement the targets of their sponsors and operators or when they are unable to achieve any advantages on the ground in an desperate attempt to justify their failure and to maintain the support of their masters,” the Army’s general command said in a statement, SANA reported.

It categorically denied any use of chemical or poisonous materials in the town of Khan Shaikhoun in Idlib countryside, affirming that it didn’t and will never use those materials in any place or time, nor in the future.

The army’s general command held the terrorist groups and those behind them responsible for the use of chemical and toxic substances and the disregard for the lives of innocent citizens to achieve their goals and base agendas.

FARSNEWS2017/4/5
Syria: Terrorists Aware of Chemical Attack on Idlib
TEHRAN (FNA)- Media activists disclosed the message of a terrorist-affiliated journalist about impending chemical attack on Khan Sheikhoun region in Southern Idlib hours before the attack happened on Tuesday.

Social media activist in tweeter and facebook released the image of one of the messages of Faras Karam, a journalist of Orient network affiliated to the terrorist groups, about a chemical raid on Khan Sheikhoun several hours before the attack.

"Faras Karam wrote in his message, published at 3:06 on Monday morning hours before the chemical attack, that "a media campaign will kick off tomorrow to cover chlorine gas airstrike on civilians in Hama countryside".

Media activists are now asking how Faras could find out about the attack and its type several hours before the incident, questioning how he also could specifically determine the chemical element to be used in the attack (chlorine gas).

On Tuesday, media and news sources affiliated to opposition released news about chemical attack in Khan Sheikhoun, accusing Syrian government of carrying out the attack via its Sukhoi 22 fighter jets that left tens of people dead or wounded.

Meantime, a senior Syrian military source underlined that the Al-Nusra Front (also known as Fatah al-Sham Front or the Levant Liberation Board) is the only side in Syria which has access to chemical weapons, raising speculations about certain western spy agencies' role in chemical attack against Idlib.

posted by ZUKUNASHI at 19:45| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
こういう情報に接して、「? おかしんじゃね?」と思えるようになったのは、ずくなしさんのこれまでの記事のおかげですね。それにしても、いつまで茶番劇を続けるのか? 茶番劇に関わるメディアの罪は問われるのか?

状況的には、日本も欧米も変わらないなあ、と思いますが、やはり、情報の完全開示(フル・ディスクロージャー)に向けてのプロセスを追っていかないと、目の前の出来事に翻弄されてしまって、大きな文脈を見失ってしまうし、もっと言うと「大きな文脈」の嘘を見抜くこともできなくなってしまうかな?

日本の現状を見るなら、ショッカーAとショッカーBの戦いで、どちらするか? という選択肢に押し込められていますが、私からすると、国会議員はみんなショッカーじゃん! もう、国会そのものを破棄して、新しい仕組みを作るしかないだろう? 行政や司法も、自浄作用が効かずにアベベ(いや、アベベさんに失礼ですね)の言いなりになるなら、一旦、お払い箱にするしかなかろう? と思います。

本当に、「放射能検査」で、この国の悪、機能不全、拝金主義、「いま金が入るなら50年後の子供達がカタワになっても良い」主義が、如実に洗い出されました。お客様に放射能を微量に含んだ食べ物を食べさせて、じわじわと病気にし、製薬業者を儲けさせた後、殺していく「お客様は仏様」商法。

国民の半数が近々成仏するのは確実で、いまはもう半分をいかに成仏させるか? のために、復興財源を使って、除染廃棄物を汚染の少ない地域に拡散して、運送業者、産業廃棄物処理業者に多額の金を落としつつ、全国を再汚染することに、全力投球する環境省。

まあ、森友疑惑にも関わらず、絶賛、発狂中の日本ですが、ディスクロージャーが早いか? 日本国民総成仏が早いか? 時間との戦いが始まっていますが、自民・維新・公明の原発利権政権が倒れても、「食べて応援、風評被害」の民進、「反原発・反避難・反移住」の共産がオルタナティブ?

まずは、霞ヶ関の除染をしないと、日本の存続はなさそうな嫌な予感がしていますが、まあ、除染廃棄物をちゃんと持ち主のところに返却しないから、いろいろな問題が起きるのかもしれませんね。セシウムその他は、福一の東電の所有物であり、また、経産省や文科省が大事にしていたものですから、ちゃんと拾って持ち主に返したらどうでしょうか? 

サリンを撒いたら死刑で、セシウムを撒いたら5億円の退職金をもらってドバイで悠々自適の避難生活を送れる? しかも、被害者でもある司法関係者が、それを野放しする? 同じく被害者でもあるメディア関係者が、寿司を御馳走されてさらに内部被曝させられながら、だまっている? というのが、今もって腑に落ちないのですが、まあ、皆さん的にはそれもありなんでせょうかねえ?

裁判所も原発=放射能が好きで、住民の健康や命のリスクよりも優先されるべきだ!? というお考えのようですから、いざという時には、好きな放射能の拾い物を届けてあげたらいいと思う。電事連とか、日本会議とか、福島県庁とか、各電力会社の本社とか、産経・読売とか、御用学者さんたちとか、ヨウソやセシウムやストロンチウムが札束に見える人たちにも、届けてあげたらいいと思います。

次に、想定内の事故が起きたら、フレッシュなやつを好きな人たちのところに送りましょう! まさか、持ち主やその友達に拾得物を届けて捕まるようなことはないでしょう? 最初に危険物を撒き散らした責任者は無罪放免で、せっかく集めた除染物を勝手にどこかに運んで埋め立てても、運搬費と処理費用の補助が出るのに、それを「安全だ」と言っている人たちのところに届けて、サービスで散布してあげたら捕まる? なんてことはないですよね?

まあ、シリアでは毒ガス攻撃のやらせ、でっちあげですが、日本ではセシウム攻撃で日本国民総玉砕。いや、遅効性の玉砕なので、「お前はすでに玉砕している」人たちが、さらに税金と労力をかけて集めた毒を再拡散する。

日本って、日本人って、日本政府って、バカなの? この状況下で「日本すごい♪」とか言っているけど、「日本すごいバカ♪」の略なの? いや、トップが救いようのないバカで、バカをトップにするのに、相当の無理をして権力の分散機構を壊してしまった上に、今度はそのバカが周りをバカで固めたので、バカ政権の独裁化が止まらない!? という事態。まあ、電子投票システムでいくらでも票数をいじれる! ということを理解せず、そこを変えようとしない我々国民の愚かさによって、成立しているのが、バカ政権のわけですが。

国の国民に対する放射能拡散テロ。霞ヶ関のテロリストたちに、共謀罪という武器を渡したら、どうなるか? 内部被曝の危険を語ったら、「被曝回避を共謀した!」とか何とか言われて豚箱にほうり込まれて、汚染食材を強制的に食べさせられる日が来る前に、情報開示が行われる日が来るのを祈る毎日です。

カエサルのものはカエサルのもとに。除染拾得物は原子力村のもとに。拾ったもの、自宅の敷地に落ちてきたものは、きちんと持ち主に返すか、それを飯の種として必要としている人のところに届けましょう。あるいは、核武装を訴える人たちに付着させて、本人を核武装させてあげましょう。あまり、近寄りたくないけど、本人は喜ぶはずてす。さらに、内部被曝で自ら放射化したら、それこそ人間魚雷ならぬ人間核兵器。核武装が念願なら、究極的な念願成就じゃないですか? 近寄りたくないけど。


Posted by ぷう at 2017年04月05日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。