広島の原爆の日に語られないこと: ずくなしの冷や水

2016年08月07日

広島の原爆の日に語られないこと

2016/8/7、水車さんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

広島の原爆の日に語られたのは核兵器廃絶、戦争、平和。
東京等の大空襲と原爆の違いは放射能被害。
しかし、家族を捜す為や救援の為の入市被ばく者が
その後の人生が病気ばかりだったなんて声は聞こえてこない。
長生きはしているが、体がずっと弱くてなどという声も聞こえてこない。
放射線影響研究所では二世の健康診断もしているし、
東京都では二世にも医療費の補助があったりするが
世代を渡っての被害の声を聞くことがない。
被害者側の差別を避けたいと思い、
自分は良くても子孫への影響を避けたいと口にできない思いがあるからだろう。

福島はもっと悪い。
核発電所事故は風化している。

2011年、法改正で日本が核のゴミ捨て場になると懸念していたが
本当に現実になる。
決めたのは、安倍だけではない。

こちらのブログから
ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日

日本が福島第一事故で平然を装っていることの重大な副作用のひとつに、日本人たちの平静な無表情を見て、「なんだ、核なんてあの程度か」という、それまでは絶対の破壊の神としてすべての言語世界で君臨し恐れられていた核エネルギーの日常への組み込みとでもいうべき人類の思想上の変化がある。
核戦争と核発電事故は、ふたつの「絶対に起きてはならないこと」であったのが、
すぐに大量死が起きたりしないので、なんだ、たいしたことないじゃないか、と述べるオチョーシモノが、科学者のあいだにさえ現れ始めている。

・・・・・

水車さんのコメントに津雲さんからコメント。引用開始。

(水車さんの)コメント読ませていただきました。私も気になっていることがあります。
みんな楽しくHappy♡がいい♪」というブログにて同じことが書いてありました。

報道写真家の樋口健二氏とアメリカ人のアーサービナード氏の対談の書き起こしです。
対談の動画はこちらで、去年の12月のものですが「みんな楽しくHappy♡がいい♪」氏「日本列島は他国に原発を売るためのモデルルーム。下手すると日本列島が最終処分場に使われる可能性がある」樋口健二×アーサービナード(文字起こし) から引用します。

>アーサービナード:
でもそもそも、ウェスティングハウスという友達を送ったところからなってたんですよね。
で、そういう流れを見れば、もう原発から早く引かないと貧乏くじ。
下手すると日本列島が最終処分場に使われる可能性がある。
僕はその最悪のシナリオは、日本でもう一つ原発事故をやって、そうすると関東東北の汚染。
それから九州、中国地方、関西の汚染をやって、そうすると満遍なくね。
そうすると2箇所やって、日本経済がもっと衰退、もっともっと袋小路に入っていって、それであるときから日米共同の研究機関があちこちにつくられて。
その研究機関は何か?というと、「アメリカの高レベル放射性廃棄物を置く場所」なんですよ。
そういうふうにもう日本は受け入れるしかないんですね、経済的にはもう、アウトだから。

樋口健二:受け入れないとやっていけない。

アーサービナード:
やっていけないし、TPPに入っているから、「飛んで火に入るTPP」でとんでもないパートナーシップでがんじがらめになって。
これは最悪のシナリオで、僕は受け入れるつもりはないよ。
絶対にこれは止めなければいけないと思うんだけど、もうそういう、嫌な縁起でもない予言が成立するところまで僕らはきちゃっているというふうに思うんですね。
僕は、根拠はないですよ、CIAの工作員じゃないから、具体的な情報はこないし。
でも見てれば、状況を見てればそういうこともあり得るんじゃないかって、多分言えるんじゃないかなって思います。

樋口健二:
結末がもう見えちゃってる。
僕はいつも言うようにね、核兵器で終わるんじゃなくて原発で地球は終わるんです。
で、一番先に日本がおしまいになる。

と、言われています。この対談半年後に熊本近辺の大地震により薩摩川内原発でトラブルが発生したことはずくなし様や読者の方はご存知だと思います。
TPPとは日本の農業、医療、年金を狙ったものだと認識していましたが実はそこに放射性物質処分場の利権も絡んでいるのかもしれないという気になりました。

日本が原発を販売するとそこから出た放射性廃棄物は日本が引き取ることになるというのは「原発問題」さんで紹介されています。こうした利権には激しい頭痛を感じます。

水車さんのコメントを見て日本人の一人として原爆投下、原発事故は風化させてはいけないと改めて思います。

世間ではオリンピック、甲子園とスポーツ一色の世界がテレビで広がっています。
去年の甲子園では痙攣する選手が続出し、今年の地方大会では既に佐賀県、千葉県、和歌山県で「熱中症」で選手が足らず没収試合がありました。
4年前のロンドンオリンピックでは日本人選手団が開会式で排除され柔道で日本人選手と当たった相手国の選手が戦意喪失し指導されていました。柔道で逃げたり時間稼ぎは卑怯ということで「指導」というペナルティーがあるようですし昨日の女子柔道48Kg級でアルゼンチンの選手が日本人選手相手に妙に嫌そうな動きをしていました。これが世界の日本を見る目とスポーツ選手に見られる風評ではなく放射能被害でしょう。
南米やアルゼンチンにも避難した日本の方がいることはずくなしさんのブログから知ってますし農業に携わり放射能から逃れ移民して農業に従事した方もいるでしょう。先ほど書いたTPPに関係しますがつい最近南米で反GMOの講義をしていた農民のリーダーたちが殺害された事件もありました。報道規制が敷かれたのかわかりませんがニュースにならなかったので国名は失念してしまいました。パラグアイでも遺伝子組み換え側が背後で操りクーデターが起き農民やリーダーが殺害されています。南米はGMOが強く伝統的農業をされている日本人の移住は厳しいですね。
と何を言いたい纏まらなくなってきましたがずくなしさんのブログで指摘されている中東の問題も日本の原発問題や戦争利権と関わるものですから非常に勉強になります。
多角的に物事を判断し少しでも多くの日本人の仲間が生き抜いて欲しいと思いました。国内外に移住するにせよ何が起こっても揺るがない覚悟と状況の見極めが大切ですね。政府はあてにできませんし世界が日本人を見る目は冷たいです。
posted by ZUKUNASHI at 17:56| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
>2011年、法改正で日本が核のゴミ捨て場になると懸念していたが
本当に現実になる。
決めたのは、安倍だけではない


コメント読ませていただきました。私も気になっていることがあります。
「みんな楽しくHappy♡がいい♪」というブログにて同じことが書いてありました。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4523.html

にて報道写真家の樋口健二氏とアメリカ人のアーサービナード氏の対談の書き起こしです。
対談の動画は
https://www.youtube.com/watch?v=YhZIRwFjtec&feature=youtu.be&t=46s
ですが去年の12月のものですが「みんな楽しくHappy♡がいい♪」氏「日本列島は他国に原発を売るためのモデルルーム。下手すると日本列島が最終処分場に使われる可能性がある」樋口健二×アーサービナード(文字起こし) から引用しますが

>アーサービナード:
でもそもそも、ウェスティングハウスという友達を送ったところからなってたんですよね。
で、そういう流れを見れば、もう原発から早く引かないと貧乏くじ。
下手すると日本列島が最終処分場に使われる可能性がある。
僕はその最悪のシナリオは、日本でもう一つ原発事故をやって、そうすると関東東北の汚染。
それから九州、中国地方、関西の汚染をやって、そうすると満遍なくね。
そうすると2箇所やって、日本経済がもっと衰退、もっともっと袋小路に入っていって、それであるときから日米共同の研究機関があちこちにつくられて。
その研究機関は何か?というと、「アメリカの高レベル放射性廃棄物を置く場所」なんですよ。

そういうふうにもう日本は受け入れるしかないんですね、経済的にはもう、アウトだから。

樋口健二:受け入れないとやっていけない。

アーサービナード:
やっていけないし、TPPに入っているから、「飛んで火に入るTPP」でとんでもないパートナーシップでがんじがらめになって。

これは最悪のシナリオで、僕は受け入れるつもりはないよ。
絶対にこれは止めなければいけないと思うんだけど、もうそういう、嫌な縁起でもない予言が成立するところまで僕らはきちゃっているというふうに思うんですね。

僕は、根拠はないですよ、CIAの工作員じゃないから、具体的な情報はこないし。
でも見てれば、状況を見てればそういうこともあり得るんじゃないかって、多分言えるんじゃないかなって思います。


樋口健二:
結末がもう見えちゃってる。
僕はいつも言うようにね、核兵器で終わるんじゃなくて原発で地球は終わるんです。
で、一番先に日本がおしまいになる。

と、言われています。この対談半年後に熊本近辺の大地震により薩摩川内原発でトラブルが発生したことはずくなし様や読者の方はご存知だと思います。
TPPとは日本の農業、医療、年金を狙ったものだと認識していましたが実はそこに放射性物質処分場の利権も絡んでいるのかもしれないという気になりました。


日本が原発を販売するとそこから出た放射性廃棄物は日本が引き取ることになるというのは「原発問題」さんの
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/3a2985ff0478608bd575a9df55ee8b05
で紹介されています。こうした利権には激しい頭痛を感じます。

水車さんのコメントを見て日本人の一人として原爆投下、原発事故は風化させてはいけないと改めて思います。

世間ではオリンピック、甲子園とスポーツ一色の世界がテレビで広がっています。
去年の甲子園では痙攣する選手が続出し、今年の地方大会では既に佐賀県、千葉県、和歌山県で「熱中症」で選手が足らず没収試合がありました。
4年前のロンドンオリンピックでは日本人選手団が開会式で排除され柔道で日本人選手と当たった相手国の選手が戦意喪失し指導されていました。柔道で逃げたり時間稼ぎは卑怯ということで「指導」というペナルティーがあるようですし昨日の女子柔道48Kg級でアルゼンチンの選手が日本人選手相手に妙に嫌そうな動きをしていました。これが世界の日本を見る目とスポーツ選手に見られる風評ではなく放射能被害でしょう。
南米やアルゼンチンにも避難した日本の方がいることはずくなしさんのブログから知ってますし農業に携わり放射能から逃れ移民して農業に従事した方もいるでしょう。先ほど書いたTPPに関係しますがつい最近南米で反GMOの講義をしていた農民のリーダーたちが殺害された事件もありました。報道規制が敷かれたのかわかりませんがニュースにならなかったので国名は失念してしまいました。パラグアイでも遺伝子組み換え側が背後で操りクーデターが起き農民やリーダーが殺害されています。南米はGMOが強く伝統的農業をされている日本人の移住は厳しいですね。
と何を言いたい纏まらなくなってきましたがずくなしさんのブログで指摘されている中東の問題も日本の原発問題や戦争利権と関わるものですから非常に勉強になります。
多角的に物事を判断し少しでも多くの日本人の仲間が生き抜いて欲しいと思いました。国内外に移住するにせよ何が起こっても揺るがない覚悟と状況の見極めが大切ですね。政府はあてにできませんし世界が日本人を見る目は冷たいです。
長々失礼しました。
Posted by 津雲 at 2016年08月07日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。